カテゴリー

Sustainable NEWS

【SDGs Vol.0】SDGsって何? 全世界が協力して達成を目指す17の目標とは?

SDGs

関連キーワード

「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を一度でも耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
2015年9月に国連によって採択された「持続可能な開発目標」を意味し、2030年までに達成すべき17の目標が設定されています。
国際社会共通の目標として、全人類を挙げて取り組むことに決まったこのSDGsについて解説していきましょう。

将来にわたって地球環境や社会のシステムを維持するための目標

SDGsは「サステナブル・デベロップメント・ゴールズ(Sustainable Development Goals)」の頭文字を取ったもので、「持続可能な開発目標」と直訳されています。「サステナブル」は、本来は「維持できる、持ちこたえられる」などを意味する言葉で、そこから地球環境や社会のシステムなどの持続可能性の概念を表す使い方をされるようになりました。

つまりSDGsは「将来にわたって続けることができる方法による、グローバルな課題解決のための目標」を指すものです。
私たちの世代だけでなく、将来の世代への継承を前提とした考え方であり、それによって環境や社会を維持し、人類が永続的にこの地球で生活していくことができるようにさまざまな課題の解決を目指しています。

1970年代から始まる地球環境の危機への提言を継承

そもそもSDGsは急に登場したものではありません。その策定に至るまでには、多くのプロセスがありました。

地球環境の危機が最初に問題提起されたのは、1972年の『成長の限界―ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』によってでした。ローマ・クラブは地球規模の諸問題を扱うシンクタンクで、このレポートでは100年以内に天然資源の枯渇や環境汚染が限界に達するという見解が示されたのです。

1980年代には、国連が設立した「環境と開発に関する世界委員会」による報告書『地球の未来を守るために』が発表され、その中に経済成長と環境保全を両立させる「持続可能な開発」(SD:サステナブル・デベロップメント)の考え方が盛り込まれていました。これをきっかけに「サステナビリティ」の概念が広く知られるようになっていったのです。

そして1992年の「地球サミット(環境と開発に関する国際連合会議)」において、21世紀に向けた持続可能な開発のための人類の行動計画「アジェンダ21」が採択。
さらに2000年の「国連ミレニアム・サミット」では「ミレニアム開発目標(MDGs:エムディージーズ)」として、環境問題のみならず先進国と途上国の格差や貧困の問題などを含んだ8つの目標が掲げられました。このMDGsは2015年を達成期限とし、一定の成果を挙げたとして評価されています。

それを引き継いだのが2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」です。ここで2030年を期限とする新たな目標としてSDGsが定められました。

地球上の誰ひとり取り残さないための17の目標

SDGsには17の目標が定められており、そこに具体的な169のターゲットが設定されています。
では17の目標を見てみましょう。

【持続可能な開発目標】
1. 貧困をなくそう
2. 飢餓をゼロに
3. すべての人に健康と福祉を
4. 質の高い教育をみんなに
5. ジェンダー平等を実現しよう
6. 安全な水とトイレを世界中に
7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8. 働きがいも経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
10. 人や国の不平等をなくそう
11. 住み続けられるまちづくりを
12. つくる責任 つかう責任
13. 気候変動に具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう
16. 平和と公正をすべての人に
17. パートナーシップで目標を達成しよう

網羅性のある内容が、わかりやすい言葉で示されています。
これらは地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを前提に定められたもの。その背景には、前身であるMDGsが発展途上国の問題の解決にウエイトが置かれており、偏りがあると指摘されていたことがあります。

改めて地球上のすべての人が協力して取り組むべき目標として掲げられたSDGs。
17の目標それぞれの詳しい内容やターゲット、事例については、別の記事で紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事