強力なコーポレートブランディングを実践する5つのステップ

ブランディング

まだ強力なコーポレートブランディングを実践したことのないビジネスは、どこから始めるべきかを理解できていないのかもしれない。
または、そのためのエネルギーや時間、リソースなどが十分でないとの声もよく聞く。だが、先延ばししても状況がよくなるわけではない。

そこで、一般的なコーポレートブランディングを実践するための5つのステップを紹介したい。

ステップ1:現時点でのブランドを評価する

何かを見直す前には、何が問題なのかを知る必要がある。そこで改めで自社ブランドについて、客観的に見ることから始めよう。
チェックすべきポイントはブランドメッセージ、ビジュアルアイデンティティ、ウェブサイトの見た目とフィーリングなどだ。それぞれの強みと弱みを評価してみよう。そして変えるべきところ、キープすべきところを見極めるのだ。ライバルのブランドを評価するのにも、よいタイミングになる。

ステップ2:ブランドの約束とは何か?

マーケティング以外の部署からも組織のリーダーを集め、会社の存在理由について話し合おう。内容はリーダーたちそれぞれのミッション、カスタマー、製品、サービスなどさまざまだ。社内外に関わらず、会議をリードするブランドに精通したリーダーを選任することで、有意義な会議になるはずだ。そこからブランドの約束となるメッセージを引き出したい。

ステップ3:すべての関係者を巻き込む

ステップ2で引き出したメッセージを、全社員で共有する。そして十分にメッセージが伝わり、ブランドがどのようにコミュニケートすべきかを理解しているか調査する。そうすることで、社内のリーダーと全社員の向かうべき方向が定まる。

ステップ4:ブランドに命を与える

この段階にきてようやく、これまでの情報をブランド戦略に落とし込み、ロゴなどのビジュアル化ができる。既にロゴを持つビジネスは、ロゴをアップデートすることでより会社のミッションを表現できるようになる。

ステップ5:ブランドをプロモートするためのガイドラインを作成し実行する

マーケティングエージェンシーはブランドのガイドラインに従い、正確なカラーやフォント、さまざまな場面で使うロゴを統一しなければならない。強制は厳しい言葉かもしれないが、コーポレートガイダンスに従うことは、それほど重要なことなのだ。ロゴデザインの新旧、色、フォントを間違い一貫性を失うほど、ブランドにダメージを与えるものはない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事