カテゴリー

企業イメージを好印象にする5つの方法とは

ブランディング

関連キーワード

誰もが認めるブランドイメージを確立し、世界のスーパースターを目指そう

既に一流のビジネスを運営しているあなた。さらに好印象のイメージを最大限に高め、世界に通用するブランドを確立したいと思わないだろうか?マーケティングコンサルティング会社National Marketing Federationの社長Kim T. Gordon氏が提唱する5つのステップを踏まえ、ブランドイメージをさらなる高みに押し上げよう。

1. 魅力的なウェブサイトを立ち上げる
ほとんどの購買予定者は、購買の前にウェブサイトで情報を収集する。そのためウェブサイトは、プロフェッショナルなデザインと豊富な情報に溢れ、そして簡単に利用できることがポイントとなる。SEOの専門家を雇用しサイトへのトラフィックを整備し、すべては顧客のためにコンテンツを作らなければならない。よくあることだが、「我が社のミッションは」、「我が社のクライアントは」、「我が社のサービスは」など、自社のアピールが顧客に先行してはいないか?例えばバスルームのリフォーム会社であれば、「我が社はバスルームのリフォーム専門会社で」ではなく、「あなたのリフォームされた美しいバスルームで、ぜひ温泉リゾートを体験してください。我が社がお手伝いします」としてはいかがだろう。

2. 説得力のある広告キャンペーンを展開する
ウェブサイトと同様、広告キャンペーンも顧客にフォーカスしたものでなければならない。そして広告の差別化が重要になる、とGordon氏は言う。広告を見た人がウェブサイトに集まり、あなたのメッセージに触れるという相乗効果を引き出す。ビルボードや映画のスクリーンでの広告の場合、広告スペースを提供してくれる会社がメディアに応じた最適なタレントを持つプロフェッショナルを紹介してくれだろう。

3. 報道を利用したメディア戦略をたてる
まず、ターゲットグループにあなたの会社の何について伝えたいかを決定する。そして、ターゲットとするマーケットが頻繁に利用するメディアについてよく調べる。その特定のメディアが求めている情報に沿ったものを、あなたの会社が提供することで報道に取り上げられる可能性が出てくる。報道されることで、あなたの伝えたいメッセージの信頼性が増すだろう。

4.インフルエンサーを活用する
あなたのターゲットオーディエンスに対し、多大な影響力を持った人々がいる。例えばレビューやブログのライター、特定産業の専門家などだ。そのようなインフルエンサーと関係を持つことが重要になる、とGordon氏は説明する。さらに、インフルエンサーにあなたのビジネスツールを提供することで、新たなビジネスの可能性が広がるだろう。

5.顧客ひとりひとりにマーケット展開する
ターゲットオーディエンスと直接コンタクトを取ることで、ブランドイメージアップにつながる。商品の無料トライアルなど実験的なマーケティングを試したり、ターゲットオーディエンスをイベントに招待したりするのも有効なマーケティング手法である。

あなたが整えた環境で顧客は楽しみ、ブランドを体験する。これ以上のマーケティング効果が得られる手段は他にないだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事