カテゴリー

ブランドプロミス ステークホルダーとの固い約束(前編)

ブランディング

関連キーワード

ブランドプロミス(Brand Promise)という言葉があります。
「ブランドの約束」という和訳の通り、あるブランドが「私たちはこのように〇〇をします」と消費者や関係社会に表明すること、およびその文言を表すものです。
ブランディングnoteでこれまでもご紹介してきたように、企業(コーポレートブランド)や商品・サービスのブランドはステートメントやスローガン、スピリット、ミッション・ビジョン・バリューの表明など、様々な形でマインドを表現しています。ブランドプロミスは、これらの要素群とどのように関係するのでしょうか。
この記事ではその疑問に答えるべく、「ブランドプロミスとは何か」について前後編で解説してまいります。

ブランドプロミスの実例

「ブランドプロミスとは何か」について考察する前に、理解を進めやすくするため、企業・ブランドが実際に「ブランドプロミス」として表明している実例をいくつかご紹介しましょう。

ツインバード工業株式会社

※同社ニュースリリースより抜粋
11月9日発表_ツインバードリブランディングプレスリリース (twinbird.jp)

2021年11月、ツインバード工業株式会社は創業70周年を機に「ブランドプロミス」を策定しました。リ・ブランディングにあたり、「心にささるものだけを。」という言葉をブランドプロミスとし、ものづくりの技術と精神に基づいた”本質的に価値ある家電”を提供していく態度を強く表明したものです。
リリースの文中を見ると、「未来へ向けてあらためて、私たちは約束します。」という表現がなされていることがわかります。

ソニー生命保険株式会社

※同社ニュースリリースより抜粋
220420_Brandpromise.pdf (sonylife.co.jp)

ソニー生命は2022年4月、コーポレートスローガン「LIFEPRANNER VALUE」を3つの価値として再定義し、「ブランド戦略の核・根幹に据え、企業ビジョン・企業姿勢を示す場面を中心に活用」していく、と発表しました。リリースではこれを「創業時から現在までの変わらない想いをベースに、当社の提供価値やこれからへ向けた決意を表現したもの」と説明しています。
一方、企業サイトの「企業情報」ページを開くと、そこには「お預かりした保険契約は、お客さまとソニー生命との『遠い約束』です」との一文が書かれています。保険会社という性格上、商品自体もまた、個々の顧客とのブランドプロミスである、という意思の表明です。

※同社webサイトより
https://www.sonylife.co.jp

株式会社エシカルノーマル

※同社webサイトより
エシカルノーマル - エシカルノーマル (ethical-normal.com)

エシカルノーマルは、創業したばかりで株式非公開の、小さなスタートアップ企業です。コロナ禍で増加するハウスクリーニングニーズに対し、作業員や顧客の健康を守り、環境への影響を極力低くすることを目的として設立されました。
そのため、当初から「10R」と「4つの約束」をブランドプロミスとして掲げ、「自分の家の中を綺麗にするために外の世界を汚したくない」と考える人々とかわす約束ごとを定めています。

3社の実例が表すもの

これら3社は、業種も規模も異なります。しかし社会に対して、特に顧客に対して自らの信念(ミッション、ビジョン、バリュー、あるいは明文化されていない使命や信条など)に基づく活動のスタイルをはっきり表明するべきだ、とする姿勢は同じです。その想いから、それぞれの企業は十分な検討過程を経て約束(プロミス)の言葉を紡ぎ、大きく掲げました。

その契機になったのは、ツインバードでは70周年という節目における、ブランド価値の見直しでした。70年という時の流れのなかで、自分たちが提供してきた価値の本質は何だったのか。そしてこれからの時代に、その本質をさらに研ぎ澄まし強化するために、何を立脚点とするのか。周年を迎えるにあたり、ツインバードはここを明確にすることが必要だと考えたのです。

従来のハウスクリーニングに対する疑問から出発したエシカルノーマルでは、創業の理念に直結する、「世界を汚さないきれいごと」を体現した商品・サービスの品質が、そのまま約束の言葉になっています。 これらは業界に一石を投じる大きな差別化のポイントですが、先にSWOT(強み・弱み、機会・脅威の分析)があって差別化ポイントを探したのではありません。自分たちはこう考える、こういう機能・価値を提供したい、とする事業のコンセプトが先にできて、それを表明すること自体がブランドの約束、プロミスの言葉となったのです。この種のブランドプロミスはシンプルかつストレートですが、受け手にとってもわかりやすい、説得力のあるものとなります。

さてそれでは、ソニー生命の場合は何がブランドプロミス設定のきっかけだったのでしょうか。 実はここに、「ブランドプロミス」がなぜ大切なのか、という大きな理由が潜んでいます。

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事