閉じる

CSRブランディングLab

カテゴリー

世界に求められているサスティナビリティ経営の取り組み事例

SDGs

関連キーワード

サスティナビリティとは何か?

サスティナビリティとは持続的成長のことを指します。
この言葉は地球全体の持続可能性のことを意味し、もとは水産業界で使われ水産資源を減らさずに漁獲量を地持続させることを意味しました。
この考え方が広まり、今は企業にもサスティナビリティ経営が求められています。

サスティナビリティ経営とは?

企業におけるサスティナビリティ経営とは事業活動を通じて社会貢献を行い、事業ひいては地球の持続可能性に役立つための経営戦略のことを指します。次の世代が持続的に地球で暮らせるように、自社が持続的成長を続けられるように。サスティナビリティ経営に取り組まれる企業が増えています。

同義語としてCSR経営という経営戦略があります。これまで企業が取り組んできたCSR(企業の社会的責任)とは一線を画した考え方です。
今までは社会的に責任があるため取り組んできた節がありますが、事業活動を通じて、利益向上を目指して社会貢献に取り組んでいきましょう。

国連が提唱するSDGsとサスティナビリティ経営の関係は?

2015年9月にニューヨークの国連本部で「国連・持続可能な開発サミット」が開催され、193乃国連加盟国により採択された合意文書「私たちの世界を転換する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」。SDGsはその中に示された「持続可能な開発目標」(Sustinable Development Goals)です。

17のゴールと169のターゲットが設けられた全人類の共通目標なのです。
このままの生活水準で地球資源の無駄遣いを続ければ2030年には地球が2つ必要になるといわれています。
これらの課題を解決できるのは国よりも企業が貢献できる部分が多いをされています。
私たちの生活を維持するために、事業を通じて課題解決をできる企業が持続的成長企業として人々から評価される時代はもうすでに始まっています。

サスティナビリティ経営の成功事例「Lush」

イギリスの化粧品メーカーのLushをご存じでしょうか。
カラフルでいい匂いの石鹸が世界中で人気を博しています。日本にも45店舗も出店している有名店です。もともと添加剤を使わないなどエシカル企業だったLushですが、プラスチック包装を廃止したった3年間で売り上げを3倍にした実績があります。
廃棄プラスチックによる環境汚染という社会課題の解決だけでなく、包装コストを開発に転換しより高品質な商品を出すことができ、こうした取り組みは消費者からも口コミで応援されました。
またLushは設立以来、化粧品開発のための動物実験に反対しています。
ヨーロッパでは1980年から化粧品の動物実験ンい反対するキャンペーンが各国で広まり、消費者は署名を集め、寄付をし、化粧品会社に対してデモ行進に参加しました。
動物実験をした化粧品の不買運動が起き、現在EUで製造・販売される化粧品は動物実験が一切行われていません。

消費者はいま物の豊かさから心の豊かさを求める方向にシフトしています。物質的な豊かさと精神的な豊かさ両方を消費者に提供できるビジネスこそが企業の持続可能性を高めることができます。
SDGsはそうしたビジネスの可能性を見つけるためのうってつけのツールです。
社会貢献型ビジネスを実践すると他の企業から消費者・クライアントから応援され、共創パートナーとして選ばれ、従業員にも長く勤務してもらえます。ステークホルダーとの共通価値の創造こそが、持続可能な企業への第一歩となるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事