ブランディングnote

カテゴリー

意外と知らない!?社内報と社外報って何が違う?

ブランディング

関連キーワード

社報には社内報と社外報の2種類があります。名前は似ていますが、それぞれターゲットと目的が全く違います。社内報は聞いたことがある、実際に自社に社内報があり、よく読んでいるという方が多いのではないでしょうか。それでは社外報とは何でしょうか。社外報とはその名の通り社外の方に配布するものです。
二種類の社報の違いを説明していきます。

社内報のターゲットと目的とは?

社内報はその名の通り社内に配信されるコンテンツの事です。冊子が一般的ですが、最近ではWEB社内報や動画社内報など配信メディアも増えています。社内報は社員数100名以上の企業が活用している場合が多く、主に情報共有に使っています。部署数が多い会社は自分の部署の状態を他部署に伝える機会がほどんどありません。他部署の動向がわからないため、急な連携時などには情報がなく、連携がうまくいかず不満がたまることがよくあります。社内報を使えば普段から情報を教え合えるのでそのような事態は避けることができます。

また上層部が考えていることが社員によく伝わらないということが社員数の多い会社にはよく起こります。社員数が多ければ上層部と社員が直接コミュニケーションをとる機会はほとんどありません。伝わらなくて当然です。そのように社員のエンゲージメント(愛着・思い入れ)を上げるために使われているものが社内報です。

社外報のターゲットと目的とは?

社外報はその名の通り、社外の方に向けて企業が発信するコンテンツの事です。 社外の方とは誰の事でしょう。ステークホルダーの従業員以外が該当します。 お客様、株主、取引先、地域社会、NPO・NGOなどです。

こちらも冊子が一般的ですが、最近ではSNSやWEB社外報や動画社外報など配信メディアも増えています。ターゲットが多いので、WEBを使って配信しやすくするのが最近のトレンドです。 社外報の目的は、会社への信用・信頼をより感じてもらうために作られるもので、CMや会社案内、統合報告書などでは伝えきれない内容を発信していきます。 自社のアイデンティティを社外のステークホルダーに伝える事で、認知度が上がり、売り上げに貢献する施策です。企業ブランディングの一環といえるでしょう。

社内報と社外報はコンテンツの内容が違う?

社内報と社外報は目的が違うためコンテンツの内容も違ってきます。
社内報は社員に役立つ情報や内部に関する詳しい情報を掲載する傾向があります。会社の最新情報が載っているため社外秘の情報(未発表の製品情報・社員のプライベート)が多く掲載されているため社外報には使えない情報になります。 また社員同士のエンゲージメントを高めるため内輪ネタが多く、社外の方にとっては読む必要がない情報となります。

社外報は社外の方のエンゲージメント(愛着・思い入れ)を高めるためのコンテンツを配信します。企業のアイデンティティやサスティナビリティを理解してもらうことで企業への思い入れを醸成することができます。社会への貢献、目指す未来、担当者の思い入れ、有識者へのインタビューなど社外の方に企業アイデンティティより深く知ってもらうためのコンテンツが中心となります。
従業員にとっては既知の情報になるため、主に社外の方に分かりやすく、楽しく読んでいただくために配信するものです。

社内報と社外報の違いは理解できましたでしょうか。
社内報も社外報も企業にとっては必要不可欠なもので、ステークホルダー全体のエンゲージメントを上げていくことこそが企業のサスティナビリティ(持続可能性)を確固たるものにすることができます。ステークホルダーあっての企業経営です。社報を採用するメリット大きいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事