ブランディングnote

カテゴリー

水問題・SDGsへの貢献性をWEB発信「クボタ」の好事例

関連キーワード

現在、世界の人口は78億人に達しており、国連が2019年に発表した「世界人口予測」によると、2050年には97億人にまで増加することが予測されています。人口が増えることにより発生する問題は多々ありますが、特に人々の生活や経済活動に直結する水資源の不足は深刻です。OECD(経済協力開発機構)の予測では、水の需要が2050年までに55%増加すると見込まれており、SDGsにおいても水問題がターゲットに指定されているなど、世界中の人々が力をあわせて取り組まなければならない喫緊の課題になっています。
特に各企業がこれらの「水リスク」にどう対応していくのかについて、ステークホルダーはもちろん、一般消費者も注目をしています。

農業機械メーカーのクボタは、その水問題に真摯に取り組んでいる企業です。「For Earth

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

のおすすめ記事