ブランディングnote

カテゴリー

地球温暖化のために地球規模の食料システム再考が必要!?

SDGs

関連キーワード

化石燃料の燃焼は世界の温室効果ガス排出量の大部分を占めており、世界のために、いくつかの国は使用と排出量の削減に取り組んでいます。
パリ気候協定の目標は、世界の気温を産業革命前のレベルよりも1.5°から2°C高く保つことです。

起源?私たちのフードシステム。

「世界の食料需要とそれに関連する温室効果ガスは、世界を1.5度の目標を超えて押し上げ、2度の制限を下回ることを困難にする軌道に乗っています」世界の人口増加とその食生活は、大量の二酸化炭素、メタン、その他の温室効果ガスを生成して大気中に放出する食料生産を推進しています。農業排出量だけで約2050年までに1.5°Cの制限を超える可能性があります。
1880年以来地球の気温が平均1°C上昇しているため、地球温暖化が広範囲にわたる海面上昇、海洋酸性化、生物多様性の損失など、危機までにはわずかな時間しか残されていません。
科学者によると、食糧生産からの排出量を削減することは、地球を現在の状態で住みやすい状態に保つために「おそらく不可欠」だろう。

「農業がすべての温室効果ガスの約30%を放出する」ことはよく知られています。
主な原因には、森林伐採と土地の開墾、肥料の乱用、ガスの多い家畜などがあり、これらはすべて、世界の人口が増えるにつれて増加しています。
大規模な近代農業の恩恵を受けている米国などの「高収量」国では、集約的な畜産と大量の肥料の使用が温室効果ガスの主な原因です。
また、アフリカなどの「低収量」の国では、人口と豊かさの増加により、より多くの食品に対する需要が高まり、肉や肉製品が豊富な「都市型」の食事が増えています。
「私たちは、これらの食事が菜食主義者または完全菜食主義者でなければならない」と言っているのではありません。赤身の肉の消費量を週に1回に大幅に減らし、タンパク質を鶏肉や魚などの他の供給源から得る一方で、化石燃料の使用量を減らすとともに果物や野菜を増やすことで、長期的には地球を快適に涼しく保つことができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事