ブランディングnote

カテゴリー

古くなった漁網を完全リサイクル『Plastix』

SDGs

関連キーワード

現在、海洋プラスチックごみが世界的な社会課題となっていますが、そのごみの中で漁業に使用されている漁網が非常に多く見つかっており、早急な対策が迫られています。

米国のカルフォルニアとハワイの間には「太平洋ゴミベルト」と呼ばれる、海流などの影響でごみが集まりやすい海域が存在し、その面積はなんと日本の倍以上とのこと。そして、そのごみの約46%を漁網が占めていたそうです。

この問題に対し、デンマークのPlastix社は使用済みの漁網やトロール網を高品質なプラスチック原料にしてリサイクルをする環境保全システムを世界で初めて実現しました。
実は漁網の大半はプラスチック素材で作られているため、ごみとして放置されると分解されるまで数百年もの時間がかかってしまいます。しかし、Plastix社は長年の研究により、適切に処理することでこれらのプラスチックをリサイクルする技術を開発したのです。
Plastix社がリサイクルしたプラスチック顆粒は様々な業界でプラスチック原料として利用されており、CO2排出量削減や海洋のプラスチック汚染軽減に大きく貢献しています。

日本においても、1991年に「漁業系廃棄物処理ガイドライン」が策定され、時代背景を踏まえた改定も行いながら、漁協者自らが積極的にこれらの課題解決に取り組むよう促しています。
プラスチックは身近な存在ですが、適切に処理をしないと未来の地球環境に大きな影響を与えてしまうものですので、個々人でもごみ削減のための努力を怠らないようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事