閉じる

CSRブランディングLab

カテゴリー

2100年までに気候変動のため生物の生息地が4分の1縮小する可能性!?

SDGs

関連キーワード

現在、世界中の哺乳類、鳥類、両生類は、土地利用と気候変動により生息域の平均18%を失っています。最悪のシナリオでは、今後80年間で23%に増加する可能性があります。

ケンブリッジ大学動物学部のロバート・ベイヤー博士は、「ほとんどすべての鳥類、哺乳類、両生類の生息地は、人間が農地と都市部を拡大し続けているために縮小しています」と述べています。

一部は甚大な影響を受けていて、16%の生物は生息地の半分以上を失いました。
今世紀末までに26%が生息地を半分以上失う可能性があります。

最近熱帯地域で生息地が大幅に縮小したことがわかりました。
約50年前までは、ほとんどの農業はヨーロッパと北アメリカで行われましたが、その後は大部分が熱帯地域で農業開発されています。たとえば、南東アジアのアブラヤシ農園や南アメリカの牧草地のための熱帯雨林が伐採されています。

熱帯地域には、多くの生物が生息しています。1ヘクタールの熱帯林が農地に転換されると、ヨーロッパよりもはるかに多くの生物が生息地の大部分を失います。

さらに、気候変動は生物の生息地にますます影響を与えるであろうと予測されています。気温の上昇と降雨パターンの変化により、生息地の環境が大幅に変化しようとしています。アマゾンがサバンナに変化しようとしているのです。

アマゾンの生物は熱帯雨林に住むように適応してきました。気候変動がこの生態系を変化させ、多くの生物は生き残ることができないでしょう。

このような危機的状況に私たちができることは、食料生産を強化し、肉の摂取量を減らし食生活の転換をすることでしょう。
また爆発的な人口増加を安定させる必要もあるでしょう。
農地の拡大や気候変動を抑える対策を考え、行動していかないと多くの生物が行き場をなくすことになるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事