ブランディングLab

カテゴリー

SDGs(持続可能な開発目標)に対するGapの取り組み

SDGs

関連キーワード

Gapは、SDGsの目標5「ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。」の1項「あらゆる場所におけるすべての女性及び女児に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。」について次の取り組みを実践します。

Gapは、ドン&ドリス・フィッシャー夫妻による男女平等な投資にて1969年に設立されました。
現在、従業員の約73%が女性で、5つのブランドの顧客の大部分は女性です。男女平等は、Gapの企業文化と仕事の構造に組み込まれています。
2014年、Gapはフォーチュン500企業として初めて同一労働同一賃金を発表しました。
さらに2020年、ジェンダー報告の透明性と女性の権利の推進への取り組みが評価され、3年連続でブルームバーグ男女共同参画指数に選定されました。

Gapは、SDGsの目標5「ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。」の5項「 政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。」について次の取り組みを実践します。

GapのP.A.C.E.プログラム(個人のスキルとキャリアの向上)は、女性が職場や家庭でより魅力的になるためのスキルと自信を与えます。
世界中の縫製労働者の80%が女性ですが、その能力にもかかわらずより高いレベルの地位に昇進する人は比較的少数です。
女性縫製労働者にライフスキルクラスを提供する教育プログラムとして設計された総合カリキュラムには、コミュニケーションスキル、金融リテラシー、時間とストレスの管理、問題解決と意思決定など、9つの分野で最大80時間のカリキュラムが含まれます。
GAPが2007年にP.A.C.E.を立ち上げてから、10カ国で3万人以上の女性がプログラムに参加し、2015年9月には2020年までに世界中の100万人の女性にプログラムを拡大するというコミットメントを発表しました。
PACEの評価結果は、プログラムが女性の知識、スキル、自信を育むことにより、女性とその家族の生活を向上させたと結論付けています。
プログラムはまた、離職率と欠勤を減らすことによりビジネスに大きな影響を与えます。
GAPは、女性従業員だけに焦点を当てるプログラムから、周辺地域の女性も含めるようにプログラムを段階的に拡大し、思春期の少女と女性のリーダーシップに焦点を当てたカリキュラムも追加しています。
さらにプログラムは現在、その範囲と影響を拡大するために、グローバルパートナーや同業他社にも提供されています。

Gapは、SDGsの目標6「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。」の1項「2030年までに、すべての人々の、安全で安価な飲料水の普遍的かつ平等なアクセスを達成する。」について次の取り組みを実践します。

GapはSwasti Health Resource Centreとのパートナーシップを通じて、インドの農村地域で何千人もの人々にきれいな水を提供する浄水場の建設を支援しています。
現在稼働中の3つのシステムは、すでにインドの30の村にある5000を超える世帯と29の学校にサービスを提供しています。v
Gapは、SDGsの目標6「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。」の3項「2030年までに、汚染の減少、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出、未処理の下水の割合半減、およびリサイクルと安全な再利用を世界全体で大幅に増加させることにより、水質を改善する。」について次の取り組みを実践します。

Gapはサプライヤーと協力して、衣料品の製造における有害な化学物質の使用対策に取り組んでいます。
これらの化学物質は、地元の水道に排出される可能性があります。Gapは業界のコラボレーションプログラムZDHC(有害化学物質排出ゼロ)2020を通じて、2020年までにサプライチェーンで有害化学物質のゼロ排出に向けて取り組むという野心的な目標を設定しました。
Gapグループは2014年、特に繊維生産における有害化学物質の使用を禁止する制限物質に関する業界全体の基準を作成することで、大きなマイルストーンを達成しました。
Gapはこの制限物質リストを衣料品製造ベンダー、工場に伝達しており、施行メカニズムを作成中です。

Gapはまた、2013年に開始されたMill Sustainabilityプログラムを通じて環境への影響に取り組んでいます。
このプログラムは、ファブリックミルの明確な環境基準を確立し、それらをGapの調達決定に統合することに重点を置いています。
これまでGapは40の戦略的工場と協力して、水消費量、廃水処理と廃棄、エネルギー使用、廃棄物と有害物質の取り扱いなどの問題をカバーする環境パフォーマンスを評価してきました。
また、中国の工場と協力して、NRDC(天然資源防護協議会)のClean by Designプログラムに参加しています。
プログラムを通じさまざまなブランドに適切な水の使用を要求することで、水と電気の使用量、および廃水排出量が大幅に削減されました。
Gapの水質プログラムは、デニムランドリーから発生する廃水を監視し、Gapブランド向けに生産するすべてのランドリーに、業界をリードする一連の水質ガイドラインの遵守を義務付けることで、サプライチェーンの水質を保護することを目指します。
Gap Inc.は、これらのガイドラインを2010年に自社ブランドとビジネスを行うための要件として作成し、2013年にはサードパーティにコンプライアンスを検証させるなど、パフォーマンスの低い施設に対してより堅牢な施行メカニズムを採用しました。

Gapは、SDGsの目標8「包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。」の6項「2020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。」について次の取り組みを実践します。

Gapの職業訓練およびインターンシッププログラムThis Way Aheadは、低所得の若者に仕事で成功するためのスキル、トレーニング、経験を提供します。
2007年にプログラムを開始して以来、2000人を超える若者が職業訓練を受けており、2020年までに10000人の若者が参加することを目標に掲げます。
プログラムは、米国、カナダ、英国、日本の都市部の50以上のコミュニティパートナーと緊密に連携して運営されています。
参加者は非営利パートナーを通じて募集され、意思決定、目標設定、プレゼンテーション、問題解決などのトピックについて、店舗のボランティアが主導するワークショップに参加します。
プログラムの卒業生は、すぐにスキルを応用できるGapの店舗で有償のインターンシップに応募できます。Gapの店舗ではプログラムを修了した多くのインターンを採用しており、このグループは同僚の約2倍長期で働き従業員エンゲージメント調査で10%高いスコアを獲得しています。
This Way Aheadの卒業生の100%が、成熟度、問題解決、リーダーシップ、スキルの向上を報告されます。同時に、参加者を指導したボランティア自身もスキルを高め、自分のキャリアを前進させる意欲を高めています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事