ブランディングLab

カテゴリー

COVID-19の世界を生き抜くためのブランディング戦略とは

ブランディング

関連キーワード

現実問題として、あらゆるビジネスが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けていますただし、どれほど深刻な影響を受けたとしても、正常な状態に戻るため行動を起こし、より良いポジションをとる方法はまだあります。

マーケティングとリクルート両方の観点から、ブランディングは近年の最重要事項です。
パンデミックの最中にブランドを宣伝する際は、注意すべき微妙なラインがあります。製品やオープンな役割を宣伝しないわけにはいきませんが、不誠実で私利的だと捉えられるリスクは現実的です。

何が効果的かを知っていれば、消費者または候補者を引き付けるためブランディング戦略の最適化が簡単にできるはずです。
この記事では、現在機能する6つのブランディング戦略を紹介します。

1. 従業員にスポットを

企業で働く人たちにスポットを当てて、失敗することは決してありません。
将来の従業員に会社での生活がどのようなものであるかを垣間見せるだけでなく、求職者と消費者の両方が望んでいる共感を強く伝えます。共感を得て損はありません。
共感的な雇用主は、そうでない競争より20%高いパフォーマンスを発揮します。

2. 危機意識の高いブランディングを

COVID-19は、ビジネスセクターに大きな打撃を与えました。中でもサービス産業は、ソーシャルディスタンスの徹底により他の業界により苦しんでいます。
小規模でもキャッシュフローを維持できるレストランや小売業とは異なり、ホテルは代替サービスを提供できません。

だからといって、ブランディングの取り組みの休止が長引くと、顧客や候補者の基盤を失うことになります。リスクに支配されることなく最適なブランディングが何かを探り続けられることが、この時期に必要なかけがえのないスキルになります。

3.リーダーシップに焦点を当てたコンテンツを

船が未知の海に向かっているとき、人々は船長から話を聞きたがります。
リーダーを紹介することでミッションにヒューマニズムを与え、ブランドの顔が見えてきます。
経営幹部のメンバーとのつながりを確立することは、ブランドが求職者と顧客の両方に共鳴するのに役立ちます。特に激動の時代にあって、人々は人間のつながりと共感に引き寄せられるのです。

4. コミュニティに焦点を当てたキャンペーンを

すべてのビジネスは、時代の変化に適応することを余儀なくされています。
どのように適応したかは、ビジネスの価値観に現れてきます。今日の制限を考慮して標準サービスを転用することにより、経営者ははコミュニティ全体に信用を生み出しながら、絶えず変化する市場で機敏性を維持できます。

5. ミッション主導のコンテンツを

すべてのマーケティングとエンプロイヤー・ブランディングの取り組みは、会社の使命とブランドストーリーから直接生じる必要があります。
そうでなければブランドは目的を失い、ターゲットオーディエンスを混乱させる可能性があります。
ブランドの独自性とコアバリューにフォーカスすることは、求職者と顧客両方に共鳴する目的のあるブランディングを確立するのに役立ちます。

6. 共同の取り組みを

2つの脳は1つよりも優れています。ソーシャルディスタンスの命令にもかかわらず、私たちはまだCOVID-19の蔓延と戦うために協力することができます。
組織同士で協力して有用な製品を開発および宣伝することは、あなたの信念を貫くとともに善意に基づくコミュニティの確立につながることでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事