WEBブランディングLab

カテゴリー

スーパーの中にそびえたつ畑?! 垂直農場「Aerofarms」

SDGs

関連キーワード

世界の人口は未だ増加の一途を辿っており、2020年現在では約78億人、2050年には約100億人まで増加すると見込まれています(国連報告書『世界人口推計2019年版』)。
それにあわせて世界的な食糧・水不足も予測されており、この難局をどう乗り切るかが人類にとっての大きな課題となっています。

そして、この課題を解決する手段のひとつとして、近年「垂直農業」という技術が注目されていることをご存知でしょうか。

毎年開催されている、SDGsに関して優秀な取り組みをした事業を表彰する世界的な企業コンテスト『Global SDG Award』の2018年度において、ゴール2「飢餓をゼロに」の達成に貢献する最優秀事業として選ばれたのが、アメリカの企業AeroFarms(エアロファーム)による垂直農業です。

垂直農業とは文字通り、垂直方向の空間を活用する農法で、高層建築物の階層や傾斜面などを利用して農作物を栽培するものです。
AeroFarmsでは巨大な植物プランターを縦方向にいくつも積み上げ、従来の畑作よりも使用する水と農薬を95%カットしながらも約390倍の生産性を得られる画期的なシステムを採用しています。

光合成にはLEDライトを使用し、各植物にあわせて必要なスペクトル、強度、周波数を変更することで、植物のサイズ・形状・質感・色・風味・栄養などを細かく制御することができ、屋内栽培が基本ですので気象に影響されることがなく、機材さえあれば都心でも農業を行えるので、輸送コストも大幅削減できます。

昨年はシンガポール航空がAeroFarmsとパートナーシップを締結して話題となりました。この技術を活用すれば、空港の近くに植物工場を設けることができ、常に機内食に新鮮な野菜を提供可能なことが歓迎されたようです。

垂直農業は、上記のAeroFarms以外にも多くの企業が参入をはじめていて、成功を収めつつある新時代の持続可能な農業形態です。
すでに日本にも2020年2月にドイツ企業のInfarmが東京進出を果たしており、近いうちに日本のスーパーの店舗内などでの野菜栽培・販売を始める予定となっています。GoogleやAmazonなどの大企業も垂直農業に注目しており、今後の進展が楽しみな事業といえます。

既存の技術をうまく組み合わせるアイデアと実行力次第で、新たな革新的事業につながる好例といえるでしょう。
近い将来、スーパー内で栽培されている農作物を当たり前のように購入し、いつでも新鮮な野菜が食べられる時代がやってくるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事