WEBブランディングLab

カテゴリー

キーメッセージで顧客を集客する

ブランディング

関連キーワード

USP、エレベーターピッチ、メッセージング戦略。これらはすべて一緒にバンドルされていることがよくあります。
私たちがクライアントと仕事をするとき、彼らのメッセージを定義することはキャンペーンの重要な出発点の一つです。
多くの企業がその機能を利用して、これらがメリットであると想定しています。

たとえば、「わが社は1972年に設立されている」といった文章ですが、少し考えてみてください。これを書くことが実際に顧客にとって何を意味するのか考えるべきです。
「わが社は1972年から設立されているため、業界の経験と直面している課題を抱えている」などの利点に焦点を当てて文章を完成させると、より大きな影響があります。

私たちは情報に溺れており、私たちの多くは携帯電話やそこにあるさまざまなチャネルを通じて情報過多になっています。定期的に立ち止まって考え、この質問を自分自身に問いかけるべきです。

心に刺さるメッセージには、2つの絶対的な要因があります。

1.明確で意味があるメッセージ
2.以前に聞いたことがある繰り返しのメッセージ

一貫したメッセージ

ビジネスが進化するにつれて、より多くの顧客、より多くの販売、より多くのサービスなど、より多くの情報が作成されます。この新しい資料を作成する際には、何のためのメッセージかを評価するために少し時間をかけてください。

メッセージはすべてのマーケティング資料で一貫していますか? 5年前にやったことを新しいウェブサイトとマッチさせようとしていますか?
もし違うのであれば、顧客を混乱させる原因となります。信頼してビジネスをしてもらうには、顧客があなたの販売提案が何であるかを理解する必要があり、彼らが組織全体で誰と取引しても一貫した話ができるという安心感を与える必要があります。

メッセージがどのように関係しているか、どのくらいの頻度で聞いているか、どれほど明確で一貫しているか、そして必要なものに合わせて調整されているかどうかが大切です。

メッセージは明確に定義する必要があります。まず専門用語を使用しないでください。
可能であれば、実際に顧客の課題や問題点を強調し、会社と協力してこれを解決する方法を示してください。そしてシンプルで明確な言葉を使い、短い文章で書いてください。

1つのキャンペーンで重要なメッセージが3つ以下になるようにしてください。効果が薄れ、顧客の関心が失われます。主要なメッセージを定義しておくことは、メディアインタビューにとっても重要です。

では、3つのメッセージとは何でしょうか。

1.コミュニケーションを明確にし、簡単な言葉を使う
2.さまざまなマーケティング資料のメッセージに一貫性を保ち、組織全体でこれが確実に共有されるようにします
3.定期的に顧客(過去の顧客、新規の顧客、既存の顧客)とコミュニケーションを取り、メッセージを調整して、協力することの利点が顧客の問題の1つを解決するようにします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事