WEBブランディングLab

カテゴリー

イベントを活用してクライアントを引き付ける集客テクニック

ブランディング

関連キーワード

B to B企業としてあなたのビジネスが成長し続けるには、クライアントの関係を構築して維持する必要があります。そのため、良いクライアントに出会うためには探す努力をし続けることが大切です。
その最良の方法の1つが、イベントのホストをしたり、参加することです。イベントは、新しいクライアントを引き付け、既存のクライアントとの地位を向上させる優れた方法です。

さらに、B to Bマーケティング担当者の70%は、イベントがコンテンツ戦略の最も効果的な方法であると考えています。
これは、ソーシャルメディアやホワイトペーパーも当てはまります。イベントは多くの場合、企業がクライアントとカジュアルに、ユニークな方法で対話するための方法であり、適切な形で実行された場合、長期的な関係構築につながる可能性があります。

クライアントを引き付けるイベントのタイプ

新規クライアントを獲得し、既存のクライアントとの関係を強化するためのヒントは、顧客のいる場所でイベントを開催することです。
地元のバイヤーを引き付けるローカルイベントや、世界中のトレードショー、セミナー、ウェビナー、ソーシャルメディアイベントをホストして、より広い聴衆を引き付ける必要があります。
そこでここでは、クライアントを引き付けるための最も効果的なイベントをいくつか紹介します。

ウェビナー(WEBセミナー):これらのオンライン会議は、クライアントや顧客に情報を提供し続けることに適しています。
また、ポリシーの変更についてクライアントに最新情報を提供し、プロセスの改善に役立つ貴重なフィードバックを求めるための優れた方法でもあります。

トレードショー:テクノロジーが今ほど主役ではなかった時代には、トレードショーの方がはるかに人気がありましたが、今日でも消費者との高レベルのやり取りに役立ちます。また、常に顧客を満足させるために、現在および将来の業界トレンドに遅れずについていくためにも必要なものです。

募金活動/オークション:自分で主催する場合でも、他の誰かが開催したもの参加する場合でも、これらのイベントは顧客とクライアントの関係にとって最も効果的なイベントの1つです。
ネットワーキングだけでなく、コミュニティを気遣う企業としてのブランディングにも最適です。この種の宣伝は、ビジネスをする上で価値ある消費者の注意を引くために必要なものです。

マーケティングのヒント

効果的なマーケティングを行わないと、イベントは成功しません。質の高いオーディエンスを確保するために採用したいマーケティング手法がいくつかあります。

メールマーケティング:イベントの数か月前にメールデータベースを構築してから、日付の数週間前に一連のメールを送信して、明確な行動を促すフレーズを登録者に募集します。ゲストが参加する前にイベントに関する詳細情報を収集できるようにするQRコードとその他の情報リンクを含めます。

また、イベントでメモを書くために、消費者が使用できるブランドのeBookを含めることもできます。スワッグ製品などの他のインセンティブも、出席率の向上に貢献します。

ビデオマーケティング:ビデオは、イベント前とイベント中の両方に広告目的で活用できます。ビデオマーケティングは、ブランドの認知度を高め、イベント中およびイベント後に顧客を引き付けるための優れた方法でもあります。

ソーシャルメディア:もちろん今日では、ソーシャルメディアがなければ、イベントを適切に宣伝することはできません。B to Bオーディエンスとのエンゲージメントのための最大のネットワークはFacebookとTwitterです。これらのネットワークは、聴衆とのネットワーキングにとって重要です。

これらの人気のあるネットワークはもともと企業に宣伝するように設計されていなかったため、マーケティング戦略を成功させるには、ターゲットオーディエンスに到達して影響を与えるためにいくつかのエンゲージメント手法を採用する必要があります。

定期的なイベントを主催することは、正しい方法で行えば、クライアントの維持と関与を成功させるための鍵となるでしょう。
イベント後にはフォローアップして、新しく見つけた顧客との関係を構築してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事