WEBブランディングLab

カテゴリー

インバウンドマーケティングを使って顧客をひきつける集客術

ブランディング

関連キーワード

時代が変わり、マーケティングも変わりました。インターネットの出現により、消費者の消費行動が変わりました。今日では、最初にネットを検索して、サプライヤー以外のサービスの良い製品を求める人々が多くいます。
それは、今日の市場で自社ビジネスを目立たせたい人にとって、確立されたデジタルプレゼンスを持つことが非常に重要なことを意味しています。

従来の広告戦略、製品とは異なり、ネットワーク内の適切なPRスペースを得るために、今日のメディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)を介して潜在的な顧客をひきつけ、WEBサイトに呼び込むために、自社ビジネスの魅力を打ち出す必要があります。
そして、これはまさにインバウンドマーケティング、またはアトラクションマーケティングの焦点といえます。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、デジタル環境の中で、有機的かつ自然発生的に新規顧客を獲得するための戦略を用いることを特徴としています。ニーズや公益性に合ったコンテンツやターゲットに合った情報を提供することが、この新しいマーケティング手法の基本となります。

インバウンドマーケティングでは、知名度を上げることに加えて、ブランドのスポークスパーソンとなる顧客を獲得・維持する方法として、企業とオーディエンスとの信頼関係を構築することを優先することで、ネットワークの中での地位向上を目指します。

従来の広告を介する形で顧客の目につくようにして、製品やサービスをプッシュしていますが、インバウンドマーケティングはアウトバウンドマーケティングとは異なり、ターゲットのニーズや抱えている課題解決に結びつくコンテンツを提供することで、顧客の心をつかみ、信頼性をえる機能があります。

アトラクションマーケティングで新しい顧客を獲得

検索エンジンに最適化されたオリジナルコンテンツの制作に投資し、デジタルチャンネル(ウェブサイト、ブログ、ソーシャルネットワーク)で一定かつ重要な存在感を持ち、意図したオーディエンスにアプローチして効果的なコミュニケーションを構築することが、引き寄せマーケティングとインバウンドマーケティングの最初のステップです。
なぜなら、クライアントになるためにブランドを知っている人を説得するよりも、Googleで検索したり、ソーシャルネットワーク上で共有された投稿にひかれて、有機的に企業に来た人に売り込む方が簡単だからです。

インバウンドマーケティングに投資する価値はある?

インバウンドマーケティングの生みの親であるハブスポットの代理店によると、この戦略は、デジタル環境での誘致、生成、リードコンバージョンに最も効率的で安価なものとしての地位を確立しています。
エージェンシーが行った調査によると、インバウンド・リードのコストはアウトバウンド・リードよりも平均で60%も低いという。
つまり、実際には、アトラクションマーケティングへの投資は、従来のマーケティングよりもかなり小さく、収益性が高いことを意味しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事