WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナ|仮想イベントのホストになる方法

ブランディング

関連キーワード

メディアおよびパブリッシングビジネスは、コミュニティをつなぎ、スポンサーや出展者から収益を得るためにライブイベントに依存してきました。
現在、多くの人がイベントをオンラインで配信する必要があることを認識しており、仮想イベントのホストになることを考えています。

まず、コミュニティリーダーとスポンサーがライブイベントから求めているものを正確に把握したうえで、それをオンラインで配信できる要素に構築する必要があります。

仮想イベントがリアルイベントと異なる理由

数年前に、WEBプラットフォームを使用して、仮想ライブを実行しました。2日間で12のウェビナーセッションを実施し、アクセスは良好で、4週間のオンデマンド期間では2倍のアクセスになりました。しかし、本来集客すべきサイトはほとんどトラフィックを集めませんでした。

ライブイベントのすべての要素をオンラインで実行する必要があるとは考えないでください。Webサイトが紙の雑誌ではないのと一緒です。

聴衆は退屈なスピーカーやスポンサーの売り込みを聴くことはありません。退屈している場合はいつでもほかに飛んでいけます。
彼らは一日中自分の画面とヘッドセットにくっついて過ごすことはほとんどありません。
彼らは日中にくつろいだりして、自分の時間を大切にするはずです。

スケジュールとコンテンツの計画

しかし、大きな利点は、オンラインコンテンツがライブイベントほど短命ではないことです。
メディアブランドとして、自分の影響力を利用して、市場のインフルエンサーとイノベーターを集めてきます。一緒に作成したコンテンツは、視聴者が数週間または数か月間アクセスできます。
メインのWebサイトでプレミアムコンテンツに変換したり、ソーシャルメディアのプロモーションとして使用したりできます。

そのための最初の前提は、すべてのコンテンツを1日で複数のストリームにアップする必要があるということです。
数日間に渡って拡散できるので、出席者は出席したいセッションを選択でき、衝突を回避できます。オンデマンド期間は、ほんの数週間であっても不可欠です。

オンラインコンテンツは、スピーカーのライブプレゼンスがなければ、より効果的に機能する必要があります。
可能であれば、視聴者の注意を引くためにビデオを利用します。インタビュー、パネル、TEDのような基調講演、セットプレゼンテーションなど、さまざまなセッションを組み合わせることができます。

このスタイルのイベントには、一流のモデレートスキルが必要です。
ホストはテレビの司会と同じくらい上手で、ゲストから良い答えを引き出し聴衆から質問を引き出させる必要があります。
スピーカーは適切な指導を受ける必要があり、時間をとってリハーサルし、技術チェックを行う必要があります。
重要なセッションをバックアップとして記録してください。

スポンサーにとっての価値の創造

バーチャルイベントは常に機能するとは限りません。プレゼンテーションであれ、パネルに参加しているものであれ、スポンサーに価値のあるコンテンツの作成が必要です。

仮想イベントプラットフォームは、誰がどのセッションに参加し、誰が質問し、誰がスポンサーコンテンツをダウンロードしたかを追跡します。
それがスポンサーのためのすべての貴重な情報です。

スポンサーは、生成されたリードによってライブイベントのROIを測定します。
そのため、オンラインのオーディエンスを大量に発生させ、ユーザーを引き付けることができる場合は、それなりの価格を設定してください。

事業代表者に集客のメリットを提供する

事業の代表者は、リアルなライブイベントでの集客を高く評価していますが、オンラインではどれだけ同じことができるでしょうか?
多くの仮想イベントプラットフォームはかなり詳細な登録を必要とし、LinkedInなどのプロファイルを介して入力される可能性のあるプロファイルを作成する機会を提供します。
Crowdcastのようなより単純なプラットフォームでもライブチャットストリームが利用できるので、参加者はほかにセッションに参加している人を見つけて直接接続できます。

Hopinのようないくつかのより洗練されたプラットフォームは、特定のトピックに興味のある人がビデオグループに参加したり、チャットに参加したりできる小さなグループセッションを提供します。

または、別のプライベートオンラインコミュニティプラットフォーム(ギルドなど)を使用して、イベントホストが管理する人気のあるトピックについて、参加者が接続してチャットできるようにすることができます。

事業代表者に価値を提供する

多くのライブイベントは、スポンサーの収益だけでなく、参加者・訪問者の収益にも依存しています。特に通常のライブイベントの代わりに実行する場合、仮想イベントの価格をどのように設定しますか?

提供しているほかの有料オンラインコンテンツサブスクリプションとのバンドルも検討することができます。または、「2対1」のような形を提供して、友だちもコンテンツにアクセスできるようにします。

オンラインイベントのマーケティング方法

ライブイベントマーケティングの通常の原則が適用されます。データベースが包括的で正しいものであることを確認してください。
イベントのウェブサイトは、コンテンツへのアクセスを制御し、講演者やトピックを宣伝するため、ライブイベントよりもさらに重要です。

登録が無料の場合、当日は登録者の35?50%しかイベント表示されないので、注意を促す必要があります。

イベントが数日にわたっている場合、イベント中の関心を維持するためのマーケティングキャンペーンが必要になります。
そして、オンデマンド期間を忘れないでください。これは、リードユーザーからの信用を、スポンサーに提供するために重要です。

オーディエンスのセグメント化はこれまで以上に重要です。特に、イベント全体だけでなく、個々のストリームとセッションをマーケティングしているからです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事