WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナ|電話会議アプリと新しい技術の需要の急増

ブランディング

関連キーワード

電話会議アプリの急増

コロナウイルスの発生により企業の仕組みが変化するため、Tencent Conference、WeChat Work、Zoom、Microsoft Teams、Slackなどのビジネスアプリのグローバルダウンロード数は年初から5倍近く増加しています。

アプリ分析会社センサータワーによると、このようなアプリは1月の第1週にApp StoreとGoogle Play全体で140万人の新規ユーザーを魅了しましたが、3月の第1週にはユーザーは過去最高の670万人に達しました。

世界的なパンデミック状態に達した集団発生は、労働者がオフィスへの通勤を控えるにつれ、企業はビジネス会議ツールを大きな拠り所とするように迫られました。状況が変わってきた今でも、それは継続するでしょう。

これらのサービスは、ZoomやGoogle Hangouts Meetなどのビデオ会議アプリから、「Star Wars」に着想を得てリモート作業をより管理しやすくする最先端のツールにまで及びます。RumiiやSpatialなど、これらの新しいサービスの一部です。ユーザーは、同僚のデジタル化された3Dバージョンを表示して操作できるデジタルルームでの会議に参加できます。

Apptopiaのデータによると、Zoom Video Communications Incの1日のアクティブユーザーベースは1月初旬から67%増加しています。
ただし、アナリストは、すべてのビジネスアプリが需要の急増によって利益を得るわけではないと警告しています。

サミットインサイトグループのアナリスト、ジョナサンキース氏は、「彼らのほとんどはフリーミアムバージョンを提供しているので、なぜ無料で利用できるのに料金を支払うのか」とMicrosoft TeamsやZoomなどのサービスを指摘し、最近無料サービスを拡大しています。

Zoomは使用量が急増したと発表しましたが、そのようなユーザーが有料の顧客に転換するかどうかについてはまだわからないとしています。

急速に拡大するウイルスが世界的な景気後退につながる恐れがあるため、より広い市場が不安定であるにもかかわらず、同社の株式は今年の初めから60%以上急上昇しています。

新しい技術! バーチャルリアリティの需要

月額14.99ドルのバーチャルリアリティトレーニングおよび教育プラットフォームであるRumiiは、米国でコロナウイルスが蔓延していることを受けて、無料でサービスを提供し始めました。

ニューヨークを拠点とする拡張現実ソフトウェア会社のSpatialも、先月に比べてサービスの利用が2倍になりました。

Spatialの最高経営責任者であるアナンド・アガラワラ氏は、コロナウイルスの懸念により、同社のライセンス要求は400%急増し、使用量は50%増加したと語っています。

一部のアナリストは、ビジネスアプリの採用が加速していることを否定することはできないと述べています。この傾向は今後も継続するでしょう。
DAデビッドソンのアナリスト、Rishi Jaluria氏は、
「現在の状況が正常に戻ったとしても、これらの傾向の一部は元に戻せない可能性がある」
と語っています。
「これらのテクノロジーを採用し、定期的に使用していく企業が増えるでしょう。本質的に長期的メリットであると言えます。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事