WEBブランディングLab

カテゴリー

バイヤーペルソナの構築がWEB集客への第一歩

ブランディング

関連キーワード

バイヤーペルソナ(または顧客ペルソナ、オーディエンスペルソナ、またはマーケティングペルソナ)を使用すると、顧客ベースのコアターゲットグループを具体化して、マーケティングを大規模にパーソナライズできます。

適切な消費者に向け適切なメッセージを作成することができ、またターゲティングをより効果的にすることができるようになるので、バイヤーペルソナの構築は絶対に必要です。多くの消費者は常にパーソナライズされることを期待しています。

バイヤーペルソナとは?

バイヤーペルソナは、詳細なオーディエンス調査に基づいて、典型的なターゲット顧客を浮かび上がらせる作業です。
理想的な顧客のプロファイルを作成して、あたかも実際の人物であるかのようにして、ターゲットを絞ったマーケティングメッセージを作成できるようにすることです。

さまざまな人々がさまざまな理由で製品を購入する可能性があるため、おそらく複数のバイヤーペルソナを作成する必要があります。
各ペルソナには、基本的な人口統計の詳細、行動、目標、問題点、購入パターンを含める必要があります。

バイヤーペルソナを実在の人物と見なし、マーケティング戦略を立てるときに顧客の欲求とニーズを考慮することができるようになります。

ビジネスでオーディエンスペルソナを使用する方法

オーディエンスペルソナを使用すると、各顧客グループに話しかける対象を絞ったメッセージを作成できます。

例えば両親、友人、同僚と共有したい興味深いニュースがあるとします。それぞれに共有する際、おそらく異なる伝え方とツールを使用します。
電話でお母さんに電話したり、Workplaceに投稿して同僚に警告したり、グループチャットを使用して友達と共有したり、グループによって異なる手法を取ります。

バイヤーペルソナを理解することで、さまざまな顧客グループにリーチするための最良の方法を理解することができます。これは、私生活でさまざまなグループの人々に最もリーチして話しかける方法を知ることができるのです。

簡単なステップでバイヤーペルソナを作成する方法

購入者のペルソナは直感ではなく、実際の情報に基づいている必要があります。
購入したい人ではなく、実際に購入した人を定義してください。
つまり詳細な調査から始める必要があります。

1.徹底的な聴衆調査を行う

すでにあなたから購入しているのは誰か。現在の顧客ベースについて可能なすべての情報を収集します。
収集する必要がある主要なデータポイントには、年齢、場所、言語、収入、購買行動、興味と活動、ライフステージ(新しい親子関係や退職など)があります。
顧客の記録から何ができるかを収集し、電子メール調査、オンライン調査、フォーカスグループ、さらには顧客インタビューを通じて、その情報を確認してください。

あなたのウェブサイトとソーシャル分析を掘り下げます。
ソーシャルメディア分析ツールは、まだ顧客ではない場合でも、オンラインでブランドとやり取りしている人々に関する信じられないほどの情報を提供できます。
Facebook Audience Insightsは、特に貴重で詳細な情報を提供します。

2.顧客の問題点を特定する

潜在的な顧客が解決しようとしている問題は何ですか?
面倒に感じている部分は何ですか?調べるための重要な方法の1つは、ソーシャルリスニングとソーシャルメディアの感情分析に取り組むことです。

検索ストリームを設定して、ブランド、製品、および競合他社の言及を監視すると、オンラインで人々があなたについて言っていることをリアルタイムで調べることができます。
彼らがあなたの製品を気に入っている理由や、カスタマーエクスペリエンスのどの部分が機能していないのかを知ることができます。

カスタマーサービスチームに問い合わせて、どのような質問が最も得られるかを確認することもお勧めします。
どのグループがさまざまな種類の課題に直面する傾向があるかについてのパターンを特定するのに役立つかどうかを調べます。
視聴者にペルソナを深めるのに役立つ実際の顧客の見積もりを収集するように依頼することもできます。

3.顧客の目標を特定する

課題は潜在的な顧客が解決しようとしている問題ですが、目標や願望は彼らが達成したい前向きなものです。
これらの目標は、販売する製品やサービスの種類に応じて、個人的または専門的なものになる可能性があります。

ソーシャルリスニングも情報を収集する良い方法です。また、カスタマーサービスチームが問題点に関する洞察の優れた情報源であったのと同様に、営業チームは顧客の目標に関する洞察の優れた情報源となります。
営業担当者はあなたの製品の使用を検討している人々と話し、顧客が製品とサービスを使用することによって達成しようとしている課題をよく理解しています。

4.調査をバイヤーペルソナに変える

バイヤーペルソナを具体的に作ってみましょう。すべての情報を収集し、共通の特徴を探し始めます。
これらをグループ化すると、独自の顧客ペルソナがわかります。

大都市に住み小型犬を飼っている30代の女性の顧客グループを特定するとします。
購入者のペルソナに名前、役職、家、およびその他の特徴を与えます。

たとえば、犬を飼っている都会の女性ランナーのグループは、ジョギングA子という名前のペルソナ名にします。

年齢は35歳。
港区に住んでいます。
テクノロジー企業で働いています。
タロウという2歳のチワワを所有しています。
千鳥ヶ淵で走ることが好きです。
等々。

もちろん、すべての人があなたのペルソナの特性と正確に一致するわけではありません。
このペルソナはこの顧客グループを表すものであり実際にいる人物として考えることができます。
大勢いる「女性」を定義するよりも、A子と想定する方がはるかに簡単です。
購入者のペルソナを具体化するときは、現在となりたい理想の両方を仮定してください。
これにより、製品やサービスがその理想に到達するのにどのように役立つか考えることができます。

ペルソナを使用してマーケティングをガイドする方法

バイヤーペルソナを実在の人物と考えることで、マーケティングメッセージを作成できます。
ジョギングA子専用のマーケティングメッセージを作成すればマーケティング戦略を大きく間違えることも少なくなるでしょう。

彼女はどのソーシャルネットワークを使用していますか?彼女がオンラインで友達と交流するとき、彼女はどのような言葉を使用していますか?
A子を実在の人物と考えると、より具体的な戦略を立てることができるようになるでしょう。

マーケティング戦略について考えるたびにバイヤーペルソナについて考えてください。
ペルソナが正確であればブランドのロイヤリティと信頼を生み出しながら売上を伸ばすことができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事