WEBブランディングLab

カテゴリー

集客のために4つのステップで顧客の購入プロセスを理解しよう!!

ブランディング

関連キーワード

WEBサイトへの集客は簡単ではありません。あなたの製品・サービスを顧客が購入に至った経緯を知らなければ間違った人を集客してしまう恐れがあります。

顧客の購入プロセスを理解することは、営業担当者にとって非常に重要なだけでなく、それに応じて販売戦略を調整することもできます。

1.問題/認識の必要性

これは多くの場合、お客様の意思決定プロセスの最も重要なステップです。
必要性を認識せずに購入することはありません。必要性は、内部の刺激(空腹や喉の渇きなど)または外部の刺激(広告や口コミなど)によって引き起こされた可能性があります。

2.情報検索

問題または必要性を認識した後、顧客がとるべき次のステップは、最良の解決策を見つけるための情報検索です。
購入決定に関連する情報源を特定して評価するために、内部および外部の情報を検索します。
情報を入手するために、オンラインメディア、印刷物、または口コミに依存します。

3.代替案の評価

ご想像のとおり、顧客はこの段階で製品属性に基づいて、さまざまな製品またはブランドを評価します。
この段階に大きな影響を与える要素は、ブランドと顧客との関係性です。関係性は、評価プロセスに影響を与えるもう1つの要因です。
たとえば、あなたのブランドに対する顧客の好意が前向きで場合は、他の製品と多少の価格差があってもあなたのブランドが選ばれるでしょう。
なぜなら顧客はあなたのブランドを生活に取り入れることで自分のブランドも向上させたいからです。普段から好意の高いブランドは選ばれるのです。

4.購入後の行動

顧客は製品を購入前の期待値と比較し、満足か不満を評価します。
顧客に継続的に好意を持ってもらうために非常に重要な場面です。将来の同じ会社からの購入する際、決定プロセスに大きな影響を与える可能性があります。
顧客が満足している場合、これはブランドのロイヤリティをもたらし、他社製品との比較は完全にスキップされます。

製品に関する肯定的または否定的なフィードバックはウェブサイト、ソーシャルメディアネットワーク、または口コミサイトでレビューでレビューされます。
企業は顧客を引き付けるため、購入後の前向きなコミュニケーションを作成するように細心の注意を払う必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事