WEBブランディングLab

カテゴリー

WEBで新規顧客を集客するための最適なチャネルの選び方

ブランディング

関連キーワード

マーケティング戦略を実現するためのメディアチャネル選びは、配信するメッセージを作成するのと同じくらい重要です。
メッセージが視聴者と共感を醸成できるかはチャネル選びにかかっているといっても過言ではありません。

現在は圧倒的な数のデジタルチャネルが混在しています。
マーケティング担当者は、メールやクリック課金型広告からソーシャルメディアや動画共有サービスまで、無数のプラットフォームを使用して顧客とつながることができます。
そして、新しいテクノロジーが出現すると、これらのデジタルチャネルが進化します。
たとえば、機械学習や自然言語処理などのAI機能により、自動化された通信チャネルはより洗練されたものになるでしょう。

メディアチャネルの選択肢の数はほぼ無制限に思われますが、マーケティング予算はそうではありません。
また、顧客の注目度も異なります。市場には非常に多くの選択肢があるため、最も効果的なエンゲージメントプラットフォームを特定するプロセスは、これまでよりもはるかに複雑です。

人気のデジタルマーケティングチャネル

最適なデジタルマーケティングツールを特定するため利用できるさまざまなチャネルを理解しておく必要があります。

1.検索エンジン最適化(SEO)
インターネットを使用しているほとんどすべての人々は、知りたい、または探しているものを探すために検索エンジンを利用しています。
オンライン体験の最大93%は、検索エンジンを使用することから始まります。
人々は検索エンジンを使用してブランド、製品、またはサービスに関する情報を検索します。
毎月最大59%の検索エンジンユーザーが、特定のニーズを満たすローカルビジネスを見つけます。

2.コンテンツマーケティング
コンテンツはすべてのデジタルマーケティングキャンペーンの中心であり、主要な要素です。
良質で高品質で関連性の高いコンテンツにより、あなたのウェブサイトやその他のインターネットマーケティングは、ターゲットを絞ったオーディエンスからかなりのトラフィックを生み出します。
コンテンツには、テキスト、グラフィック、ビデオ、および関連資料が含まれます。

3.オンライン広報
オンライン広報は、一般的にコンテンツマーケティングの一部と見なすことができます。
ブランドの生成とオンラインPRネットワークでの露出によるトラフィックの作成に使用されるプロモーションコンテンツを作成することです。
チャンネルの一部は無料で参加できますが、プレスリリースを公開するには、一部のチャンネルは登録料が必要です。

4.メールマーケティング
見込み顧客の発掘やマーケティング戦略を実行するとき、電話番号や電子メールアドレスなどの連絡先情報を潜在的な顧客から収集します。
メールマーケティングは、最も効果的なデジタルマーケティングチャネルの1つです。

5.リスティング広告
リスティング広告などの有料広告チャネルは、非常に短期間に顕在顧客のターゲットを絞ったトラフィックを配信します。
ただし比較的単価が高いため費用対効果も見定めなければなりません。

広告予算は管理可能なので1日、1週間、または1か月に費やす金額を設定できます。
顧客をターゲットにするためのキーワードの選択と、広告内の情報の最適化が重要です。

6.ディスプレイ広告
多くの人々が、ブログ、メディア、または有用なWebサイトにアクセスします。
デジタルマーケティング担当者は、これらのサードパーティのサイトに関連するディスプレイ広告を配置することにより、これらの潜在的な顧客にリーチできます。
バナー、ボックス、インタラクティブ広告、ビデオ広告、インタースティシャル広告、オーバーレイ、など多くのタイプの広告が設定可能です。
ディスプレイ広告は、ブランドの認知度を高めるだけでなく、ターゲットを絞ったトラフィックを生み出し、見込み客や販売につながる可能性があります。

7.ソーシャルメディアマーケティング
ソーシャルメディアは、ビジネスオーナーやデジタルマーケターが自社の製品やサービスのブランド認知度を高めるために活用します。
ソーシャルメディアマーケティング(SMM)を通じて、デジタルマーケティング担当者は、エンゲージメントを高め、ターゲットを絞った潜在的な顧客にリーチできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事