専門サービス企業向けのブランディング戦略

ブランディング

専門サービス企業にとって、ブランドは最も価値のある資産になる。そのため、強力なブランドの確立はとても重要なタスクであることを理解してほしい。

専門サービス業におけるブランドとは?

専門サービス業におけるブランドは、会社の評価と市場での存在感をストレートに反映する。そしてブランドの重要な役割が、ターゲットオーディエンスにどれだけ関わることができるかである。ブランドの戦略とは、専門サービス企業として、強力なブランドを確立することを目的とする。ブランド戦略は、次の3つのプロセスに分割できる。

・目標を設定する
・ブランドのロゴやタブライン、ウェブサイト作成ツールなど、コミュニケーションの手段とツールを確保する
・ブランドを強化する

ブランド戦略とは、これらのタスクを確実に実行することである。タスクをより簡単にするために、具体的な作業の内容を提示していく。

ブランド戦略全体を考える

強力でユニークなブランドを持つ企業は、ビジネスの成長の可能性が高くなる。だが最初に、どのような会社にしたいのかをイメージする必要がある。例えば有機的なビジネスの成長を目指すかなど。ビジネス戦略とブランド戦略に共通点は多く、ビジネスのゴールが明確に描ければ、ブランドがゴール達成をサポートする。

ターゲットとするクライアントを認識する

ターゲットクライアントは誰なのか?もし、”すべての人”と回答するようであれば、あなたは大きな間違いを犯している。高成長、高利益を実現している企業は、ターゲットクライアントを明確に定めているというデータがある。フォーカスする範囲が狭いほど、成果も早く現れる。ターゲットクライアントが多様になるほど、マーケティングの効果が薄まってしまう。

では、どのようにターゲットクライアントを決定すればよいのだろう?例えば、ターゲットクライアントグループをリサーチするシステムを確立している企業は、成長が早く、高い利益率を実現している。リサーチの頻度が多いほど、高成長・高利益率の傾向が高くなる。

リサーチを行うことで、ターゲットクライアントが何を期待しているのか、何を優先しているのかを理解できる。クライアントのニーズがつかめれば、彼らと共鳴するメッセージを発信できる。さらにリサーチにより、あなたの企業の強みや、どのようなイメージを持っているのかを確認できる。そのような情報はブランディング戦略において、無駄な作業による予算の無駄使いを避けるなど、リスクを減じるだろう。

これまで述べたことは、ブランディング戦略の初期のプロセスで特に重要なことになる。後の行程でも、実際の業務には様々な考慮すべきポイントがあるが、初期の段階で、明確な目標と確実なオーディエンスの情報を入手することで確かな道筋を引くことができる。専門サービス企業のブランディングの成功のために、必ず押さえておきたい重要なポイントだ。

「ブランドとは何か」について考える
専門サービス企業向けのブランディング戦略
ネットメディアが台頭する現代のブランディングとは
顧客満足を極大化させながら収益に貢献するブランディングとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事