ブランディングLab

カテゴリー

コーポレートアイデンティティ(CI)を構築し、ブランディングの効果を最大化しよう

ブランディング

関連キーワード

CI(コーポレートアイデンティティ)、聞いたことはあるけど、詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。コーポレートアイデンティティが浸透しているのといないのとでは企業イメージ大きな差が出てきます。企業のサスティナビリティ(持続性)が重要視される現代、すべての軸となるコーポレートアイデンティティを理解しておきましょう。

コーポレートアイデンティ(CI)とは

コーポレートアイデンティティ(CI)のコーポレートは企業、アイデンティティは独自性・個性で、企業の独自性といった意味があります。
コーポレートアイデンティティというと企業理念やロゴが思い浮かぶかもしれませんがこの2つの要素だけで構成されるものではありません。MI(マインドアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティティ)、BI(ビヘイビアアイデンティティ)の3つのアイデンティティから成り立っています。企業はこのコーポレートアイデンティティを軸にステークホルダー(消費者(顧客)、従業員、株主、債権者、仕入先、得意先、地域社会、行政機関)とコミュニケーションを取る必要がありブランディングに大きく影響します。コーポレートアイデンティティが浸透しておらずバラバラのコミュニケーションを取ると企業の独自性が伝わらずブランディングに失敗するでしょう。

MI(マインドアイデンティティ)とは

ではMI・VI・BIとは何なのでしょうか。コーポレートアイデンティティの軸となるものが マインドアイデンティティ(MI)企業理念の事です。企業の思想や使命、志を表現します。
ミッション(果たすべき使命)・ビジョン(実現したい未来)・バリュー(約束する価値)・スピリット(大切な精神)・スローガン(合言葉)の5つの要素から構成されます。
その中でも中心にあるのがミッション(果たすべき使命)です。過去・現在・未来にわたって果たす使命がミッションになります。ビジョンとはミッションを軸に果たすべき未来を表現します。バリューは独自の価値・強みのことです。スピリットはミッション・ビジョン・バリュー実現のために一人ひとりがどう考え、実行すべきかという行動指針の事です。

VI(ビジュアルアイデンティティ)とは

MI(マインドアイデンティティ)をビジュアル化したものがVI(ビジュアルアイデンティティ)です。
マインドアイデンティティで決めたミッション・ビジョン・バリュー・スピリット・スローガンを軸にWEBサイト・パンフレット・ 広告・空間・ユニフォームなどの世界観を統一していく事を指します。人間の五感の8割を占めるものが視覚です。デザインへのこだわり統一性も大切ですが、そこに込められるMI(マインドアイデンティティ)が重要です。

BI(ビヘイビアアイデンティティ)とは

BI(ビヘイビアアイデンティティ)とは社員やスタッフがMI(マインドアイデンティティ)に基づいた行動や仕事を行うことで生まれるアイデンティティです。日々お客様に接しているのはほかならぬ社員の方一人ひとりです。その行動・言動ひとつひとつがコーポレートアイデンティティを築き上げていきます。社内にMI(マインドアイデンティティ)を浸透させていく事は非常に重要です。

コーポレートアイデンティティの重要性

インターネットやSNSの進化により現代社会は情報にあふれています。コーポレートサイト・口コミサイト・インスタグラム・フェイスブック・ツイッター・メディアサイトなどなど自分たちでは情報統制ができない時代です。コーポレートアイデンティティ(企業アイデンティティ)をしっかりと構築し、360度どの角度から見ても情報に統一性があることが企業の最大のブランディングになります。独自性のある企業アイデンティティにより、情報が差積化され信用と信頼が生まれ、他社に真似のできない差別化戦略となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事