WEBブランディングLab

カテゴリー

アメリカの13の大企業がアフターコロナで行った社会貢献活動

ブランディング

関連キーワード

世界最大の企業の多くは、コロナウイルスの大流行の際に困っている人々を支援するために、独創的な方法で支援を提供するなどしてステップアップしています。

大小を問わず、企業はアフターコロナにおいて創造的な方法を模索しています。ここでは、アフターコロナで支援するために各ブランドが行った革新的な方法を紹介します。

アマゾン

世界最大のオンライン小売業者であるAmazonはシアトルで設立され、本拠地との密接な関係を維持しています。
コロナウイルスが小売業者に影響を及ぼし始めたとき、Amazonは500万ドルの近隣小規模ビジネス救済基金を立ち上げ、コロナウイルスの影響を受けたシアトルの小規模ビジネスを支援しました。この基金は、従業員が50人未満または年間収益が700万ドル未満の企業に現金を提供します。

アップル

エレクトロニクスの巨人Appleは世界的に有名なサプライチェーンを持ち、世界中のほとんどの国で手の届く存在になっているので、防護医療用マスクが不足しているときに全世界から調達できたことは当然のことです。
同社は米国の医療施設に1000万個のマスクを寄付しました。寄付に加えて、Appleは独自のコロナウイルスのスクリーニングツールも開発し、Googleと連絡先追跡ソリューションで協力して、人々のウイルス感染を追跡できるようにしています。

コーセラ

オンライン講座会社であるCourseraは、コーセラ労働力回復イニシアチブを立ち上げました。
コーセラでは、新規失業者に無料で講座を提供しています。同社は政府機関と協力して、3800のコースと400の専門分野を、新しいスキルを必要としている求職者に無料で提供しています。

クロックス

Crocsは長い間、医療従事者にとって特別な企業でありました。なぜなら、彼らの靴は長いシフトにおいても快適で、洗うのも簡単だからです。現在、同社は1日最大10000ペアのクロックスをヘルスケアキャンペーンで無料提供し、最前線の医療従事者を支えています。

フェイスブック

ソーシャルメディアの巨人Facebookは、中小企業と毎日協力して広告を配信し、コミュニティを構築しています。
したがって、コロナウイルスによって被害を受けた中小企業に、最大1億ドルの現金による助成金と影響を受ける人々への広告を提供することは、彼らにとって当然のことです。このプログラムは、30か国以上で最大30000の望ましい中小企業を支援します。

リトルシーザーズ

米国の特大ピザチェーンであるLittle Caesarsは、100万個のピザをコロナウイルスに対応する病院、警察、消防署、その他の現場の労働者に寄付しました。
さらに、新しく「Pie it Forward」オプションを立ち上げ、顧客が注文の最中に地元の病院、警察、消防士のためにピザを購入できるようになりました。

ルイヴィトン

高級小売ブランドのLouisVuittonは、コロナウイルスの感染時、世界中の多くの店舗を閉鎖していたとしても、まだ輝いています。世界中のルイヴィトンの仕事場は、ガウンやマスクなどの防護服を製造するために改装されており、その製品の一部はコロナウイルスの影響を最も強く受けた米国の州に寄付され、配布されています。
これに関連して、ブランドの親会社であるLVHMは、香水製造ラインを利用し、生理用ゲル不足を補う手指消毒剤を作ると発表しました。

マリオット

コロナウイルスの大流行の際、有名なホテルブランドであるMarriottは、複数の「大流行に対する緊急支援するプログラム」を作成しました。この中には、医療従事者がホテル滞在するために1000万ドル相当を提供することが含まれています。
約2500の施設で地域の介護者に大幅な割引が適用されます。また、コロナウイルスの援助に取り組んでいる救援団体にマリオットボンボイポイントを寄付する機能を開発しました。また注目すべきことに、巨大ホテルブランドのヒルトンは、コロナウイルスと戦っている米国の最前線の医療専門家に最大100万室のホテル宿泊の夜を寄付するプログラムを発表しました。

ノードストローム

デパートの小売業者であるNordstromは、顧客と労働者の安全のために全米で店舗を閉鎖しましたが、同社はオンラインで顧客にサービスを提供し続け、最近、コロナウイルスと闘う医療従事者を支援する独自の方法を発表しました。
ノードストロームは、「北米で最大の仕立て屋」であると述べ、この幅広いネットワークを使用して100000枚を超えるマスクを縫製し、医療機関に配布しています。

セールスフォース

クラウドソフトウェアの大手Salesforceは、アフターコロナのビジネスを支援する複数の方法を発表しました。
最も注目に値するものの一つは、医療従事者とシステム向けの無料のコロナウィルスケアレスポンスソリューションと、顧客をリモートで支援したい中小企業向けのソフトウェアへの無料アクセスです。
同社はまた、コロナウイルスの影響を受ける米国企業に対して、1企業あたり10000ドルの中小企業への助成金を提供すると発表しました。

スイートグリーン

米国のサラダチェーンSweetgreenは、コロナウイルスの影響で多くの拠点閉鎖を抱えていましたが、それでも地域の医療従事者に還元しています。インパクトアウトポストファンドを設立し、130以上の病院に10万食を寄付することができました。
同社は最近、当初の目標を引き上げることを約束し、米国中の病院に25万食を提供する予定です。

ビスタプリント

Vistaprintは、デジタルマーケティング製品の世界最大の生産者の一つとして、長年中小企業のライフラインとなっています。
企業に還元するために、米国商工会議所財団のセーブスモールビジネスファンドに100万ドルを寄付し、5000ドルの助成金を提供しようとしています。
Vistaprintはまた、通常はバナーやサインを作成する機械を使って、農村地域の最前線の医療従事者向けに10万枚の顔面シールドを作りました。

ザッポス

人気の靴のオンライン販売店であるZapposは、人々が電話できる革新的なサポートラインを立ち上げました。
Netflixのおすすめ、休暇のアイデア、楽しいレシピ、開いているレストランの確認、さらには感情的なサポートなど、理由を問わず、会社のカスタマーサービスのホットラインは午前6時から午後11時の間に呼び出すことができます。
特に素晴らしい例として、見つけにくい医療機器を見つける手助けをするのに役立ちました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事