これだけはやってはいけない5つのブランディング手法

ブランディング

ブランディングについてやるべき事は頻繁に耳にするが、やってはいけない事はあまり聞かない。強力なブランドを作り上げ守るために、すべきではない5つのことについて説明する。

1.ライバルの後追いをしない

まずブランドは、ユニークな存在でなければならない。その上で、ブランドの会社が何のために存在しているのかを、オーディエンスに伝える必要がある。成功しているライバルブランドを真似るだけで、同じような成功につながるわけではない。存在を示すためには、自身のアイデンティティを強化するしかないのだ。

2.ブランディングはロゴとデザインだけではない

ブランドはロゴやフォントのデザインといった、目に見えるものだけにとどまらない。ブランドとは会社の存在そのもので、どんな会社なのかをオーディエンスに伝えるものだ。ロゴはブランドの飾りに過ぎず、ブランドという太い柱がないことには、単なるステッカーでしかない。ロゴだけで、ブランディングの問題を解決することも機能することもない。ブランディングを構成する一つの要素に過ぎないのだ。

3.ユニークなセールスポイントを誇張しない

セールスポイントでオーディエンスの気を引くことはできるが、それが誇張した情報だと意味がない。ブランドの製品やサービス、強みを忠実に表現する必要がある。そしてプロモーションの担当者が、セールスポイントに責任を持ちオーディエンスに伝え、オーディエンスが満足したときに信頼関係が生まれるのだ。

4.ブランドの内部の教育とプロモーションを忘れない

ブランドのために働くスタッフが、ブランドを理解することはとても大切だ。スタッフ全員がブランドのプロモーションに参加する必要はないが、ブランドを理解し存在理由を代弁できるようにはしたい。さらにセールスポイントを把握し、いつでもカスタマーに対応できるよう準備することが理想的だ。ブランディングは、内部から始まる言っても過言ではない。

5.短期の結果を期待しない

強力なブランドは、何年もかけて作られる。ブランディングは長期を要するものなので、忍耐強さが必要になる。一貫性があり記憶に残るブランドを一旦築いてしまうと、その効果は長く持続するが、その段階にたどり着くには長期的な戦略が不可欠だ。自分たちのブランドを信じて、諦めずに全スタッフで成功を目指そう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事