全社を巻き込むコンテンツマーケティングのための6ステップ

コンテンツマーケティング

成果が出ているマーケッターの61%が、コンテンツチームとのミーティングを定期的に行っている。では、他部署のチームとはどのように関わっていくことが理想だろう?効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、どうすべきだろう?

コンテンツチーム以外のクリエイティブパワーを効果的に引き出しているのが、ウィスコンシン州のソーセージ製造業Johnsonvilleだ。同社は全社員からブランドストーリーを公募し、100人以上の社員が応えた。そのひとつの成果として、いくつかの優れたコマーシャルが作成された。例えばBrettによる“Regular Speed Chase”や、Jeffによる“Jeff and His Forest Friends”だ。動画は、ソーシャルメディアで今でも話題になっている。さらにJohnsonvilleはブログで、CMができるまでのプロセスのシェアやエグゼクティブのリアクションなどを公開している。

会社内で調達できるクリエイティビティや新鮮な感覚、支援を考えると、全社員が非公式なコンテンツマーケティングのメンバーになる。そこで、コンテンツマーケティングに全社員を巻き込むための手順を、6つのステップで紹介する。

ステップ1:リーダーシップによる対話をスタートする

会社の役員も、当然コンテンツチームのメンバーとしてカウントされる。まず経営者がリーダーシップを発揮し、各部署のリーダーと対話をスタートする。

ステップ2:社員のコラボレーションを促す

セールスやカスタマーサポートチームのメンバーがコンテンツのアイデアを提案したら、ぜひ採用する機会を与えよう。リーダーたちは社員たちに、ブランディングに関わるよう促そう。ブログのライティングや動画の作成を任せてみるのもよい方法だ。

ステップ3:アイデアを集める

全社員にマーケティングへの参加を強要する必要はない。だが、クリエーター以外にもチャンスを与えて、広くアイデアを求めよう。ブレインストーミングも、シャイな社員から素晴らしいアイデアを引き出せるひとつのオプションである。

ステップ4:アイデアのシェアを促す

多くの社員たちは、ソーシャルメディアに参加しているはずだ。つまり定期的にオンライン会話をフォローし、エンゲージしている。ソーシャルメディアを通じ、社員たちにブランドストーリーのシェアを促そう。

ステップ5:社員のコンテンツをキュレートする

社員たちのベストなソーシャルメディアコンテンツをキュレートすることで、ブランドのサイトに新たな特徴を与える。社員ひとりひとりのコンテンツが見えることで、ブランドにパーソナリティを感じられるようになる。見込み顧客が、ブランドの社員たちにも親しみを感じられるようになり、ブランドに対する親密度が増すだろう。

ステップ6:社員たちへのインタビューを発信する

対話がすべてを解決することもある。コンテンツマーケティングチームが、他部署のメンバーにインタビューを行うことで、社内に全社員がブランドをサポートしているという意識を広められる。また、社外にも会社のオープンなイメージをアピールできる。Twitterチャットなど、社員たちに会話に積極的に参加するよう促してもよいだろう。

コンテンツマーケティングを全社員でサポートする姿勢が、社内外ともにブランドイメージを向上させる。マーケティング部以外の社員が、オーディエンスにとって価値のあるコンテンツのアイデアを持つことは、今となってはよく知られている。コスト面でも、社内のリソースを活かさないのは、とてももったいない話である。

コンテンツマーケティングの求職者が知っておくべき面接の心得

面接官の前に座ると、手のひらが汗でびっしょりになる。心臓の鼓動は早くなり、頭の中はパニックだ。コンテンツマーケティング職の初めての面接では、みんなが陥る状態だろう。インタビューに備え、これまで学んだマーケティングの知識を振り返るかもしれない。専門用語やマーケティングの話は周到に準備するはずだ。KPIやSEO、USPが何の略かは知っているし、マーケティングの成功を示すROIなどのデータもばっちりだ。後はノウハウとマーケッターとしての経験を示すだけだ。しかしほとんどの求職者は、最後の質問時間を無駄に費やすことになる。

「質問はありませんか?」と聞かれたときはチャンスだ。凍り付いている場合ではない。「どのような企業文化ですか?」なんて、マーケッターが聞くべきことでもない。これでは2次面接に進めないのは当然だろう。

求職者として、または面接官としても経験した人には分かるはずだが、この場面ではマーケッターとしてどのような経験をしたのか伝えるべきなのだ。面接の最後で正しい質問をすることで、あなたがプロフェッショナルのマーケッターであり、マーケティングチームの責任とは何かを知っていることを示すことになる。面接官が期待しているのは、物事を掘り下げるスキルがあるのか、そしてマーケッターとして成功することを学習する気があるのかを見ることだ。さらに受ける側としては、正しく質問をすることで企業のマーケティング部の状態を探ることができる。あなたの目的はマーケティング部の一員になることなので、当然気になるところだ。

仕事の面接は、恐怖を感じるプロセスでもある。確かに事前に練習や準備をすることで、完璧な受け答えができるようになるかもしれない。しかしコンテンツマーケティング産業は歴史が浅く、面接の形態もさまざまな解釈が成り立つ。ほとんどのビジネスにとってコンテンツとは抽象的であり、誤解されやすいコンセプトなのだ。

ビジネスの経営者たちは、個々の求職者がコンテンツマーケティングでどれだけROI(投資対効果)を生むのかを知りたがっている。コンテンツから測定可能なリターンとして返してくれることを、確証したいのだ。そのことを念頭に、面接に挑むことが大切である。

マーケッターが2017年に考えるべきコンテンツマーケティング産業の変化

新たな年を迎え、コンテンツマーケティングを見直すには最適な時期になった。産業はどのように変化したのか、そしてどのように変わっていくのかを考える理想的なタイミングだ。長年パブリッシングとマーケティングに関わってきたエキスパートは、産業の大きな進化をみてきたという。その中でも重要な変化についてみていくことで、今後マーケッターがとるべきアクションを考えてみたい。

変化1:コンテンツの希少性で迅速なレスポンスを促す

無料ウェビナーの動画を、無期限でサイトにアップする企業はめずらしくない。しかし、24時間や48時間の限定公開にすることで、「今すぐ視聴しないと機会を失う」として新たなプロモーションが可能になる。見込み客の心理に、迅速なレスポンスを促すことができるのだ。マーケッターは見込み客に、いつでもコンテンツにアクセスできると思わせないことだ。彼らが再びコンテンツにアクセスしようと試みる保証はないし、そのまま忘れ去られてしまうかもしれない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事