全社を巻き込むコンテンツマーケティングのための6ステップ

コンテンツマーケティング

成果が出ているマーケッターの61%が、コンテンツチームとのミーティングを定期的に行っている。では、他部署のチームとはどのように関わっていくことが理想だろう?効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、どうすべきだろう?

コンテンツチーム以外のクリエイティブパワーを効果的に引き出しているのが、ウィスコンシン州のソーセージ製造業Johnsonvilleだ。同社は全社員からブランドストーリーを公募し、100人以上の社員が応えた。そのひとつの成果として、いくつかの優れたコマーシャルが作成された。例えばBrettによる“Regular Speed Chase”や、Jeffによる“Jeff and His Forest Friends”だ。動画は、ソーシャルメディアで今でも話題になっている。さらにJohnsonvilleはブログで、CMができるまでのプロセスのシェアやエグゼクティブのリアクションなどを公開している。

会社内で調達できるクリエイティビティや新鮮な感覚、支援を考えると、全社員が非公式なコンテンツマーケティングのメンバーになる。そこで、コンテンツマーケティングに全社員を巻き込むための手順を、6つのステップで紹介する。

ステップ1:リーダーシップによる対話をスタートする

会社の役員も、当然コンテンツチームのメンバーとしてカウントされる。まず経営者がリーダーシップを発揮し、各部署のリーダーと対話をスタートする。

ステップ2:社員のコラボレーションを促す

セールスやカスタマーサポートチームのメンバーがコンテンツのアイデアを提案したら、ぜひ採用する機会を与えよう。リーダーたちは社員たちに、ブランディングに関わるよう促そう。ブログのライティングや動画の作成を任せてみるのもよい方法だ。

ステップ3:アイデアを集める

全社員にマーケティングへの参加を強要する必要はない。だが、クリエーター以外にもチャンスを与えて、広くアイデアを求めよう。ブレインストーミングも、シャイな社員から素晴らしいアイデアを引き出せるひとつのオプションである。

ステップ4:アイデアのシェアを促す

多くの社員たちは、ソーシャルメディアに参加しているはずだ。つまり定期的にオンライン会話をフォローし、エンゲージしている。ソーシャルメディアを通じ、社員たちにブランドストーリーのシェアを促そう。

ステップ5:社員のコンテンツをキュレートする

社員たちのベストなソーシャルメディアコンテンツをキュレートすることで、ブランドのサイトに新たな特徴を与える。社員ひとりひとりのコンテンツが見えることで、ブランドにパーソナリティを感じられるようになる。見込み顧客が、ブランドの社員たちにも親しみを感じられるようになり、ブランドに対する親密度が増すだろう。

ステップ6:社員たちへのインタビューを発信する

対話がすべてを解決することもある。コンテンツマーケティングチームが、他部署のメンバーにインタビューを行うことで、社内に全社員がブランドをサポートしているという意識を広められる。また、社外にも会社のオープンなイメージをアピールできる。Twitterチャットなど、社員たちに会話に積極的に参加するよう促してもよいだろう。

コンテンツマーケティングを全社員でサポートする姿勢が、社内外ともにブランドイメージを向上させる。マーケティング部以外の社員が、オーディエンスにとって価値のあるコンテンツのアイデアを持つことは、今となってはよく知られている。コスト面でも、社内のリソースを活かさないのは、とてももったいない話である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事