集約化する動画検索エンジンと動画検索ウェブサイト

動画

関連キーワード

検索エンジンGoogleYoutube

GoogleとYouTubeが果たす、動画スペースへの入り口として役割は誰もが知るところだ。検索エンジンNo1のGoogleで動画が検索できるため、YouTubeはライバルプラットフォームの中でもかなり優位な立場にある。だが何かの理由でGoogleやYouTubeによる動画検索を避けたい人たちにとって、探している動画を提供してくれる動画検索サイトは存在する。2007年に紹介した27の動画検索サイトは、今では消滅したり吸収したりした結果、YouTubeを含め以下に紹介する9サイトにまで集約化されている。

YouTube

YouTubeは動画検索サイトとして不動の1位を維持している。改めて説明する必要もないだろう。

Google

YouTubeに加え、Googleも9サイトのひとつとしてカウントすることにした。Googleの検索が、YouTubeの検索結果を優先させる傾向にあるためだ。だが、実際にはGoogleとYouTubeでは違う検索結果が表示されることがあるため、それぞれの検索エンジンで動画を探すとよいだろう。

Yahoo Screen

もともとYahoo Videoと呼ばれていた動画検索エンジンは、2011年にYahoo Screenと名前を変えた。Yahooのアカウントでオプションをカスタマイズできる。すべての動画コンテンツにおける視聴体験は一貫しており、ページのトップにはYahooメニューが、ページの左側には動画オプション/カテゴリーが表示される。

Bing Video

Yahooとは違い、Bing Videoはインターネット検索を最大限に活かしている。YouTube、Yahoo、Vimeoなどの動画サイトを含めた、興味深い検索ベースの体験が特徴だ。検索はページトップのサーチボックスと、動画カテゴリーの選択からできる。人気の検索結果動画リストには、大量の動画が表示される。

AOL Video

トップの検索バーからサーチを実行すると、結果は伝統的なウェブサーチととても似たものが返ってくる。しかし、ページのボトムまでスクロールすると、過去のトップピックスやパートナー特集など、サーチAOLオンボックスがパワフルな検索ツールを提供する。

eHOW

ハウツータイプの動画をサーチするには最適な検索エンジンだが、それ以外の動画も検索できる。ページのトップのボックスに検索ワードを入力するだけのシンプルな作りで、ページ左の“Videos”をクリックすれば、関連動画が表示される。インターネット全体の検索をするのではなく、eHOWに投稿された動画だけ結果表示されるのが特徴だ。

MeFeedia.com

多くのサイトが消滅や買収される中、しぶとく生き残っている動画サイト。動画コンテンツの検索であれば、検索リクエストをページのトップに入力するだけで多くの検索結果動画が表示される。検索結果は、MeFeedia.com向けに投稿された動画が表示される。

Binkx

こちらも古くからある動画検索サイトだ。トップにはカテゴリーが用意されているが、他のサイトより少ない。基本的にはYouTubeからだが、他のサイトからも高品質な結果が返ってくるのが特徴だ。

Veoh

Veohは機能しているが、YouTubeのクローンサイトのひとつとしてリストの最後に位置する。フロントページに動画ボックスがあり、サイトを訪問するとオートプレーが流れている。それほど利便性の高いサイトではないが、Veohだけにしかないコンテンツが見つかるかもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画のおすすめ記事