コンテンツに気づかせるプロモーション戦術

コンテンツマーケティング

コンテンツの目的を果たし、マーケティングのゴールを達成するためには、先を見越したコンテンツプロモーションが必要になる。
今回の記事では、ウェブサイトのコンテンツに出来るだけ気づかせるためのプロモーション戦術を紹介する

Eメールコンテンツの配信

ブランドのEメールリストには、ブランドが扱う商品に興味があるオーディエンスの名前が登録されているはずだ。
Campaign Monitorによれば、ツイートよりEメールキャンペーンのクリック率は6倍も高くなるという。
Eメールリストの顧客は既にブランドにエンゲージしているため、コンテンツをプロモートすることでシェアが広がる可能性が高い、最も優良なオーディエンスといえる。
新しいコンテンツが発信されたときには、クリックしたくなるようなメッセージをシェアを求めるコールトゥアクションと共に、Eメールリストのオーディエンスに一斉配信をしよう。

ブランドコミュニティでコンテンツをプロモート

オーディエンスとの会話に参加し、コンテンツをプロモートできるツールやプラットフォームは豊富にある。
その中でもFacebookやLinkedInグループは、ソーシャルプラットフォームやターゲットオーディエンスの深くに入り込める貴重な機会を提供する。
コンテンツと関連性のあるグループの会話に参加し、自然にコンテンツを提案してみよう。また、Pinterestのボードを利用するのも有効な手段だ。

有料プロモーション

有料コンテンツ広告は比較的新しいコンセプトで、伝統的なダイレクトマーケティング戦術より効果が高い。
PPC広告やインプレッション広告は、さまざまなプラットフォームでリーチをサポートする。
例えばFacebook広告は、デモグラフィクス、ロケーション、カテゴリー別などさまざまなタイプの基準に基づき、ターゲット広告を作成できる。ターゲットオーディエンスへの理解が深いほど、機能のメリットを有効活用できる。

ソーシャルメディアでリーチ

ソーシャルメディアでのコンテンツは混雑しているため、興味のある人にコンテンツを届け、シェアされる保証はない。
そのため、ターゲットオーディエンスにダイレクトにコンタクトし、コンテンツのビジビリティを高める必要がある。
求めるタイプのコンテンツをシェアしているソーシャルメディアユーザーを見つけるため、コンテンツのキーワードをサーチバーに入力するだけで検索できるBuzzSumoのようなツールを利用しよう。

サードパーティのためにコンテンツを提供する

サードパーティのサイトにゲストポストやブログコンテンツを提供することで、関連コンテンツにオーディエンスを導こう。ライターの紹介ページを掲載できれば、さらにビジターの増加が期待できる。ゲストポストの機会は増えており、Googleサーチで容易に見つけられる。

コンテンツマーケティングはウェブサイトへのトラフィックを増やし、ビジネスのゴールへの近道になる。今回紹介した戦術を参考に、より多くのオーディエンスにリーチできる先を見越したプロモーションを実践してほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事