カテゴリー

コンテンツマーケッターが活用すべき4つのアナリティクスレポート

コンテンツマーケティング

関連キーワード

Googleアナリティクスから得られるデータは無限にあるように感じられる。だが、コンテンツマーケティングに本当に役立つレポートは限られてくる。それがトラフィック、ナビゲーションサマリー、オーガニック検索からのトラフィック、コンバージョンの4つだ。これらデータの重要性とトラッキングの方法を理解することで、ウェブベースのコンテンツをより効果的に作成・発信できるようになる。

トラフィック

Googleアナリティクスの“Pages report”に表示されるトラフィックレポートは、ウェブサイトで最も閲覧されているページを教えてくれる。デフォルトとして、サイトの滞在時間と直帰率を表示する。ページのトラフィックは金脈に値する。どのページをきっかけに、あなたのサイトを訪問しているのかが分かるためだ。トラフィックレポートのランニングリストをキープし、定期的にレビューすることをすすめる。注意すべきは、トラフィックが多いからといって効果的なページであると断定できないことだ。そのためページのレビューで、トラフィックの推移を見守ることが重要になる。

ナビゲーションサマリー

ビジターの行動を知る方法はいくつかあるが、ビジターが何をクリックし、他のページに移動したのかが分かるのがナビゲーションサマリーだ。ビジターがそのページを訪問する前にどのページにいたのかを知ることは、ビジターの行動パターンを読むのに役立つ。さらに、オーディエンスはどの情報を既に知っており、どんな情報を求めているのかが分かる。

オーガニック検索からのトラフィック

どのページのトラフィックが多いのかを知るのと同時に、オーガニック検索のトラフィックも重要な指標になる。オーガニック検索の多いページはGoogleのランキングが高くなる可能性があるため、内容の変化には注意が必要だ。場合によっては、変更がネガティブなインパクトを与えてしまう。変更を加えてはいけないわけではないが、変更後のトラフィックの動きを注意深くモニタリングする必要がある。

コンバージョン

コンテンツマーケティングプログラムにおいて、コンバージョンは最も重要なメトリクスのひとつになる。コンバージョンとは、あなたがサイトのビジターに望むアクションになる。例えばEメールのサインアップやファイルのダウンロード、イベントへの参加などだ。コンバージョン率データは利用価値が高いが、ページビューごとのコンバージョン数データは、コンバージョン率を導きだせるのでより重要になる。

コンバージョン率が高いほど、ページのビジターはコンバートする可能性が高くなる。コンバージョン率の高いページを積極的にプロモートすることで、コンテンツマーケティングの効果が高まるはずだ。  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事