アルゴリズム

Googleのアルゴリズムとは

Googleはサービス開始から不定期に検索アルゴリズムを変えてきています。

もともとはキーワードに適したWEBサイトを上位に表示するだけのアルゴリズムだったようですが、現在では利用者にとっての重要度によって表示順位を変えてきていると言われています。

Googleの検索サイトにおいて表示順位はとても重要です。そのためさまざまなSEO手法が生まれています。SEOとはGoogleなどの検索サイトにおいて表示順位を上げる方法です。

古くからある方法としては検索時に利用されるキーワードを予測してサイトの中のキーワード数を調整するやり方です。

数年前までならキーワードを適切に設定するだけで上位表示が可能でした。しかし、キーワード戦略を他のサイトでもやり始めたことで新たなSEO手法が生まれています。

Googleの」検索アルゴリズムは他所での評価を重要視しています。評価についてはさまざまな方法がありますが、主な評価としてはリンク、Facebookのいいね、Twitterでの投稿数があるようです。多くのサイトでは他所での評価を受けられるように努力しており、特にSNS関連の評価を重視してサイトのコンテンツ作りにも力を入れています

ユーザーの意向がSEOにとって重要な理由

かつての検索エンジンは、ロボット的でメカニカル、そして数学的でした。しかしGoogleアルゴリズムは、本当に求められている情報の提供にフォーカスするようになり、ユーザーの意向を考慮したコンテンツ作成で関連性を高めることが、SEOを改善する重要な仕事になりました。

“ユーザーの意向”を、Googleで検索ワードを入力するときにユーザーの頭にあるもの。意向は購買が目的であったり、会社や個人とつながる情報だったりします。ユーザーを知ることなく製品を開発できないのと同じで、ターゲットオーディエンスが誰で、どのようにサポートできるのかを知ることなく、オンラインコンテンツを作るべきではないです。

カスタマーとニーズの把握は、コンテンツの作成だけでなくブランドを際立たせるのに大いに役立ちます。
ユーザーの意向をコンテンツマーケティングに活かすためのヒントを、これから紹介します。

さまざまなユーザーの意向を考える

ユーザーがオンラインで何かを検索する行為はシンプルなようにみえるが、実はさまざまなフォームで行われています。
自身のコンテンツのデジタル検索を評価した経験があれば、Googleのクエリは平等に作られていないと気付くはずです。
実際にクエリの意図は、人やタイミングによって異なります。オンラインサーチにおけるユーザーの意向を、次の3つに分けました。

・トランスアクション:何かを買いたいユーザー
・ナビゲーション:特定のリソース、ページ、サイトを探しているユーザー
・インフォメーション:質問に対するトピックや答えの追加情報を求めるユーザー

これら3つのタイプ向けのコンテンツは、最低でも準備したいです。
クエリのキーワードだけでも、どのタイプかが明らかになります。
例えば“フリースジャケット購入”と入力すれば、トランジションタイプのクエリであることは明白です。“スミスゴーグルのレンズの交換方法”であれば、インフォメーションタイプのクエリの可能性が高いです。

もし検索キーワードから、ユーザーの意向が分からなければ、自分自身でGoogleにキーワードを入力し、何が表示されるかを分析してもよいでしょう。そのキーワードにおいて上位に表示されるコンテンツのタイプが、ユーザーが求めているものです。また、いくつかのクエリはマルチレイヤーのユーザーの意向が隠されていることも覚えておきましょう。

オーディエンスが誰で何を検索しているのかを知ることで、オンラインコンテンツを最適化できます。
そうすることで検索エンジンがあなたのコンテンツをユーザーにとって価値の高いものと認識し、ランキングが上昇します。
さらにオーディエンスへのビジビリティが高まり、理想的なSEOの好循環が生まれるはずです。

音声検索の未来を見据えたアルゴリズム「ハミングバード」

Googleはハミングバードという音声検索のアルゴリズムの開発に力を入れています。
よくSF映画のワンシーンで音声検索をすると提案型の答えをAIが導き出すシーンがあります。
このようなシーンが現実となるでしょう。
現在でもAIスピーカー「GoogleHome」など音声検索用の製品が出てきています。
そのうちこのスピーカーがすべての家電と繋がるでしょう。
現在でもChromecastとGoogleHomeを組み合わせるとYoutubeの動画検索が打ち込みなしで可能になります。
このようにより検索の利便性が上がることにより検索需要のさらに広がっていくでしょう。

ハミングバードの中心的アルゴリズムRankBrain

ハミングバードにはラインブレインというAI(人口知能)が用いられています。
これまでの検索エンジン最適化はビッグワード、ロングテールキーワード、地域ワードなどがメインのキーワードでした。
これに加え今注目されているのが関連キーワードです。この関連キーワードと深くかかわるのが、ランクブレインです。
検索キーワードのメインとなるビッグワード、ロングテールキーワードこれらのワードにどの程度関連性のあるキーワードが判断する機能がランクブレインです。
毎日膨大な検索データからこの関連ワードを引いた人はこのビッグワードに非常に興味がある人だなど関連性を見つける人口知能です。
これにより、より検索した人、またはしていない人への提案力が上がるのだと推測されます。
そのうちGoogleの提案により商品を購入したり、一日のプランを立てたり、旅行のプランを立てたりしている日が来るかもしれませんね。