SEO

なぜ、あなたの会社ホームページは誰も知らないのか?Web戦略にはSEO

あなたの会社は競合他社との差別化できてますか?
様々なサービスが溢れる現代、自分の会社と同じサービスを提供している会社は多くいるのではないでしょうか。
ユーザーはどのサービスを選べばよいのか中々、選択が難しいものです。
あなたはこのような時、どうやってサービス・商品を選択していますか?
比較ポイントはやはり価格、費用対効果でしょう。この2点も比較のしようがないくらい似かよったものだったらどうしますか?
このような時に力を発揮するのがブランディングです。

多少の価格の差だとすると、より「印象の良い会社」を選択するのではないでしょうか。
言葉でいえば一言ですが、「印象の良い会社」をより多くの人に伝えることは非常に難しく、骨の折れる作業ですよね。
どうやって自分の会社を他社よりも好きになってもらうのか。良いイメージを持ってもらえるのか。
それは企業姿勢であり、企業努力、企業のビジョンに他なりません。
常に消費者に接し続ける必要があります。

雑誌広告、新聞広告、テレビCM、ラジオ広告、チラシ、屋外広告、キャンペーン、キャンペーンWEBサイト・・・揚げたらきりがありません。 ただ、このような施策はよほど豊満な予算がない限り、難しいものといえるでしょう。

スマートフォンの台頭により、インターネットユーザーは飛躍的に伸びています。

このように従来の施策を全て継続的に行うと大量の予算が必要になります。
ユーザーに良い印象を与え、いざという時に思い出してもらうには、上記の施策を単発でやっても意味がありません。
忘れることは我々人間の得意技で良いところでもあり、悪いところでもあるのです。

ただ少ない予算で継続的に施策を行う方法があります。
インターネットです。
スマートフォンの台頭によりインターネットユーザーが大幅な伸びを示しています。
最近のF1・2層はテレビやPCを持たずスマートフォンのみで暮らしが当たり前になっています。
F3・F4層もテレビ番組の録画は当たり前、録画したもののCMは90%の人が飛ばします。
シニア層でさえもFacebookの利用が非常に伸びています。
ユーザーの情報取得方法は劇的に急激に変わっている最中にあります。

インターネットで継続的に施策を行うにはSEO対策の強化が効率的

インターネットを活用してブランディング施策を行うにはSEOが最適な方法です。
インターネット黎明期から変わらず使い続けられているのが検索エンジンです。
ニールセン調べでは現在国内1億2000万人がGoogle、Yahooを月に一度は利用していると利用状況とまとめています。
バナー広告、リスティング広告、アプリ内広告、メールマガ広告、記事広告、など配信方法は多種ありますが、
クリック率(クリックされる割合)が一番高いのがSEOです。
対策を施し、検索エンジンの上位に御社のサイトが表示されていることが費用対効果の面からみても最良の施策です。

また広告施策と検索エンジンの違いは、与えられた情報をクリックする広告の「プッシュ型」ではなく、検索ユーザーが自発的にサイトにたどり着く「プル型」で あることが大きな特徴といえるでしょう。

SEOで一番大切なのは訪問者の検索ニーズを想像すること

SEO(検索エンジン最適化)とはGoogleやYahooなどの検索エンジンでユーザーが検索した際、検索結果に運営しているサイトが表示されるための対策の事をさします。
ユーザーは人それぞれ様々なニーズがあり検索を行うため、そのニーズに合わせたコンテンツを作成する必要があります。
ユーザーの検索ニーズにあうコンテンツを提供できた場合、多くの流入を獲得することが可能な施策です。
ただ、ユーザーの検索ニーズにコンテンツ内容が合わない場合、WEBサイトからの離脱する原因となります。
滞在時間(コンテンツを読み込む時間)が短くなり、他のページのリンクもクリック(回遊率)してもらうこともできなくなり、検索順位も良い順位がつかなくなります。
この検索ニーズを想像しコンテンツを作成することがSEO対策を行う上で最も重要な要素だと言えるでしょう。

ユーザーの検索ニーズとは

たとえば新幹線ツアーを販売サイトを運営しているとします。
当然「東京 大阪 新幹線」など顕在層(すぐにチケットを買いたい)ユーザーが引きそうなキーワードの対策は必然となります。

ただチケット販売サイトにたどり着く前は、大阪の旅行情報をどこか別のサイトで調べていたはずです。
「チケットを買う決心はまだできていないが、大阪に旅行は行きたいと思っている。」
このようなユーザーを潜在層といいます。

この販売サイトで大阪の旅行情報を発信できれば、他の販売サイトより先に潜在ユーザーにアプローチすることが可能になります。
たとえば「大阪城」というキーワードでこの販売サイトが上位表示できれば、大阪城に行きたい観光ユーザーに競合他社より一足先に ツアー情報をお伝えすることができるようになります。

ユーザーのニーズを想像することにより、より多くの潜在ユーザーにアプローチをしましょう。

SEOとは

SEOの概要を知っていれば、インターネットでサイトを運営するときに多くのユーザーをサイトに集めることが可能になります。

SEOは、サイトの評価を最適化して検索順位を上位に掲載させることを意味します。元々、検索エンジンはWEBに存在するあらゆるサイトを独自の判断基準によって評価して順位付けを行っています。

この順位付けには機械的なプログラムであるアルゴリズムが使われており、このアルゴリズムに従ったサイトの構成をすることによって検索エンジンから高い評価を貰うことが出来るようになるのです。

そのための対策のことをSEO対策と言い、検索エンジンの上位に掲載されているサイトはほぼ例外なくこの対策を行っています。

検索エンジンは、有益な情報を検索エンジンに最適化することで提供するサイトに対し より上位に表示をする傾向があります。SEOにはサイト内部に対して行う内部対策とサイト外部に対して行う外部対策があります。これら二つの対策を組み合わせることによって、誰でも検索エンジンの上位に掲載させることが出来るようになるのです。

SEOの特徴

SEOの特徴は、それを行うことによって検索窓から多くの人を集めることが出来る点にあります。

検索エンジンは、何の基準も無くサイトを評価しているわけではありません。検索エンジンが考えた基準をもとに機械的に評価を判断しているため、その機械的な判断基準さえ分析できれば誰であっても自身のサイトを上位に掲載させることが出来るのです。
SEO対策は、サイト内部の質を高める内部対策とサイト外部に対して積極的に働きかける外部対策の二つがあります。

内部対策と言うのは、一般的にHTMLやCSSと言ったタグを利用して質を高めていく対策のことを言います。専門的な知識が必要になる反面、一度構築して評価されると長い期間において高い評価を得ることが出来るというメリットがあります。

反対に、外部対策と言うのは特別な専門的知識が無くても出来る点に特徴があります。

例えば、外部から一方通行的に行う被リンクを獲得すれば順位を向上させることが出来ます。長期間続けていけばそれだけでサイトの評価を向上させることが可能なので、知っているかいないかでサイトの質に大きな違いが出てくるのです。 検索エンジンから高い評価をされているサイトはSEO対策によって質を高めていることを知っておきましょう。

検索エンジンのクローラーとインデックスの仕組み

インターネットは情報を検索する事が出来る仕組みが在りますが、検索を行うと瞬時に検索結果を返してくれるなど便利なものです。

何十億とも言われているウェブサイトがインターネットの中には存在しており、その中から検索条件にマッチしたウェブサイトを返してくれる仕組みは検索エンジンのクローラーやインデックス登録が行われているからです。

インデックス登録とは

条件を検索する時の検索キーワードは、検索エンジンがデータベース内でキーワードに関連したウェブサイトを探し出して結果を返していますが、クローラーは常にインターネットの中を巡回しており、新しいウェブサイトを見つけた時や更新が行われたウェブサイトを見つけるとデータベースに登録をしていきます。

これはインデックス登録と呼ばれるもので、検索を行う時に検索エンジンがキーワードにマッチしたウェブサイトを見つける時に利用されているのです。

アクセスアップするためには

上位に入ることが出来れば、それだけ多くの方がそのリンクからサイトへアクセスする可能性が高くなり、結果としてアクセスアップへとつながってきます。
なのでアクセス数が伸び悩んでおり、売上も芳しくないサイトオーナーの方に対してもメリットは大きいです。
また、SEOの効果が現れるのには数カ月の時間を要することが多いですが、 一度アクセスが膨大になれば継続的な効果が期待され、費用体効果が高い施策です。 アクセスに伸び悩む方はぜひご検討ください。

サイトへのリンクを増やす

ちなみに、SEOの方法はそれを生業としている業者に依頼をするのもありですが、個人でも出来る事もあります。
例えば、そのサイトへのリンクを増やす方法です。
多くのサイトからされるサイトは、検索エンジンのシステムから良い評価を得て、上位にランクインしやすくなってきます。
なので本サイトとは別にサテライトサイト等を作りそこでリンクを送るのも良い方法となってくるでしょう。

内部対策と外部対策

尚、SEO対策にはホームページ自体の内部対策と、他のウェブサイトからの被リンクの外部対策の2つが必要で、中でも外部対策は重要な対策と言われています。

検索結果のページの上位表示は内部対策と外部対策を講じることで可能になるのですが、外部対策を講じることで他のウェブサイトから自らのウェブサイトへのリンクを辿り、閲覧するユーザーの数を増やせると言うメリットが有ります。

また、ホームページに人を集めることで、販売益の増加などに繋がると言うメリットが有ります。

知識のない人でも簡単できる、キーワードを使ったSEOの実践方法

SEOの知識がなくても簡単に表示をアップさせる方法があります。
それは以下を実践してみることです。

・ページのタイトルに上位表示させたいキーワードを含める・上位表示させたいキーワードをひとつ以上含んだ文章をページに追加する
・ページ更新後、Yahoo!やGoogleにサイトを登録申請する。

上記項目は、上位表示させたいキーワードで検索エンジンにかかるための最低限の必須条件です。逆に、これができていなければ、検索結果から排除されかねないということです。それでは、具体的に解説していきましょう。

まず、Yahoo!とGoogleでのそれぞれ1000URLを対象にした調査で、9割ものページタイトルに検索したキーワードが含まれていることが分かっています。このことから、タイトルに検索キーワードを含まれていないサイトは、高い割合で、検索結果から排除される可能性を示しています。

他サイトからリンクを張ってもらう外部SEO対策も評価の指標

ほかのサイトからより多くの質の高いリンクを張ってもらう行為を外部SEO対策と呼びます。検索エンジンは、ほかのサイトからのリンクを「人気投票」と見なし、評価の指標としています。つまり被リンクが多いページは、イコール価値の高いページとされているのです。
ただし、SEO効果の見込めるリンクとは
<a href=“https://〜”>キーワードを含むテキスト</a>
というHTMLソースコードでリンクされ、アンカーテキスト(リンクされた文章)に検索キーワードが含まれているものです。
つまり「普通のリンク」で良いのですが、都合良くこちらの意図するキーワードでリンクされることは意外と難しいものです。基礎知識ですが、とても重要なので意識しておいてください。
ちなみに、バナー画像などのイメージを使ったリンクの場合は、HTMLソース内にキーワードが含まれるようにしておきましょう。

Googleサーチコンソールを使いましょう

Googleコンソールのチェックを怠るケースはよくありますが、、SEO対策を行う上でGoogleが提供するベストなツールなので活用しましょう。サーチコンソールナビゲーションの上から下まで調べ、エラーや警告がないかチェックしましょう。特に次の項目については押さえておきたいです。。

・ストラクチャデータ:マークアップにエラーがないかチェックする
・HTML改善:メタディスクリプションやページタイトルのダブりや超過をチェックする
・モバイルユーザビリティ:モバイルでの閲覧が急増する中、モバイルデバイスへの最適化は済ませておこう
・ブロックされるリソース:検索エンジンのブロック対象のリソースがあるかチェック
・クロールエラー:404やsoft404エラーが出ていないかチェックする

モバイルページの高速化(AMP)

GoogleはAMPの本格運用を開始しました。ランキングに直接影響はないが、オーディエンスにモバイル最適化したサイトを提供することは今最も求められていることです。

HTTPS

安心してオンライン体験を楽しみたいコンシューマーにとって、HTTPSは大切なアピールポイントになると同時に、ランキングファクターにもなります。

ロングテールSEOの効果について

ロングテールSEOというのは、一部のテーマに特化してサイトの質を向上させることを言います。

基本的に、SEO対策と言うのはサイト全体の評価を向上させて検索エンジンの上位を目指すことを意味するので、特定のキーワードを打ち込んだ場合に出てくるページはどこのサイトであってもトップページであることが非常に多いです。しかし、ロングテールを使うと特定のページだけを検索エンジンの上位に掲載させることも可能になるので、この手段を利用した方法はユーザーを集めるために非常に理に適った効果を発揮してくれるのです。

例えば、アクセス分析をした結果SEOというキーワードが特に多くの人を集めているキーワードだとわかったときには、他のキーワードは切り捨ててこのキーワードに特化した対策をしていくことになります。

被リンクを獲得するときもサイトのトップページをURLとして貼り付けるのではなくアクセス分析で最も多くのユーザーが集まっているページに特化して対策を進めて行くのです。こうすることによって、一部のページだけとはいえ大手のサイトよりも優秀なサイトを作ることが出来るようになります。

ロングテールは特定のユーザーを集めるときに非常に向いている対策であるとも言えます。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、Googleのアルゴリズムの変更の一つで、2014年の10月ごろにアメリカで開始されました。

アルゴリズムの変更は定期的に行われているようですが、ペンギンアップデートはスパムの排除や不正な被リンクのあるサイトの排除などを目的として行われました。Googleの検索エンジンの発展に合わせて、SEO業者は対策を行ってきました。被リンクを増やすことによって検索ランクを上げるというのは、常とう手段として用いられてきました。

そのために、検索をするユーザは無価値なウェブサイトが高いランクに表示されてしまうということが起こったのです。

たとえば関係のない広告を表示するサイトなどが上位にヒットするといったことがSEO業者によって引き起こされたと考えられます。Googleはユーザに対してよい情報を提供することが目的ですから、そのために、無価値なサイトや、人為的に生成された被リンクの多いサイトの検索順位を下げるなどの対策が採られました。

ペンギンアップデートへの対策のためには、検索ランクの低いサイトからのリンクを解消するなどの方法が考えられます。すでに貼られているリンクがどういったものかをチェックして、不要なものを削除していくのが効果的です。

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは、検索エンジンのGoogleのアルゴリズム変更の一つです。

検索エンジンは、アルゴリズムによって自動的にウェブサイトのランク付けを行っています。検索エンジンの目的はユーザの探している情報を提供することです。
より良い情報を提供するために、定期的にアルゴリズムは見直されています。細かい変更は常に行われていますが、大きな変更が行われることがあります。

パンダアップデートは、その大きな変更の一つで、2011年ごろからスタートしました。具体的には、他のサイトをコピーしただけのサイトや、全く役に立たないサイトなど、ユーザに無価値なサイトのランクを下げることや、独自研究に基づいたサイトなどの順位を上げることなどです。

最初にアメリカでこの更新が行われて、その後、各国で徐々に広められていきました。この更新に対抗するために、SEOの対策の手法も変更せざるを得なくなりました。検索ランクの低いウェブサイトのリンクを解消する削除するなどの方法で対策をすることが必要となったのです。

なお、パンダという言葉は、白黒はっきりさせるという意味があるそうです。

スパム行為はペナルティーの元

ウェブサイトは現代においてウェブマーケティングの1つとして利益を生み出すアイテムでもあり、ホームページは利益を生み出す入口でもあるわけです。
しかし、ホームページが在っても、そこに人が集まらなければどんなに素晴らしいサービスや商品が在ったとしても利益には結びつきません。

SEO対策を行うことで人を集めることが出来るのですが、対策を行う時にはスパム行為となるような対策を行うと、インデックスの削除が行われてしまい、検索結果に自らのウェブサイトのリンクが表示されなくなるなどのペナルティーを課せられる事になります。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットと言うのはSEO対策においてスパム行為を行うことをこのように呼んでいます。

SEO対策としてのホワイトハット

尚、SEO対策にはスパム行為を行わないホワイトハットが有り、ホワイトハットで対策を講じることでペナルティーに課せられない事になるのですが、ブラックハットの場合はキーワードをHTML文書内に埋め込む時に、文字色を白にして、背景色を白にして行うことでユーザーにはその文字が見えません。

しかし、検索エンジンはページを読み込む時に、文字の色などの区別をせずに読み込むため、キーワードが大量に埋め込まれていると上位表示する事が出来るわけです。

SEOは検索結果の上位表示を目的として行うもので、キーワードの選定が重要な鍵を握ります。

ブラックハットは、本来行ってはならない大量のキーワードを、文字色を白にして挿入するなどのスパム行為でもあるのです。

モバイルSEOの特徴

ここ数年のうちに、スマートフォンを使うユーザーが非常に多くなりました。

街角に出ると老若男女問わずスマートフォンを操作している姿を目にしますし、様々なことがこれ一つで行えるのは非常に大きな強みです。

片手でいろいろなことを手軽に行えるので、もはや普段の生活に無くてはならない存在となっています。

モバイルSEO対策

またそれに伴い、スマートフォン用サイトの数も増えています。
ちょっとしたことをその場ですぐに検索する人は非常に多くなっていますし、なるべく使い勝手の良いサイトがたくさん増加することが望まれます。

そしてもしスマートフォンサイトを製作するのであれば、同時にモバイルSEOについてしっかり対策しておかなければいけません。
SEOの特徴としては、これを自分のサイトにしっかり組み込んでおくことで、アクセスしてくれる人が飛躍的に増えるということです。

Googleの動向から読む、ライバルに差を付けるモバイルデバイス向け最適化

2016年、避けられない事態がついに訪れました。ウェブサイトのアクセスデバイスとして、モバイルの利用がデスクトップを上回ったのです。2015年には既にGoogleが、モバイルによる検索が他のデバイスを超えたことを発表しており、このニュースが人々に驚きを持って迎えられることはなかった。だが、確かに真のモバイル時代が到来したのです。

しかし、レスポンシブウェブデザインの充実化が進む中、多くのサイトではユーザビリティに欠けています。ほとんどのサイトがデスクトップで作成された後、モバイル向けに対応させていることに原因があるようです。例えばデスクトップ上でさえ面倒なフォームの入力は、モバイル上ではさらにユーザーの手を患わせます。モバイルファーストの競争が激化するとみられ、改善すべきポイントであることに間違いはないでしょう。

読者にとって価値のあるコンテンツを作る

Webマーケティングを実施する上でSEOは非常に大切なテクニックの1つです。しかし、SEOが目的化してしまっては元も子もありません。

あなたがSEOを利用するのは、どのような目的を達成するためでしょうか? 自社サイトのPVを増やしたい、顧客を獲得したい、売上をアップさせたい、など様々ですよね。SEOは、その目的を叶えるための単なる手段でしかありません。

SEOには本来、「(Googleなどの)検索結果で上位に表示させ多くの見込み客を集めること」という役割があります。そのため、SEOで集客をするために細かいテクニックを学んだり、小手先の方法が用いられたりしがちです。

しかし、そうしたSEOテクニックに傾斜するあまり、多くの人はユーザーのことを忘れてはいないでしょうか。ユーザーは、何らかの悩みや疑問を持ってあなたのサイトを訪れます。ただ、訪問先のサイトに自分の求める情報がなければユーザーはどう思うでしょうか。きっと、「もう二度とこのサイトには来ない」と思うに違いありません。

何度も書きますが、SEOは集客のためのツールです。どれだけSEOのテクニックが向上したとしても、自社サイトの質が伴わないものであれば、せっかく訪問してくれたユーザーの期待を裏切ることになるでしょう。

では、一体なにが必要なのでしょうか?

答えは「コンテンツ」です。コンテンツとは、メディアが提供する情報のことで、私たちも普段から必ずコンテンツを目にしています。

たとえば、新聞を読めば世界や国内の情勢を知ることができますよね。この新聞に記載されている1記事1記事がコンテンツです。他にも、分からないことをインターネットで検索すると様々なWebサイトやブログが表示されます。こうしたWebページに記載されている情報も立派なコンテンツと言えるでしょう。

この記事を読んでくださっている読者の方も、自社のWebページで何かしらの情報を発信しているはずです。では、その情報は本当にユーザーにとって価値のあるものなのでしょうか。もし、価値のない情報を提供している場合、いくらSEOでユーザーを集めても一度限りの訪問で終わってしまうことでしょう。

つまり、本当に大切なのはリピーターを増やすことで、リピーターを増やすにはコンテンツの質を高めるしかありません。こう書くとSEOとは逸脱してしまうと思われるかもしれませんが、コンテンツ制作もSEOと同じくWebマーケティングの一部です。顧客を増やして売上に繋げるためには、Webマーケティングを体系的に学ぶ必要があります。

コンテンツ制作を行うメリット

コンテンツ制作を行う最大のメリットはファンを獲得できることです。一般的に、WebマーケティングにおけるSEOは集客のために利用されますが、そのユーザーの大半は新規客がターゲットとなります。

一方、ユーザーの求めるコンテンツを作ることができれば、一度ページを訪れてくれたユーザーの離反率は確実に減ります。ユーザーに、「タメになったからもう一度来たい」と思わせたらコンテンツ制作の目的は達成されます。ファンができたと言い換えることもできるでしょう。

自社ページのコンテンツにファンがつくと、次回からはSEOを行わずしてサイト流入が獲得できます。ファンは、「あのサイトにもう一度行きたい」という感情から、自分から自社サイトへとアクセスしてくれるのです。

この法則はWebマーケティングに限らず、様々なビジネスでも応用できます。たとえば、新しい洋服を新調するとしましょう。あなたは新聞チラシで、近くのショッピングモールに新しいショップがオープンしたことを知ります。そこでさっそく出向いてみましたが、特に目新しい商品もなく、他のショップではもっと安く買えるような洋服が高値で販売されています。結局そのショップでは何も買わず、自分のお気に入りのショップで買うことにしました。

上記の例は、実際に店舗をかまえるショップのお話でしたが、Webマーケティングに通じる部分がたくさんあります。新聞チラシで集客するのはWeb上でSEOを行うのと似ていますし、ショップで販売されている洋服はWeb上でのコンテンツに置き換えられます。

たとえ、新聞チラシの効果でたくさんの人を集めることができても、販売している洋服が高くてダサいものであれば、二度と来たくないと思うのは自然ですよね。仮に、しっかりとしたコンテンツ制作(洋服づくり)ができていたとしたら、貴重なユーザーが離反することなくファン獲得の期待も高まっていたことでしょう。

ブランディング施策でコンテンツが重要な理由

ブランディング施策を考える上では、SEOと同じくらい、もしくはそれ以上にコンテンツのことを考えるべきです。その理由は、質の低いコンテンツをGoogleが望んでいないからです。

私たちが作成したWebページのほとんどはGoogleに掲載されます。そして、Google検索によって流入したユーザーが、私たちのWebページを訪れます。そのため、プラットフォームであるGoogleがどのようなWebページを求めているのかを知ることが、コンテンツ制作のカギを握るのです。

Google側の意図が分かりやすいのは、定期的に行われるアップデートを参考にするとよいでしょう。過去にはパンダアップデートと呼ばれるシステム変更を行って、質の悪いコンテンツの多くを削除してきました。

パンダアップデートが行われる以前、Web上には質の悪いサイトが横行していました。たとえば、隠しテキストや隠しリンク、被リンクを大量に設置したものが代表的です。そうしたWebサイトはSEOが目的化していることが特徴で、ユーザーの悩みを解決するコンテンツが提供されているとは言えない状況でした。

そうしたWebサイトが検索結果の上位にくると、ユーザーはGoogle自体に不信感を募らせるでしょう。「質の悪いサイトばかりが出てくる検索サイトは使いたくない」というわけです。つまり、コンテンツの質が悪いサイトを放置しておくと、Google自身が大きな痛手を負います。

そこでパンダアップデートを施した後、Webページのランク分けをコンテンツに重視するようになったのです。

このようにSEOにばかり集中して、一番大切なコンテンツを放ったらかしにしてしまうと、ユーザーだけでなくGoogleにも見放されてしまう可能性があると言えるでしょう。

コンテンツに重きを置いた集客法とは?

Webマーケティングにおける集客法にはSEOが取り上げられがちです。しかし、Googleのアップデートによりコンテンツの重要度が高まり、「いかにユーザーに有益な情報を届けられるか」がWebサイトの使命となりました。

Webにおけるコンテンツとは、多くの場合「文字情報」を指します。簡単に説明すると、たとえば「SEO 方法」と検索すれば様々なWebサイトがヒットしますよね。そして各ページには、SEOを行う方法を解説した記事が表示されているはずです。その記事の情報は動画や画像の場合もありますが、多くの場合は文字データではありませんか?

GoogleはWebサイトをインデックスするときに、主に文字データを参考にランク付けを行います。つまり、検索結果で上位に表示させるには、いかに文字情報(コンテンツ)をうまく構築できるかにかかっているのです。

では、コンテンツを効果的にするためには何をどのようにすればよいのでしょうか?

その方法は2つあります。以下をご覧ください。

・コンテンツSEO
・コンテンツマーケティング
ここからはコンテンツSEOとコンテンツマーケティングの特徴や、それぞれの効果的な使い方を解説していきます。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、多くの方が認識している一般的なSEOとは少し違います。何が違うかというと、コンテンツSEOの方がよりコンテンツに重きを置いていることです。

基本的にSEOは集客の手段です。今までWebサイトを見たことがない新規ユーザーを対象に、いかに検索結果を高め多くの人を集めるかが大切となります。SEOの方法は、外部からリンクを増やす、または内部の構造を見直して検索結果を高めていくことが一般的です。

一方、コンテンツSEOは、ユーザーにとって有益な情報を作成し、それを公開することで集客する手法です。コンテンツSEOに大切なのは、外部サイトや自社サイト内の細かい調整ではなく、ユーザーが求める情報そのものにあります。SEOがテクニックをもとに集客を行うことに対し、コンテンツSEOは情報(コンテンツ)をもとに集客するという違いが存在します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、コンテンツに力をいれて制作を行うことで、ユーザーの認知から興味・関心、信頼の構築、ファンの獲得までの流れを確立することです。コンテンツSEOとよく似ていますが、集客だけに終始するのではなく、集めたユーザーをリピーターへと生まれ変わらせる点に違いがあります。

コンテンツマーケティングの流れは以下のように、上流から下流へと流れるように変化していきます。

(1)認知パート   :自社サイトを知らない潜在顧客層へアプローチ
(2)興味・関心パート:興味を持ってくれた見込顧客層を自社サイトへ誘導する
(3)信頼構築パート :見込顧客層の離反を防ぐ
(4)ファン獲得パート:何度も訪問してくれる常連顧客層へと変える

以上の4つのフローが基本です。コンテンツSEOの場合は、(1)の認知パートに集中することに特徴があります。

コンテンツマーケティングでは(1)から(4)のすべてのパートでコンテンツ(情報)が重要な役割を果たします。情報を意識的に工夫することで、潜在顧客から常連顧客へと変化する導線をつくり出すことが目的です。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングはどちらが重要?

ブランディング施策を行う上では、よりコンテンツマーケティングを意識したサイト構築が必要です。コンテンツSEOの役割は、主に集客を対象としているため、せっかく訪問してくれた見込顧客が離反してしまう可能性があります。

そこで、コンテンツマーケティングによって潜在顧客から見込顧客、そして常連顧客という一連の流れを導線によって作り出すことが重要です。潜在顧客や見込顧客のままであれば、ユーザーから見たあなたのWebサイトは数ある中の1つにしか過ぎず、商品の購入や資料請求などの成果に結びつきません。

一方、コンテンツマーケティングで常連顧客を作ることができれば、一度のサイト訪問だけで、この先何度も売上に貢献してくれることになるでしょう。

コンテンツマーケティングは各パートによって必要なツールが異なります。

(1)認知パート   :自社メディア/Webページ、記事コンテンツ(文字/画像/動画等)
(2)興味・関心パート:会員登録/メルマガ登録
(3)信頼構築パート :ステップメール
(4)ファン獲得パート:メールマガジン

(1)の認知パートではベースとなるコンテンツで潜在顧客にアプローチします。そのため、コンテンツを入れる器(自社メディアやWebページ)と、文字・画像・動画などを使ったコンテンツが必須です。

コンテンツで興味を持ってもらえれば、見込顧客へと変化します。見込顧客には会員登録やメルマガ登録などのアクションが必要です。登録をしてもらって、ステップメールを送り、(3)の信頼を構築していきます。ステップメールとは、あらかじめ決まったフォーマットメールを決められた日時に配信することです。

ただし、ステップメールだけでは十分ではありません。最新のニュースや話題となる情報を組み込んだメールマガジンを配信することで、見込顧客もファンへと変化してゆくことでしょう。ここまできてようやく、潜在顧客が常連顧客へと変わり、商品購入などのアクションへと繋がります。

ここまでの流れはコンテンツがなければ成り立ちません。一般的なSEOとの違いは、ユーザーを自社サイトに常態化させることで、売上に繋がる流れをシステム化できることです。新しい顧客にアプローチする際も、今までのシステムを少しだけ見直せば済むので、コンテンツマーケティングは時間対効果に優れた方策と言えるでしょう。

コンテンツ作成で気を付けるべきポイント

コンテンツを作成する際に、これだけは絶対に注意しておきたいポイントを紹介します。気を付けなければならない点はたったの2つだけです。以下をご覧ください。

・過度なキーワード使用は避ける
・本質からかけ離れない

上記2つのポイントをしっかりと意識するだけで、コンテンツの質が向上し、ユーザーに有用な情報が提供できます。
ここからは、それぞれ詳しく解説していきましょう。

過度なキーワード使用は避ける

SEO対策として注目されがちなポイントが「キーワード出現率」です。キーワード出現率とは、1つのコンテンツに対してキーワード(単語)の使用率がどの程度かをはかる指標となるものです。

たとえば、「薄毛 悩み 対策」というキーワードを設定したとしましょう。ユーザーの薄毛の悩みに答えられるように、解決策を示す記事を作成しました。その記事の文字数は3000文字です。記事の文章中に「薄毛」という単語が30回登場したとしたら、「薄毛」のキーワード出現率は1%(30÷3000)となります。

キーワード出現率が多いほど、Googleはその記事が何をテーマに書かれているのか、判断しやすくなります。上の例で言えば、「薄毛」「悩み」「対策」というキーワードの数が多いことで、「この記事は薄毛対策のために書かれたものなんだな」と認識してくれるのです。

近年まで、キーワード出現率の理想は5〜6%と言われてきました。上記例では、「薄毛」「悩み」「対策」という単語をそれぞれ150回ずつ使用すれば目標に到達します。

しかし、2018年現在、Googleではキーワード出現率を重要視していないことが分かり始めてきました。Googleクローラーの精度が向上し、コンテンツ内容を判断する技術が高まったからです。今まで理想的とされてきた5〜6%のキーワード出現率に満たなくても、十分に検索結果上位を狙えるようになったのです。

Googleの開発チームメンバーであるジョン・ミュラー氏によると、「コンテンツ制作においては、キーワード出現率を気にせず自然に文章表現することが大切」と述べられています。つまり、コンテンツの質に重視することが重要だということです。

しかし、Webマーケティング担当者の中でも、未だにキーワード出現率の黄金比率を信奉し、設定したキーワードを乱用しているケースが見受けられます。この行為はSEO対策にベストな方法どころか、コンテンツの質を低下させる要因にもなっているのです。

たとえば、以下の例文を読んでみてください。キーワードは分かりやすいように、「薄毛 悩み 対策」と設定しています。

『この記事をお読みくださっている方は、もしかしたら薄毛の悩みをお持ちではないでしょうか。薄毛の悩みを抱えたままだと、一生涯薄毛のことを悩みにして生きていかなければなりません。また、薄毛は周りの人から見ると、「あの人薄毛だ……」と自分のイメージにも影響しますので、薄毛の悩みを抱えたままでは損をしてしまいます。

薄毛の悩みを放置するのではなく、この記事では薄毛の対策を行いましょう。当記事は、薄毛に悩む人に対して、薄毛の対策を「9つの対策」として紹介しています。薄毛の悩みをお持ちの人は、以下の薄毛対策をご参考にしてください。』

上の例文は、キーワード出現率を最大限高めるために、「薄毛」「悩み」「対策」という言葉を所狭しと並べています。
では、この文章を読んであなたは「分かりやすい」と感じたでしょうか?

おそらく、同じ単語が乱用されている結果、ほとんどの方が読みにくさを感じたのではないでしょうか。このように、キーワード出現率を意識しすぎると文章が理解しにくくなり、かえってユーザーの離反を招く可能性が高くなるのです。

また、キーワード比率が高すぎると、Googleからは「過剰なSEO」としてペナルティを受けます。検索結果の表示順位が低下し、SEOが逆にあだになってしまうのです。

本質からかけ離れない

コンテンツを作成するときは、「この記事で一番伝えたいことは何か」を意識することが大切です。本質を見失うことなくコンテンツ制作を行いましょう。

たとえば、先ほどの例と同様に、キーワードを「薄毛 悩み 対策」と設定しました。このキーワードでWebページに流入してくるユーザーは、薄毛の悩みを抱えていて、その対策を知りたいと望んでいることが分かります。

そこで自社では、ユーザーに最も伝えたいこととして、「解決策は育毛サロンに通うこと」を設定します。この伝えたいことが明確になっていると、文章の起承転結の、結のパートに育毛サロンの紹介を盛り込めばよい、と分かります。

一方、伝えたいことが定まっていないとコンテンツの方向性がぶれてしまうのです。すると、「解決策には育毛サロンや薄毛予防のシャンプー、育毛剤がおすすめ」というように、結論が何重にもかさなってしまい、ユーザーには、「いったいどれを使えばよいのか」という新たな悩みが生まれてしまいます。

その結果、「このサイトは分かりにくい」という評価に陥り、あげくの果てにはユーザーの離反に繋がってしまうことでしょう。情報の本質が分かりにくいからです。

せっかくの見込顧客を逃さないよう、1つのコンテンツで言いたいことは1つだけ、に絞ることが大切となります。

コンテンツ作成で重視すべきポイント

コンテンツ作成では重視すべきポイントが3つに分かれます。まずは以下をご覧ください。

・1つの記事でユーザーの悩みを1つ解決する
・毎日欠かさず更新する
・効果検証と改善を繰り返す

基本的に上記のポイントをしっかりと押さえて実行すれば、コンテンツの質は見違えるように向上します。
ここからは各ポイントを詳しくお伝えしていきますので、ぜひとも参考にしてください。

1つの記事でユーザーの悩みを1つ解決する

Webコンテンツにユーザーが訪れる理由は、自分自身の悩みを解決したいからです。私たちは特定の言葉を使って検索サイトを使います。そして、検索結果に表示されたタイトルを見て、どのコンテンツを選ぶかを決めますよね。

たとえば、「30代体臭原因」と検索する人は、自分の体のニオイに悩んでいることが分かります。また、周囲の人からのうわさ話を気にして、自分の体臭が気になったのかもしれません。

では、このような悩みを持つ人に、「30代のイヤなニオイはミドル脂臭が原因!1日5分で治す方法」というコンテンツがあれば、この方は喜んでWebサイトに訪れると思いませんか?

ここで大切なポイントが「キーワード」です。先ほどの例で検索した「30代体臭原因」がまさしくキーワードに当たります。コンテンツ制作では、何を置いてもこのキーワードをしっかりと分析することが重要なのです。

なぜなら、キーワードはユーザーが持つ悩みそのものだからです。ユーザーがどんな悩みを抱いているのか、ということを正確に把握し、あとはその悩みを解決する情報を提供することがコンテンツのキモとなります。

基本的に1つのコンテンツに詰め込むのはユーザーの悩み1つだけです。Webサイトでは1ページ分となります。1ページにあまりにもたくさんのキーワードを詰め込むと、結局何を伝えたいのかが分かりにくくなるため、ユーザーは混乱してしまいます。上記の例では、ニオイの原因を1つのテーマにして、一番伝えたいこと(ニオイ対策)に絞ることが大切です。

毎日欠かさず更新する

コンテンツが作成できれば、あとは毎日欠かさず更新するようにしましょう。つまり、最低限1日1コンテンツをアップロードする必要があります。その理由は、検索サイトのGoogleが、更新頻度の高いWebサイトを検索結果の上位に表示しやすいからです。

逆に1週間に1度、1ヵ月に1度など、更新頻度の低いWebサイトほど脱落していきます。

しかし、ここでもコンテンツの質を軽視してはいけません。確かに更新頻度の高いWebサイトほど上位表示しやすいと言えますが、それはあくまでもコンテンツの質が高いという条件が伴っていればの話しです。

最近ではWebサイトの数が膨大に増え続けており、中には1日に5個も6個もコンテンツを増やしているところもあります。それでも、コンテンツの質を意識せずに、ただ数だけを増やしているのでは順位はアップしません。1日の更新ページが10になろうと100になろうともです。

Googleは更新頻度の他にも、「ユーザーにとって役に立つコンテンツか」を上位表示の基準にしているので、1日に10記事増やす質の低いサイトよりも、毎日欠かさず1記事ずつアップする質の高いサイトを重視するのです。

効果検証と改善を繰り返す

コンテンツ作成で最も重要なことは効果検証と改善を繰り返すことです。どんなによいコンテンツを作成しても、そのコンテンツがユーザーからどのように評価され、どのような部分に問題があったのかを検証し、改善しないことには情報の質は高まりません。

効果検証と改善は専門的な用語で「PDCA」と呼ばれています。「Plan(計画)・Do(実行)・Check(検証)・Action(改善)」の頭文字からなり、計画から改善までのサイクルを何度も繰り返すことをPDCAサイクルと言います。

もともとPDCAは生産管理や品質管理の現場で生み出され、現在は商品開発やマーケティング分野にまで拡大しました。計画した内容を確実に実行し、効果や反応を見直し、よりよく生まれ変わるために改善を行う、このサイクルを繰り返すことで、企業そのものや商品の長所や短所が分析できるのです。

コンテンツ制作におけるPDCAは、まずPlan(計画)段階で、自分たちはどのような情報を発信していきたいのかを徹底的に洗い出します。そして、Do(実行)パートでは、計画に沿ってコンテンツを発信していきます。ここでは、WordPressといったWebページ制作サイトや、ライティングスキルなどの専門的な技術が求められるでしょう。

次にCheck(検証)です。ここでは発信したコンテンツに対して、ユーザーがどのような行動を取ったのかを分析します。検証段階で役立つツールはGoogle Analyticsでしょう。コンテンツのページごとにユーザーの行動データを集計することができます。

たとえば、セッション数が少なければ、そもそもの顧客流入数が少ないということなので、コンテンツよりもSEOなどの集客に力を入れるべきです。また、直帰率が高い場合は、そのコンテンツページの情報に満足していないユーザーが多く、彼らが何を求めているのかをさらに深掘りする必要があります。

こうした検証後の分析が最後のAction(改善)です。もちろん、分析しただけでコンテンツが生まれ変わるわけではありませんので、しっかりと行動を伴わなければなりません。改善までの行動が終われば、またPlanへと戻って、サイクルを回していきましょう。

このように何度も検証と改善を行うことで、他社には負けない魅力的なコンテンツへと変貌するはずです。

次にCheck(検証)です。ここでは発信したコンテンツに対して、ユーザーがどのような行動を取ったのかを分析します。検証段階で役立つツールはGoogle Analyticsでしょう。コンテンツのページごとにユーザーの行動データを集計することができます。

たとえば、セッション数が少なければ、そもそもの顧客流入数が少ないということなので、コンテンツよりもSEOなどの集客に力を入れるべきです。また、直帰率が高い場合は、そのコンテンツページの情報に満足していないユーザーが多く、彼らが何を求めているのかをさらに深掘りする必要があります。

こうした検証後の分析が最後のAction(改善)です。もちろん、分析しただけでコンテンツが生まれ変わるわけではありませんので、しっかりと行動を伴わなければなりません。改善までの行動が終われば、またPlanへと戻って、サイクルを回していきましょう。

このように何度も検証と改善を行うことで、他社には負けない魅力的なコンテンツへと変貌するはずです。

ファンが生まれて初めてブランディングが成り立つ

SEOでは新規顧客に重点を置きがちですが、せっかく獲得した見込顧客を逃がしてしまえば元も子もありません。いくらたくさんの新規顧客を獲得したとしても、二度と流入が期待できそうになければ、コンバージョンは一度きりで終わってしまいます。すると、また次の新規顧客を開拓するという悪循環にはまりがちです。

こうした悪い流れを打開するには見込顧客を常連顧客へと変えなければなりません。簡単に言えばファンの獲得です。一度ファンになったユーザーは、その後も自然に自社サイトへと流入し、Webマーケティングに頼らずともコンバージョンに到ります。

では、一体どのようにすれば見込顧客をファンへと変えられるのでしょうか。ここでは3つのポイントでファンを生み出すコツを解説しています。

【ファンを生み出す3つのコツ】
・良質なコンテンツを量産する
・攻守のマーケティングを意識する
・ユーザー利益を意識させる

良質なコンテンツを量産する

良質なコンテンツは人によって定義が異なるかと思いますが、ここでは「他社にはない情報を有したコンテンツ」と定めます。ファンを獲得するには他社にはない情報の提供が不可欠です。

2018年現在、Web上には様々なコンテンツが乱立しています。Googleで検索を行えば多くの場合、求めている内容にアクセスすることができるでしょう。つまり、それだけコンテンツを発信するライバルが多いということです。

しかし、自社にしかない情報を提供できるWebページはほとんどありません。他社にあるコンテンツは簡単にコピーライティングが可能なことで、情報の同質化が起きているのです。

どのサイトを見ても同じような情報が載っているとしたら、果たしてユーザーはどのように思うでしょうか?

おそらく、「どこも同じようなことばかり書いてあるので、情報提供者が誰であろうと気にしない」と思うことでしょう。しかし、それではファンにはなってもらえません。

たとえば、YouTubeで自分の好きな動画を検索したとしましょう。仮に全く同じ動画がDailymotionでもアップされていたとしたら、ユーザーは無理をしてどちらかのサイトを選ぼうとはしません。一方、その動画がYouTubeにしか存在しなければ、ユーザーにはYouTubeを利用しなければいけない動機が生まれます。

つまり、この動機がなければ絶対にファンは付かないということです。上の例と同じように、サイトコンテンツにも自社にしかない情報が求められます。

良質なコンテンツを作成しているWebサイトは概要的な情報を好みません。概要的な情報とは、たとえば「A社からBという製品が発売された」など、誰がみても内容にブレがない絶対的な情報のことです。

つまり、誰が書いても同じような記事に仕上がる情報を指します。概要的な情報だけで構成されたコンテンツは他社との同質化を招きます。

そこでB商品を使った感想を書いてみたり、Bという製品が発売されたことにより市場にどのような影響が与えられたかなど、独自の考えを伝えます。こうした書き手の感想や考えは、書き手の中にしか存在しない情報なので、他社とは絶対にかぶらないコンテンツが生まれるわけです。

こうしてユーザーは自社独自の強みを発見でき、それを繰り返すことによって潜在顧客が常連顧客(ファン)へと生まれ変わります。

攻守のマーケティングを意識する

攻守のマーケティングとは、自発的なコンテンツと受け身のコンテンツをうまく組み合わせて使うことです。

基本的に、コンテンツSEOは受け身のマーケティングに分類されます。コンテンツの質を高めユーザーの流入を目的としますが、ユーザーの興味や関心があって始めてWebページへの導線が成り立ちます。情報は提供しているものの、ユーザーの反応を待つという点で受け身に属します。

一方、自発的なコンテンツとは、コンテンツマーケティングにおける見込顧客を常連顧客へと変える部分にあたります。こちらからユーザーに向けて積極的に情報発信を行い、最終的な売上へと繋がるユーザーの行動を促すのです。

受け身のコンテンツを作る方法は、WordPressなどで制作したWebページにコンテンツを投稿していきます。良質なコンテンツを量産していくことで、ユーザーの目に触れる機会を増やしましょう。

自発的なコンテンツにはメルマガやSNSが役立ちます。作成したコンテンツを告知したり、Webページのコンテンツだけでは伝えられなかった貴重な情報を発信していきます。

このように攻めと守り、両方のマーケティングを徹底して行うことで、潜在顧客を常連顧客(ファン)へと変えていくことができるでしょう。

ユーザー利益を意識させる

ファンを獲得するには、コンテンツに触れることでユーザーにとっても利益があることを意識させなければいけません。Webコンテンツの多くはユーザーの悩みを解決するために作られており、ユーザーはその情報を得ることで悩み解決という利益を手にします。しかし、悩み解決という利益は、ユーザーにとっては体感しづらいのが現実です。

そのため、ユーザーが強く実感できるような、印象に残る利益を提供しなければならないでしょう。

ユーザーの利益を見える化し成功をおさめた事例はネスカフェが代表的です。ネスカフェは、ユーザーにとって嬉しいと思える様々なサービスを提供することで、10万人のファンを獲得することに成功しています。

ネスカフェにとって重要なことは、自社サイトで会員登録を行ってもらい、その後にコーヒーメーカーなどの機器を購入してもらうことです。コンバージョンに至るには、この会員登録が重要な導線の一部になっています。

そこで、ユーザーには会員登録など複数の条件を満たしてもらうことで、行動を行ってくれた方に機器の導入費用を無料にしたり、オプション料金の値下げなどを提供しました。この施策の成果は先に述べた通りですが、ネスカフェとユーザー双方にとって利益を享受できたことが成功の秘訣と言えるでしょう。