WEBブランディングLab

カテゴリー

SDGs(持続可能な開発目標)に対するマクドナルドの取り組み

SDGs

関連キーワード

マクドナルドは、SDGsの目標2「飢餓をゼロに」の4項目目「国2030年までに、持続可能な食糧生産システムを確保し、生産性および生産の向上につながるレジリエントな農業を実践することにより、生態系の保全、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水その他の災害への適応能力向上、および土地と土壌の質の漸進的改良を促す。」について以下の取り組みを実践する。

マクドナルドはサプライチェーンのあらゆる場面で、持続可能な農業生産をサポートする。
NPOのTechnoServeやSustainable Commodities Assistance Network(SCAN)と共同で、グアテマラと中米の1万3000人の農業従事者に、収穫量を増やしながらコーヒーをより持続可能に生産できるよう訓練を実施する。
この技術的なアシスタントにより、地域の経済を強化や小規模農家の生活の質の改善に貢献している。

マクドナルドは、SDGsの目標6「安全な水とトイレを世界中に」の4項目目「2030年までに、全セクターにおいて水の利用効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取および供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。」について以下の取り組みを実践する。

マクドナルドは、農業生産と環境のため水保護の重要性を理解している。
持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が開発したグローバルウォーターツールを用い、2万5000店舗の水効率を評価、改善のためのソリューションの立案に役立てている。
米国では、 定流量トイレや干ばつ耐性のある造園などいくつかの調整を紹介している。
オーストラリアの水不足対策として、雨水の利用や従業員の水利用についての教育などを実施している。

マクドナルドは、SDGsの目標6「安全な水とトイレを世界中に」のa項目目「2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、廃水処理、リサイクル・再利用技術など、開発途上国における水と衛生分野での活動や計画を対象とした国際協力とキャパシティ・ビルディング支援を拡大する。」について以下の取り組みを実践する。

マクドナルドは、水不足が進行中のインドで運営方法の改善に取り組んでいる。
店舗の雨水は直接排水管を通って 沈殿タンクか沈降タンクに流れ、天然フィルターとして機能する砂利や砂、岩のチャージピットを通って地下水面に注がれる。
インドのマクドナルドは、店舗の屋根に降り注ぐ雨水の約50%の再利用に成功している。

マクドナルドは、SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」の4項目目「税制、賃金、社会保障政策をはじめとする政策を導入し、平等の拡大を漸進的に達成する。」について以下の取り組みを実践する。

マクドナルドは従業員への貢献を大切にし、彼らの待遇や教育に対するニーズが満たされているかの把握に力を入れる。
米国では、マクドナルドの従業員に賃金上昇や有休をオファーすることで福利厚生を充実させている。
国内10%の直営店の9万人の従業員が、その恩恵を受ける資格がある。また、教育イニシアチブ「Archways to Education」は直営店、フランチャイズ店の75万人を対象に、無料の高校修了プログラムや大学の学費の援助をオファーする。
さらに英語の非ネイティブには、無料の英語学習クラスを受ける機会を提供する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事