WEBブランディングLab

カテゴリー

SDGs(持続可能な開発目標)に対する Googleの取り組み

SDGs

関連キーワード

Googleは、SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の3項目目「2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。」について以下の取り組みを実践する。

Googleは長年にわたり、アジア太平洋地域の教育機関に無料のGoogleアプリアカウントを提供してきた。
例えば、東部・南部アジアと太平洋エリアを管轄する地域インターネットレジストリ (RIR)の アジア・パシフィック・ネットワーク・インフォメーション・センター(APNIC)に、無料でGoogleアプリとYouTubeライムを無料提供している。
タイでは政府とパートナーシップを結び、国内の教育機関に技術を広める活動をしている。さらに移行プロセスを容易にするため、テクニカルワークショップや教師への指導をオファーする。
2013年にマレーシアでは1000万人の生徒、親、教師がGoogleアプリを、初等中等教育機関がノートパソコンのChromebookを受け取った。
このような活動はマレーシアの教育改革を支援するために行われており、高度なテクノロジーツールを提供することで学習プロセスを効率化し、国の発展を後押しする。

Googleは、SDGsの目標8「働きがいも経済成長も」の2項目目「高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。」について以下の取り組みを実践する。

国の成長には、発展地域の中小企業(SMEs)が決定的な役割を担う。
巨大な国際企業はそのようなSMEsが必要としているリソースを提供することで、成長を後押しできる。Googleはローカルビジネスを支援し、オンラインでのプレゼンスを高めることで売り上げ向上に貢献する。
例えばインドでは、モバイルアプリ「Googleマイビジネス」を提供する。
アプリはビジネスコンテンツの作成と管理ツールを無料で提供し、ヒンズー語、英語に対応する。

Googleは、SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」のc項目目「後発開発途上国において情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネット・アクセスを提供できるよう図る。」について以下の取り組みを実践する。

Googleは、官民、NPO一体の手頃な価格のインターネットのためのアライアンス( Alliance for Affordable Internet)のスポンサー。
同団体のメンバーにはエリクソン、Facebook、Intel、Microsoft、Yahooが参加し、国連のブロードバンド委員会が設定するインターネットのブロードバンドサービスの料金を月収の5%以下にする目標達成を目指す。目標達成のため、ナイジェリア、ガーナ、モザンビーク、ドミニカ共和国、ミャンマーにおいてさまざまなステークホルダーと協力し、政府との関係の構築やアフォーダビリティレポートの発行を実施している。

Googleは、SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の6項目目「科学、技術、およびイノベーションに関する北南協力、南南協力および地域的・国際的な三角協力を強化するとともにこれらへのアクセスを向上する。また、国連レベルをはじめとする既存のメカニズム間の調整改善や、グローバルな技術促進メカニズムなどを通じて、相互に合意した条件において知識共有を進める。」について以下の取り組みを実践する。

Googleは、インターネットガバナンスの問題に関する政策対話のためのインターネットガバナンスフォーラム(IGF)を強力にサポートする。
IGFは民主的で透明なプロセスを支持し、官民セクターからの参加を歓迎している。
GoogleはTides Foundationを通じFriends of the IGF Fundを設立し、IntelやFacebookなどから支援を集めている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事