WEBブランディングLab

カテゴリー

SDGs(持続可能な開発目標)に対するコカ・コーラの取り組み

SDGs

関連キーワード

コカ・コーラは、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」の4項目目「2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。」について以下の取り組みを実践する。

コカ・コーラは、ビジネスを展開するすべての国においてフィジカルアクティビティプログラムを支援し、人々の身体的活動を促進している。
2014年には約125カ国で、330以上のプログラムをサポートした。2020年までに、地域ベースのプログラムを支援することで300万人の運動促進を目指す。

8項目目「すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。」については以下の取り組みを実践する。

コカ・コーラは2010年、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と協力して、ビジネスの知見を活かし必要な人たちに医薬品を供給する能力を最大化する活動を開始した。
そんな「ラストマイル・プロジェクト」を通じ、コカ・コーラは物流、サプライチェーン、マーケティングの経験を活かし、アフリカの国々に持続的な方法でヘルスシステムを改善する手助けをしている。このようなパートナーシップから、政府機関は効率的な医薬品の流通、市場と需要の開拓、保管の方法などを学んでいる。
ラストマイル・プロジェクトの成功には、官民との密接なコラボレーションが欠かせない。

SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の5項目目「政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。」については以下の取り組みを実践する。

コカ・コーラは、2020年までにグローバルなバリューチェーンにおいて、500万人の女性の経済的エンパワーメント活用を支援することを目指す。
「5by20」と呼ばれるこの取り組みは、2010年にはじまった。2018年までに5by20は、世界92カ国で86万5787人の女性を支援している。
コカ・コーラは5by20の取り組みを、ビジネス、政府、シビル・ソサエティの垣根を超えて実践している。

SDGsの目標6「安全な水とトイレを世界中に」の4項目目「2030年までに、全セクターにおいて水の利用効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取および供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。」については以下の取り組みを実践する。

コカ・コーラは、2020年までに製品の製造に使用する量と同等量の水をすべてコミュニティと自然に還元する目標を掲げる。
2005年から2013年の間、コカ・コーラは100以上の国で509のコミュニティにおいてウオーターパートナーシッププロジェクトを締結し、政府や民間、コミュニティ、シビル・ソサエティと強力に連携することで製造に使用した水の68%を還元することに成功した。
さらにグローバルなパートナーシップにより、水還元プロジェクトに3億ドル以上の投資を集めている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SDGsのおすすめ記事