WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナのeコマースの売上動向

ブランディング

関連キーワード

コロナウイルスのパンデミックは、イベントや休暇からマーケティングカレンダー、収益予測に至るまで、過去数か月の間に世界中を混乱させました。

アメリカのマーケティング会社、ShipBobの情報から発表されたアフターコロナの興味深いeコマース情報は次のとおりです。
・ベビー用品の販売はオンラインで急増しており、2020年3月30日の時点で、毎週237%の増加と、驚異的な増加を記録しています。
・食品および飲料の eコマースは、ほぼ26%の増加です。やや混合した結果で、おもちゃとゲームは54%減少しています。
・アパレル、ジュエリー、およびエレクトロニクスは、すべてダウンしています。
eコマース参入を受け入れていなかった高級ブランドが市場にマイナスの影響を与える可能性があると言われています。

eコマースとコロナウイルスのインパクト

eコマースは、ソーシャルディスタンスが必要であり店頭が閉鎖されている日常に不可欠であることは間違いありません。
しかし、一部の消費者は、注文とビジネスが失われた結果、仕事が少ないかまったくなく、経済学者は米国の失業率が32%に達すると予測しています。そのほかの国々では、世界的な経済の不確実性のために、支出を引き締めています。

コロナウイルスがオンライン販売の成長率全体に及ぼす影響を完全に予測することは困難ですが、結果が全体的に一貫していないことは確かです。
それはニッチマーケット、変化する買い物客の行動、そしてとりわけ社会がソーシャルディスタンスを求められる時間がどれだけ長いかにかかっています。

それではアフターコロナの最近のeコマース傾向のいくつかを見てみましょう。

1.オンラインショッピングの流入。

ソーシャルディスタンスのガイドラインへの準拠と実店舗の閉鎖処理で、顧客はeコマースを良く利用しているようです。Listrakは米国が緊急事態宣言して以来、eコマース収益が40%増加したと報告しています。
一部の業種の売上高は上昇しており、製品不足につながることさえありますが、全ての業種には当てはまりません。
米国の一部の州では、日常生活に不要な店舗の強制閉鎖が先週実施されました。これにより、一部の業種ではeコマースが増加する可能性があります。

2. eコマースの配信とサプライチェーンの問題。

需要の増加はあるものの、供給がそれを満たすことができないという懸念が発生しています。コロナウイルスの発生の初期の中国で始まったサプライチェーンの混乱は、在庫と配達の問題を浮き彫りにしました。

中国が回復し始めて、正常に戻る可能性があるという兆候は良好です。
しかし、米国のeコマースビジネスの場合、価格変動が落ち着く前に、まだ対処する必要のあるサプライチェーン上の課題があります。

3. eコマース注文の一時停止

自粛生活中の自宅からの注文の増加により、一部の必須でない製品の興味が低下し、その業態のeコマースの状況がさらに複雑になっています。
ヴィクトリアズシークレットとリフォーメーションは、現在も蔓延しているコロナウイルスのため、この時点で両方のeコマースオペレーションを停止しています。

4. Amazonは、必須ではないアイテムの出荷を凍結します。

医薬品や家庭用品などの必要性の高まる需要を満たすために、Amazonは3月23日に、これらの種類の製品を倉庫へ出荷することを優先させると決定しました。
そのほかの製品カテゴリーには 、ベビー用品、健康と家庭用品、美容とパーソナルケア、食料品、ペット用品などがあります。

これにより、ほかの商品の発送が最大1か月遅れます。
アマゾンの広報担当者によると、物流の抑制を緩和し、安全な従業員維持に向けた取り組みを強化しています。これによりAmazonのサードパーティ販売者は特に大きな打撃を受けます。
「必須」と見なされたカテゴリー以外の製品を持つ販売者は、Amazonの一部のサービスを使用できません。

5.オンラインストアは多様化する製品で溢れる

急速に変化する消費者のライフスタイルと買い物習慣に直面して、企業は今日の状況で競争力を維持するために迅速に対応する必要性を感じています。
一部のeコマース販売者は、消費者の需要を満たすために、石鹸やそのほかの衛生製品、医薬品、またはさまざまなDIYまたはセルフケア関連製品を追加しています。
また、配送モデルを変更して集荷したり、商品やサービスのデジタルバージョンを提供したりして 、配送と梱包・発送業務を完全に回避する必要が出てきています。

6.オンラインでの食料品購入の増加。

ソーシャルディスタンスを整備する面倒、頻繁な在庫不足により、人々は食料品店にいら立ちを覚えています。オンラインの食料品配達サービスは活況を呈しており、以前の多数派の人口統計の外でも新しい顧客を獲得しています。

2020年3月中旬の調査では、アンケートを受けた人の3分の1が過去7日間に食料品のニーズにオンライン集配サービスを利用しており、41%が初めてそのサービスを利用していたことがわかりました。

7.コロナウイルス関連のeコマースストアの増加。

BigCommerceやShopifyなどのSaaS型のeコマースプラットフォームの台頭により、オンライン販売への参入障壁が低下しました。
これは、顧客に高品質の製品を提供している小売業者にとって好ましいことです。

但し残念ながら、コロナウイルスの台頭により、一部の売り手は医療専門家によって根拠がなく、根拠のない製品をウイルスから保護または治療できると主張し販売を始めているという現状も発生しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事