WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナの今、買い物客を変える5つの戦略

ブランディング

関連キーワード

顧客が企業にとって最も価値のある資産であることは間違いありません。顧客の獲得と維持は簡単なことではないこともよく知られています。
アフターコロナでこれらの資産を失うと、仕事はさらに難しくなります。

このブログ投稿では、アフターコロナで消費者を変えるのに役立つ5つの戦略について説明します。

1.レビューを収集し、受動的な顧客をプロモーターに変える

おそらく、アフターコロナでビジネスのためにあなたができる最も重要なことは、売上を増やすことです。そして、常連客を生み出し、育成することは間違いなくあなたを助けます。

多くの企業は、顧客の愛着度と満足度を測定するために、顧客のフィードバックをチェックしています。
ブランドが使用する最も一般的な方法の1つは、感情分析、つまり 顧客の反応を分析、解釈、およびポジティブ、ネガティブ、ニュートラルとして分類する自動化されたプロセスです。

顧客のフィードバックを分析することで、ブランドは顧客を後で「批判者」、「受動者」、および「プロモーター」の3つのカテゴリに分類できます。

「批判者」は否定的な口コミを広めることでビジネスに害を及ぼす可能性がありますが、「プロモーター」はブランドを促進することができます。
「受動者」は中立です。彼らは真ん中にいます。彼らはビジネスやブランドのイメージにリスクを負わず、フォローアップは良い結果をもたらす大きな可能性を秘めています。

消費者レビューを監視および理解することで、ブランドは顧客の体験と態度に対する貴重な洞察を得ることができ、偽りのない「受動者」をアクティブで忠実な「プロモーター」に変えることができます。

見つけた情報に基づいて、顧客が見逃した機能を識別したり、製品やサービスを有利に利用する方法を示したり、ニーズや要望に合わせてブランドを改善する計画を伝えることができます。

このような複雑な時代でも、十分な情報に基づいたデータ駆動型のフォローアップにより顧客は耳を傾け、ブランドとの関わりを促し、アイドル状態の「受動者」からアクティブな「プロモーター」に変えることができます。

2.在庫があり、需要があるアイテムを宣伝するためにWebサイトを調整する

ブランドが消費者を引きつけるもう1つの主要な方法は、更新されたWebサイトです。ただし、優れたWebサイトが企業の販売サイクルにもたらす明らかな利点については触れていません。

コロナウイルスの蔓延は、特に供給と在庫の管理に関して、新たな課題をもたらしました。

世界中の国のリーダーは、社会に距離を置くように市民に指示し、都市全体を封鎖し、学校を閉鎖しました。
そのため、世界中の消費者はショッピング習慣を変える必要があり、より多くの人々がオンラインショッピングおよびデリバリーサービスを利用するようになっています。

しかし、実際にはサプライヤーは需要に追いつくのに苦労しているようです。Amazonのようなeコマースの巨人でさえもそうです。

これらのサプライチェーンの問題は、中国の工場が靴や衣服から化粧品や電子機器に至るまで、ほぼすべての製造を担当しているという事実が原因である可能性が高いです。

アメリカの企業が中国の工場について改善できることはあまりないので、次善の策は、まだ在庫があり需要が高いアイテムを確実に宣伝することです。

利用可能で需要の高い製品に焦点を当てたマーケティングを推進および最適化することで、消費者をあなたのビジネスに引き付け、彼らのブランドへの関心と関係を高めます。
人々は直接的なアプローチを評価し、切望されたアイテムや製品に簡単にたどり着けるようにします。

3、コロナウイルスの影響を認識する初めての買い物客のための歓迎プログラムの利用

ウェルカムプログラムは、新しいオンラインストアの申込者にウェルカムメールを自動的に送信するメールマーケティングツールです。

ウェルカムメールは通常、一連のメールの一部であり、多くの場合、ブランドと顧客との最初のコミュニケーションです。
これらの電子メールは、サブスクリプション(一定期間サービスを使う権利)の確認または購入後の電子メールからのものです。

ウェルカムメールは、新しい顧客との付き合い方のトーンを調整します。
歓迎レセプションであるだけでなく、ウェルカムメールは、初期購入の確保、顧客への期待の醸成、他のチャネル(ソーシャルメディアなど)でのブランドとのつながりを促進、強力で注目に値する第一印象づくりなど、さまざまな目標に役立ちます。

今日、コロナウイルスが世界中に広がるにつれて、消費者と企業の両方が購買行動を劇的に変えることが余儀なくされています。
人々は自分の健康だけでなく、仕事や貯蓄を恐れて心配しています。これらの財務上の懸念により、感情的および経済的に大きな変化が生じています。

アフターコロナを乗り切るために、企業は顧客が直面する前例のない状況に同情と共感を示す必要があります。

ハーバードビジネスレビューによると、顧客はサービスや製品を提供するための内部事情に感謝を示しています。
この状況をどのように処理しているかについて新しい顧客の心理を想像することは、消費者の信頼と愛着を生み出します。
ですから、現在の危機のリスクと困難を処理するためにあなたの事業の実施手順を伝え、それを説明することを恐れないでください。

4.店舗が閉鎖されているため、オンライン購入ポリシーを改訂する

前述のとおり人々は最近家にいます。それだけでなく、彼らは買い物に行くとき社会的距離を保つ習慣を維持するように指示されます。
したがって、企業はそれに対応する必要がありました。

消費者と従業員の両方がコロナウイルスにさらされる可能性を制限するために、ますます多くの企業が、休日の買い物中の顧客管理に役立つためのテクノロジーを使用しています。

USATodayによると、2020年2月下旬から3月下旬にかけて、店頭での購入や店頭での集荷管理の実践に対応する店舗の需要が87%増加しました。

これらの方法を組み入れ、消費者に知らせることは、人々をあなたのビジネスに引き付けるでしょう。
同様に彼らがあなたのサービスを使用したり、あなたの製品を手に入れたりすることが安全であることを知るということは、あなたのブランドを既存顧客および潜在的な新規顧客にとって非常に魅力的なものにします。

5.ウェブサイトを保護する

驚くかもしれませんが、不快な健康上の問題を引き起こしているコロナウイルスは、その一方でサイバーセキュリティに影響を与えているようです。
ハッカーとサイバー犯罪者はこの世界的危機に乗じて、オンライン会議やファイナンスからバーチャルトレーニングやショッピングに至るまで、インターネットに転送されるアクティビティが増えるにつれ、新たな攻撃を頻繁に展開しています。

さらに、リモート作業への移行に伴い、企業は安全性の低いデバイスを使用し、セキュリティ管理を緩和し、自分自身とその顧客をより大きなリスクにさらしています。
たとえば、オンライントラフィックの増加に対応しようとしているブランドは、外部委託ツールに依存している可能性があり、機密データが漏洩する可能性があります。

すなわち、あなたは今まで以上に自分のウェブサイトが安全であることを確認する必要があるということを意味します。
サイトのセキュリティを向上させるために実行できるいくつかの基本的な手順があります。

パスワードマネージャーを使用して強力なパスワードを作成し、2要素認証(2FA)を取得するか、信頼性の高いVPNサービスを使用します。

6.結論

ほかのすべてのビジネスのように、困難で騒然とした時代では保証はありません。

ただし、顧客をよりよく理解し、コミュニケーションを図り、サービスを提供するために最善を尽くすことはできます。
上記の戦略の1つまたはいくつかを実行してください。
コロナウイルスでさえあなたとあなたの常連客との関係を邪魔することはありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事