WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナでアメリカの企業が事業再開を顧客に伝えた7つの事例

ブランディング

関連キーワード

米国中の多くの企業が、顧客と労働者をパンデミックから安全に保つための新しい日常を再開しています。
ここでは、企業が顧客とコミュニケーションをとる方法の7つの例をご紹介します。

新型コロナウイルスの懸念が続く間、多くの州がビジネスの再開を許可しているため、企業は安全に再開するためのさまざまな戦略を実施しています。
安全な再開のための準備に時間を費やした後、彼らは衛生の強化、マスクを着用する、お互い接触しないように気をつける、体温を計るなど生活様式の変更を行いました。

大企業と中小企業の両方が、顧客の安全を確保するために事業を再開するについて必要な変更点について顧客の事を考えて行った7つの方法を次に示します。

アップル

世界最大の企業の1つであるApple は、新型コロナウイルスの大流行の初めに、ほとんどの小売店を閉鎖しました。
現在、同社は米国で100を超える店舗を再開し、顧客に直接サービスを提供していますが、人々の安全を守るための変更が加えられています。
Apple は発表のなかで、ほとんどの店舗が入り口での体温チェック、限定箇所における「人出の多い場所での商品陳列」の仕方を意識して洗浄方法を改善したと発表しました。
さらに同社は、顧客と労働者の両方がフェイスカバーを着用する必要があり、顧客がマスクを着用していない顧客にはマスクが提供されると述べています。

CycleBarビーチウッド

一部のフィットネスセンターでは社会的に距離を保つことが難しいため、再開するジムは当然のことながら精査されています。
クリーブランド郊外にある屋内サイクリングスタジオであるCycleBar Beachwoodは、営業再開時に顧客の安全と清潔に対処するための多くの変更を行いました。ジムは館内の自転車を50から22に削減し、フロントデスクのチェックインをモバイルアプリに移行し、UVライトを使用して空気の粒子をきれいにする3つのハイエンドの空気ろ過ユニットを設置しました。
また、細菌を感染させる可能性のある差し入れの新鮮な果物や洗面用品をジムから撤去しました。

グッドウィル オブ ザ ハートランド

多くのリサイクルショップがコロナウイルスのパンデミック中に一時的に閉鎖されましたが、Goodwill of the Heartlandは最近、イリノイ州にある3店舗の再開計画を発表しました。同社は2段階で再開させると言っています。
最初は寄付の受け入れのみで、そして次は通常の店での買い物で。顧客と労働者の安全を保つために、非接触寄付のドロップオフを行います。売り場で処理する前にすべての寄付された品を72時間隔離します。また、買い物客と労働者にフェイスマスクを義務付け、脱衣所の閉鎖、設置などの変更を採用します。またレジなどでの新しいプレキシガラスの障壁も設置します。

ヒューストン動物園

Houston Zooには6000匹以上の動物が生息しており、年間平均200万人を超える観光客が訪れます。動物園はとても人気があるので、コロナウイルスの混乱の間、顧客を安全に保つために、その経験を再構築する必要がありました。
それは、オンライン予約の要求、入場制限、非接触型取引の追加、家族が従う一方通行の観覧ルートの作成などの詳細なポリシーを発表したことです。
すべての動物園のスタッフがマスクを着用する必要がありますが、ゲストはマスクを着用することを「強くお勧めします」というにとどまっています。

マクソーリーズオールドエールハウス

ソーシャルメディアに先ごろ「ニューヨークで最も古い飲酒施設の1つであるMcSorleys Old Ale House」が「私たちの166年の歴史の中で最も長い期間閉店」した後、最近再開されたと発表されました。
そのバーは、「商業的で社会的な生活をおくり、慣れ親しんだ東7丁目街区に戻したい」と述べました。McSorleysは、お客様に飲食物を提供しますが、従業員および生産者は、新しい手指消毒剤ディスペンサーを使い、マスクを着用するなどの注目すべき安全対策を行っています。

セントスペリエステートヴィンヤーズ&ワイナリー

全国のワイナリーは新型コロナウイルスの制限に大打撃を受けているため、カリフォルニア州ナパバレーのSt. Supery Estate Vineyards & Wineryのような企業にとって、再開はとてもエキサイティングなことです。
CEOのEmma Swain はCNBCに、テイスティングは社会的に遠ざかり、マスクが必要となり、ワインは使い捨てのグラスに注がれることになったと語りました。「ほとんどすべての試飲は屋外で行われます」とスウェインは言っています。
「しかし、あなたはまだ恵まれています。あなたがワインを飲むとき以外はマスクを着用するようにお願いするでしょう。しかし私たちはチームに常にマスクを着用させるつもりなので、ワインを飲むことさえできません。」

トープス ヘアカッツ アンド カラー

ウィスコンシン州マディソンで人気の独立系ヘアサロン、Thorps Haircuts&Colorは、顧客とスタイリストを安全に保つために、郡の措置に従いましたが、すぐに再開すると発表しました。
同社は、サロンのフロアで一度に「スタイリスト5人まで」の営業を許可し、非接触型決済のみを受け入れ、クライアントにモバイルアプリ経由で自分自身をチェックさせ、顧客と労働者の両方にマスクを着用させると述べています。
「私たちはグループで、私たちが作業しているときは全員マスクを着用し、クライアントもマスクを着用してもらうことに決定しました。」とソープスのオーナー、リズ・グリンはキャピタルタイムズに語りました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事