WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナで安全にビジネスを再開するための4つのステップ

ブランディング

関連キーワード

外出禁止令を解除し始めたら、ビジネスを安全に再開するためにあなたが知っておくべきことはなんでしょう。

コロナウイルスによるパンデミックの真っ只中に、多くの国が外出禁止を緩和し、重要事項ではないビジネスの再開を決定し始めました。
事業主にとって、これは、消費者がゆっくりと「通常の」生活を再開し始めるにつれて、ソーシャルディスタンスやマスクの着用、店舗の混雑を避けるという「新しい世界」に消費者を誘導することを意味します。

多くのビジネスにとって、ビジネスに戻るための鍵は、従業員と顧客の両方の健康と安全を明確かつ実証可能な方法で優先することです。
あなたとスタッフは、国や自治体によって制定された新しい健康ガイドラインを厳守し、実行し、それらを常連客に効果的に伝える必要があります。

あなたがビジネス再開の準備をしているなら、顧客基盤と信頼を築きながら安全に業務を再開することについてもっと知る必要があります。

緊急事態解除に向けて職場を準備する

Centers for Disease Control and Prevention(CDC)によって定められたソーシャルディスタンスに関するガイドラインでは、可能な限り、個人間に少なくとも6フィート(約2メートル)のスペースが必要です。
これは、店舗やオフィスに物理的な障壁を設置し、レイアウトを変更してワークステーション間のスペースを増やし、共有スペースを閉じ、シフトと休憩をずらして不要なやり取りを最小限に抑えることを意味します。

ProGloveの社長(北米)とグローバルCMOであるTracy Hansen 氏は、同社の製造事業における調整は当初不自然さをぬぐえませんでしたが、今やチームは安全に協力し、新しい社会的距離を隔てる習慣を築くことに尽力しました。

ハンセン氏は、「労働者は他のエリアへの立ち入りを禁止されている」と述べました。
「私たちは、厳格な手洗い、マスクとアウターウェアの適切な着用方法、追加の器具の消毒に関する短いトレーニングセッションを繰り返しました。身に着けるものを習慣的に思い出させるのに数日かかりましたが、今は慣れてきています。」

健康状態を監視するための従業員ウェルネス計画を作成する

特定の産業に関する国のガイドラインはコロナウイルスの進化に伴って日々変化していると、ゼロアワーヘルスのCOHでありゼディックの作成者であるRoslyn Stone氏は述べています。

公衆衛生組織は、リモートで事業運用できる企業がウイルスの蔓延を緩和するために、引き続きリモート運用することを推奨しています。
実際、アマゾンを含む多くの大企業は、リモートで仕事ができるすべての従業員のために、在宅勤務を2020年10月まで延長しています。
ただし、従業員がすぐに職場で再召集される場合を想定し、ストーン氏は次の項目をウェルネス計画に含めるようにアドバイスしました。

・従業員の個人用保護具(PPE)またはマスクの着用
・職場に入る際の体温チェック
・毎日の健康チェック
・労働者のための雇用主主導のコロナウイルステスト

物理的アイテムの販売を取り扱うための安全対策を実施する

現在、一部地域では近隣での集荷のみを許可している場合、安全対策が義務化されていない小売店が全国に広がっています。
カーソンストガコミュニケーションズの代表、スーザン・ストガは、パンデミックの発生時に、顧客の集荷注文に特定の健康安全対策を実装したレストラン業界からヒントを得るべきだと述べました。
これは優れた実用的な公衆衛生戦略であるだけでなく、顧客があなたの店で買い物をすることに自信を持つのに役立ちます。

あなたのビジネスが物理的なアイテムを顧客に販売している場合、人から人への接触を最小限に抑えるためにできるいくつかのことを次に示します。

・支払いオプションをキャッシュレス方式に制限します。
・店舗入口に「ピックアップラック」を設置。
・安全シールをバッグに貼ります。

計画を従業員や顧客に明確に伝える

ビジネス再開のための健康と安全の計画が整ったら、コロナ関連のリスクを軽減する上でのスタッフと顧客の役割を確実に理解するための明確なコミュニケーション戦略が必要です。

「コミュニケーションは重要です」とProGloveの社長Tracy Hansen 氏は米国商工会議所に語りました。
「ニュースと従業員の質問の中には非常に不確実性があるため、私たちはさらにコミュニケーションをとっています。新しいものを共有するために私たちのチームと毎日短い集まりを開催することは本当に役に立ちました。」

再開計画について顧客に伝えるときは、すべてのチャネルにわたって統一されたメッセージを用意し、店内および通常のタッチポイントを通じてそのメッセージを繰り返し伝えます。最も重要なのは、情報を更新し、フィードバックすることに留意し、それに応じて運用を調整する準備をすることです。

「私たちはどんな懸念にも耳を傾ける準備ができているということを強調したい」とハンセンは言いました。
「企業と従業員と顧客の間で、双方向チャネルを開いておくことが非常に重要です。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事