WEBブランディングLab

カテゴリー

アフターコロナを考えて自粛期間中の顧客とつながりを保つ

ブランディング

関連キーワード

あなたの顧客はコロナウイルスに対し自粛を続けているのかもしれません。しかしそれは、あなたが顧客との接点を維持できず、優れたサービスを提供し続けることができないということではありません。

過去数週間にわたって、消費者はコロナウイルスについてパニックになっています。
店舗の棚には、トイレットペーパーや手指消毒剤などの商品が依然不足しています。学校は閉鎖されており、オフィスは在宅勤務を従業員に求めており、フットワークに依存する中小企業は、店頭での売り上げに打撃を受けています。

常連客の減少に気づく事業主はあなた一人ではありません。アメリカでは、NFIB Research Centerによると、中小企業オーナーのほぼ4分の1は、コロナウイルスの発生が売り上げの低下(42%)、サプライチェーンの混乱(39%)、病気の従業員(4%)の形で悪影響を及ぼしていると述べています。
これがアメリカの現状です。しかし、デジタルの世界では、このパンデミックを介して顧客とのつながりを維持し、ビジネスを継続させるための多くの方法があります。

ここでは、自粛が継続するマーケットや公共の場所を避けている場合でも、視聴者の関与を維持し、集客を継続することを目指す実店舗向けのスマートな戦略をいくつか紹介します。

コロナウイルスの蔓延を防ぐためにあなたの会社が何をしているのかを顧客に知らせる

顧客にメールを送信し、店舗に看板を掲示し、彼らがあなたの店を訪れたときに彼らの健康を守るためにあなたができるすべてのことをしていることを彼らに宣言します。順守している洗浄、消毒、および衛生上のあらゆる努力を共有し、自己検疫を実施していることを知らせます。
営業時間を変更したり、店舗を完全に閉鎖したりする場合は、顧客にもそのことを知らせる必要があります。

ソーシャルメディアでの存在感を高める

顧客はすでにソーシャルメディアを利用していますが、最近では、ウイルスの最新の更新を取得するために、はるかに頻繁にチェックしています。
ウイルスについて具体的に投稿する場合でも、パニックから人々の心を奪うために軽くて肯定的なコンテンツを提供しようとする場合でも、投稿の頻度を増やして、ニュースフィードに確実に表示されるようにすると便利です。

eコマースの場を提供する

あなたのビジネスがすでにeコマースを提供している場合は、顧客がWebサイトでお気に入りの商品を引き続き購入できます。
顧客が家にいる間、オンラインショッピングを促進するためのクーポンや割引を提供すれば良いでしょう。

レストランやサロンなどの場合は、商品券のオンライン販売を検討することができます。顧客にサービス商品券を今すぐ購入するようにすすめます。
そうすれば、ウイルスの発生が鈍化し、自粛期間が終了したときに、顧客が戻ってきます。これはあなたの売上げを維持するのに役立ち、あなたの顧客に楽しみで刺激的なものを与え続けることができます。

製品の消毒の備蓄、手洗い場所を知らしめる

来店する顧客にとって、衛生管理を徹底し、ドアを通過するすべての人(顧客と従業員の両方)がコロナウイルスの蔓延を防止するための推奨事項に従うよう奨励することが重要です。(アメリカでは米国疾病対策予防センターの推奨事項を遵守)

店舗に顧客用のトイレがある場合は、見やすい位置に政府が示した手洗いなどのガイダンスを書いたお知らせボードを掲示します。
そうでない場合は、顧客と従業員が使用できるように、店舗の入り口近くに手の消毒剤を設置することをお勧めします。

デジタルチャネルを通じて顧客にサービスを提供することに重点を置く

あなたはすでに顧客に電話や電子メールなどでサポートを提供しているかもしれませんが、今こそ顧客サービス能力を高め、顧客がどこにいてもあなたとやり取りできるようにする時です。
Facebook Messenger、WhatsApp、そのほかのインスタントメッセージングプラットフォームを介してチャットするオプションを提供できるので、ソーシャルメディアが出発点として最適です。
SkypeまたはFaceTimeを介してビデオ会議オプションを提供することもできるので、顧客は実際に直接会うことなく、その「対面」の感覚を得ることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ブランディングのおすすめ記事