成功するための包括的な検索順位アプローチ

SEO

有料検索とオーガニック検索をカバーする包括的な検索戦略が、マーケティングに成功をもたらす。
マーケッターはよりスマートになり、データに基づいた決定による効率的なアプローチが可能になる。
ブランドがマーケティング支出のROI(投資対効果)最大化を求める傾向が強くなっている。
そんな状況の中、包括的な検索戦略への注目が集まっているが、実践している企業の少なさに驚く。包括的な戦略キャンペーンは、次の3つの理由からマーケテイングの中心を担う必要がある。

・有料検索とオーガニック検索は、同じコンシューマーをターゲットにする
・包括的戦略とプランは、ストレートな実践が可能
・パフォーマンスを最大化し、効率を高める

ひとつの購買ファネルとキーワードセットのシェア

コンシューマー、そして彼らの検索行動を理解することが、検索戦略の基本になる。
それができてマーケッターは、バイイングジャーニーの各ステップにおいて、コンシューマーの購買活動が求めている情報が何かを共通理解として共有できる。
またこのプロセスを経ることで、コンテンツにすべきトピックやテーマ、キーワードリストの作成が可能になる。

キーワードリサーチは、有料検索とオーガニック検索チャンネルで重複することが多く、別々に実践することで時間の無駄になるだけでなく、購買ファネルにおいてキーワードセットが多様化してしまう。
そのような状態を避けるため、包括的な戦略が必要になる。

クイックウィンのパフォーマンスインサイトをシェア

クロスチャンネルのインサイトは豊かなクイックウィンを提供し、高度なパフォーマンスを実現する。
有料/オーガニック検索キーワードは分析が必要で、次のエリアを探るために継続的な話し合いが重要になる。

トップパフォーマンスの広告コピー:クリックスルー率(CTR)を高めるために、どのような対処をすべきか?

キーワードパフォーマンス:有料/オーガニック検索で活かしきれていないトップパフォーマンスのキーワードはあるか?

ランディングページパフォーマンス:有料メディアとオーガニックランディングページにパフォーマンスの違いはあるか?トップコンバージョンのページから学べるものは?

コミュニケーションとプロセス

コミュニケーションとプロセスは、包括的な検索アプローチにとって非常に重要なファクターになる。
もし有料検索とオーガニック検索チームが十分なコラボレーション体制をとれず、定期的に話し合う機会を持てないとしたら、失敗の可能性は高まる。
一方、クリアなプロセスの下、両チームの協力による確実なキャッチアップとデータ分析が行われれば、検索戦略全体のパフォーマンスの向上は約束される。

包括的な検索戦略アプローチを実践することで、検索パフォーマンス全体を高められる。
有料検索とオーガニック検索のコラボレーションを促進し、ひとつのコンシューマーを中心とした計画プロセスと測定フレームワークを発展させることで、効率的なデータに基づいた決定ができるようになる。
だが最終的に、包括的アプローチで最も重要なのが、コミュニケーションを密にすることによるプロセスの共有化であることを覚えておいてほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事