ユーザーの意向がSEOにとって重要な理由

コンテンツマーケティング

かつての検索エンジンは、ロボット的でメカニカル、そして数学的だった。しかしGoogleアルゴリズムは、本当に求められている情報の提供にフォーカスするようになり、ユーザーの意向を考慮したコンテンツ作成で関連性を高めることが、SEOを改善する重要な仕事になった。

“ユーザーの意向”を、Googleで検索ワードを入力するときにユーザーの頭にあるもの。意向は購買が目的であったり、会社や個人とつながる情報だったりする。ユーザーを知ることなく製品を開発できないのと同じで、ターゲットオーディエンスが誰で、どのようにサポートできるのかを知ることなく、オンラインコンテンツを作るべきではない。

カスタマーとニーズの把握は、コンテンツの作成だけでなくブランドを際立たせるのに大いに役立つ。
ユーザーの意向をコンテンツマーケティングに活かすためのヒントを、これから紹介する。

さまざまなユーザーの意向を考える

ユーザーがオンラインで何かを検索する行為はシンプルなようにみえるが、実はさまざまなフォームで行われる。
自身のコンテンツのデジタル検索を評価した経験があれば、Googleのクエリは平等に作られていないと気付くはずだ。
実際にクエリの意図は、人やタイミングによって異なる。オンラインサーチにおけるユーザーの意向を、次の3つに分ける。

・トランスアクション:何かを買いたいユーザー
・ナビゲーション:特定のリソース、ページ、サイトを探しているユーザー
・インフォメーション:質問に対するトピックや答えの追加情報を求めるユーザー

これら3つのタイプ向けのコンテンツは、最低でも準備したい。
クエリのキーワードだけでも、どのタイプかが明らかになる。
例えば“フリースジャケット購入”と入力すれば、トランジションタイプのクエリであることは明白だ。“スミスゴーグルのレンズの交換方法”であれば、インフォメーションタイプのクエリの可能性が高い。

もし検索キーワードから、ユーザーの意向が分からなければ、自分自身でGoogleにキーワードを入力し、何が表示されるかを分析してもよいだろう。そのキーワードにおいて上位に表示されるコンテンツのタイプが、ユーザーが求めているものだろう。また、いくつかのクエリはマルチレイヤーのユーザーの意向が隠されていることも覚えておこう。

オーディエンスが誰で何を検索しているのかを知ることで、オンラインコンテンツを最適化できる。
そうすることで検索エンジンがあなたのコンテンツをユーザーにとって価値の高いものと認識し、ランキングが上昇する。
さらにオーディエンスへのビジビリティが高まり、理想的なSEOの好循環が生まれるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事