ブランドが取り入れるべきライブストリーミングビデオ

動画

近年、Periscopeなどのビデオライブストリーミングアプリの人気が高まっている。
そのため、Facebookをはじめとするソーシャルメディア大手が、同タイプのコンテンツの取り組みに注力している。
このトレンドは、未来のデジタルマーケティング戦略の主流になるのだろうか?

ソーシャルメディアとライブストリーミング

Brandedliveの調査によると、44%のビジネスが既に過去12カ月でビデオライブストリーミングに取り組んでいるという。今後、ビデオコンテンツが主要なトレンドになることは確実だが、ビデオの発信だけでは不十分なようだ。

スマートデバイスとソーシャルメディアプラットフォームが世界的に行き渡り、ソーシャルメディアのユーザー数は増えている。

例えば2015年に急成長したアプリMeerkatに続いて出てきたPeriscopeは、Twitterがサイトのユーザーエンゲージメントの向上をサポートするため買収した。
今ではTwitterにダイレクトに取り込まれ、ライブストリーミングプラットフォームとして、ビジネスや人々のストーリーをシェアする方法を変えている。
2015年といえば、Facebookがセレブリティ限定でライブストリーミングを開始した年になる。
Facebookは徐々に特定ユーザーに限定を解除し、現在はすべての認証ユーザーが利用できるようになっている。そして2016年、Facebookは通常のビデオより、ライブストリーミングビデオを優先するアルゴリズムを発表した。

一方Instagramは、2015年に特色のある機能を発表している。そのビジュアル志向のアプリは、Instagramユーザーが作成したイメージやビデオのキュレートコンテンツのビデオコレクションを提供する。新鮮でエキサイティングなコンテンツを発見する優れた機能だが、ライブストリーミングに対応していない。

だが、やはりビデオコンテンツでトップを走るのがYouTubeだ。
2015年3月、ビデオポスティングプラットフォームYouTubeがライブストリーミング機能を再搭載し、Eスポーツやゲーミングへのフォーカスにリニューアルした。さらに、Periscopeに対抗するためにアプリを開発しているという。
だが、ゲームコミュニティアプリTwitchに対抗できるまでに至っていない。最新のレポートでは、Twitchのユーザーは毎月、YouTubeのユーザーより2時間長く視聴している。

しかし、ビジネスにとってYouTubeの存在は大きい。
GoProビデオコンテンツはライブ配信ではないが、YouTubeの大量のオーディエンスのおかげで、高いビューワーエンゲージメントを獲得している。
ビジネスがライブストリーミングビデオに参入すべき理由は、やはりオーディエンスに特別なライブ体験を味わってもらえることだろう。
ワンクリックで会社の文化や製品、運営の息づかいを感じられ、オーディエンスとの親密度も増すはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

動画のおすすめ記事