ネガティブなフィードバックをポジティブな成長に変える方法

コンテンツマーケティング

マーケッターには、オーディエンスに拒否されたり、ネガティブな反応を返されたりする場面が必ずある。怒ったリーダーはコンテンツのアイデアを否定し、コメントで騒ぎ立てる。その結果、他の見込み顧客はライバル製品のサイトに逃げていく。ハードワークへのレスポンスがネガティブなものであれば、嫌な気持ちになるのは仕方がない。しかし、そのような状況でも強い気持ちで、コンテンツマーケティングの成功のためにコミットメントするにはどう対処すべきかをみていきたい。

オーディエンスとのコミュニケーションで、ネガティブなフィードバックを返される可能性がある50人のインフルエンサーとの会話から、そのような不運ではあるがリアルライフで必ず訪れる一場面や、インターネットのネガティブな面に対処する方法を探ってみた。

何かを学ぶ

エキスパートのアドバイスとして最も多かったのが、ネガティブなフィードバックから何かを学ぶことだ。Allboundのセールスマーケティング副社長Jen Spencer氏は最初のステップとして、フィードバックが利用価値のあるものがどうかを判断すべきだという。常に、物事のネガティブな面ばかり見ているコンシューマーがいるためだ。そして正当なネガティブフィードバックに対しては、あなたの行いを改善できるかを自問してみよう。

Velocity Partnersの共同創設者Doug Kessler氏は、マーケッターとしてネガティブなフィードバックにオープンな心で耳を傾ける重要性を説く。まずそのようなフィードバックに対するレスポンスとして感謝を表す必要がある。そして、相手が何を伝えたいのかを理解し、どのようにサポートできるかを検討しよう。現実として、あなたのコンテンツやメッセージのすべてが受け入れられることはない。コンシューマーとの間には、必ず意見の相違が生じる。

Veras Voice WorksのVera Jones氏は、次のように現状を説明する。「オーディエンスに受け入れられることを目標にすべきではなく、コンテンツの改善にフォーカスすべきだ。より良いものを目指す者が、常に勝者になる。オーディエンスに受け入れられることだけに注力すると、エモーションが不安定になりがちだ。一方、改善にフォーカスすることで、評価が安定してくる。改善をマインドセットと願望に据えることで、どんな情報でも受け入れられる余裕が生まれ、建設的な批判にオープンな心で応じられるようになる。その結果、コンテンツの改善とともに、あなた自身や製品、サービスの成長につながる」。

ネガティブなフィードバックは、あなたの評価を下げる可能性があると同時に、適切な対応をとることで、ポジティブな結果につなげることもできる。決して感情的、短絡的な行動をとらず、前向きに捉える余裕を持つことが大切な心構えだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事