ソーシャルメディアでコンテンツマーケティング戦略のジャンプスタートを

ソーシャルメディア

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアは、それぞれ独立しているように見える。だが、はたして本当にそうなのだろうか?

現在、世界のソーシャルメディアユーザーは20億人いる。高品質のコンテンツは、ソーシャルメディアに欠かせないが、ブランドのほとんどがソーシャルメディアをコンテンツマーケティングと切り離している。ブランドにとってコンテンツマーケティングが急務であれば、ソーシャルメディアを最大限活用すべきだ。最終目標は、あなたのコンテンツをできるだけ多くの目に触れさせることで、そのためにソーシャルメディアはリーチを拡大し、トラフィックを増加させるベストなツールになる。また、ブランドとオーディエンスをダイレクトにつなげ、オファーやライブアップデート、カスタマーサービスを提供できる。

ソーシャルメディアを活用し、ウェブサイトの認知度を高めるカギとなるのが、カスタマーにとって便利で関連性の高い素材を彼らが求めるタイミングで発信することだ。ソーシャルメディアの情報の流れは速いため、このタスクは思ったより難易度が高い。オーディエンスの目に触れる前に、流れの中に埋もれてしまうのは避けたい。では、コンテンツマーケティングにソーシャルメディアをどのように活用するかを見ていこう。

ソーシャルモニタリングがコンテンツを良くする

ソーシャルメディアマーケッターのプロは、リスニングを十分行ってからポスティングを開始する。ソーシャルリスティングを含むソーシャルモニタリングは、ターゲットオーディエンスが特定のトピックやマーケットについてどのように感じているのかを測る、優れた手法になる。

Facebookのユーザーは、毎日32億回の「いいね!」とコメントを生む。現在のトレンドを知るために、何に対し「いいね!」やコメントをつけているのかを知ることが、決定的に重要になる。すべてのソーシャルメディアプラットフォームで、あなたの産業についての発言をチェックするのは大変な作業だ。そこで、人々がどのような会話をし、何に興味を持っているかを教えてくれるツールを活用したい。

Brand watchは、ライバルを含めあなたのインダストリーにおいて、カスタマーやインフルエンサーがどんな会話をしているのか、データに基づいたインサイトを提供してくれる。
オーディエンスが最も疑問に思っていることや、心配事のソリューションとなるメッセージを発信することで注目を集めるポストが可能になる。
また、そこで得られた知識に基づき作成したコンテンツは、ターゲットオーディエンスに真の価値を提供する。例えばインダストリーブログの場合、ソーシャルインサイトを使い関連トピックスを決め、キャッチーなヘッドラインとともにビジターの目を引くコンテンツになるはずだ。

今後もソーシャルメディアを活かしたコンテンツ作成などを通じ、コンテンツマーケティングの効果を高める動きが加速するだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

ソーシャルメディアのおすすめ記事