SEOオーディットに活用したいChrome DevTools

SEO

SEO産業では幾多のSEOソフトウェアが活用されており、作業の単純化や自動化でSEO業者をサポートしている。その中でもフリーで入手でき使いやすいのが、Google ChromeのDevToolsだ。Google Chromeに組み込まれたウェブオーサリングとデバッキングツールで、ウェブページのSEOにおいて最も基本的で重要なオーディットを可能にする。

あらゆるケースでDevToolsは簡単に利用できるが、SEOアナリティクスアプリケーションとして気づき難い機能もある。Google Chromeで分析したいページがあるとして、実際にナビゲートしながらいくつかの機能を説明したい。

まずGoogle Chromeブラウザーの右上のコーナーにあるメニューから、More Tools>Developer Toolsを選択しDevToolsを開く。または、キーボードのショートカットCtrl+Shift+I(Windows)かCmd+Opt+I(Mac)、もしくは検索したいページエレメント上で右クリックしドロップダウンメニューから“Inspect”を選ぶ。

ページのメインコンテンツエレメントとレンダー済みJavaScriptをチェックする

Googleは現在、JavaScriptベースのコンテンツをクロール/インデックスできるが、常に完全とはいかない。
そのため、ページのメインコンテンツエレメントの検証が必要になる。
HTMLソースコードのレビューだけでなく、Googleが情報をどのようにレンダーし認識しているのかを見るため、DOM(ドキュメント・オブジェクト・モデル)のチェックは欠かせない。DOMはDevToolsの“Elements”パネルから直接見られる。
例えばタイトルやメタディスクリプション、ページテキストなどのコンテンツページエレメントをレビューするために利用でき、各ケースで希望の関連情報が表示されているかを検証し、Googleへのアクセシビリティを確認できる。

CSSの隠しコンテンツを見つける

Googleの“discounts”テキストコンテンツとして知られるCSS隠しコンテンツは、ページのHTMLソースコードに含まれるが、デフォルトではユーザーから隠されている。
隠しコンテンツを見るためには、タブやメニューオプションをクリックする必要がある。最も一般的な隠しテキストの方法は“display:name”か“visibility:hidden”プロパティとCSSの利用で、サイトページにこれらのメニューで隠されている情報がないか、ChromeのDevToolsでチェックすることを勧める。
他にもALTディスクリプションイメージの検証や、“no-indexation”の確認など、SEOオーディットに有効な機能をDevToolsは備えるので、有効利用することを勧めたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事