患者や医療従事者のためにヘルスケア産業への導入が進むIoT

IoT

関連キーワード

モノのインターネット

IoT(モノのインターネット)はここ数年で注目度が高まり、もはや新しいコンセプトではなくなった。
クラウドに接続されたデバイスがデータをモニタリングかストリーミングし、何かのイベントをトリガーに自動的に動作するのがIoTデバイスだ。

例えばガレージの自動シャッター。オーナーがリモートコントローラで開けるだけでなく、車が近づくと自動で開けることも可能だ。人を介することなくリアルタイムで特定のイベントに反応・報告してくれるIoTデバイスは、効率性、利便性、自動化を次のレベルまで引き上げる。

そのIoTテクノロジーが、医療従事者から熱い視線を浴びている。

医療関係者は、IoT技術がどのようにヘルスケア産業を改善できるかに強い興味を持っている。
IoT技術はホーム、衣類、車などへの導入が進むが、インダストリーへの本格的な導入の動きは遅い。
ヘルスケア産業は、2020年までにIoT市場は1170億ドルにのぼると予測され、ビジネスからも注目を集めている。
では、リアルタイムのコミュニケーションアプリケーションが、患者や医療従事者にどのようなインパクトを与えるのかをみていこう。

プレゼンスとジオロケーション

ヘルスケアIoTの中心的役割が、モビリティになる。
ジオロケーションのトラッキングによる医療チームの派遣は、生死に関わる重要な問題だ。
医師は研究室やクリニック、手術室間の頻繁な移動が求められる。リアルタイムジオロケーションで、プレゼンス機能のマッピングを組み合わせることで、モビリティのトラッキング、コーディネート、実施がより簡単になる。
また、ジオプロキシミティとリアルタイムのテキストメッセージにより、医師や患者とのアクセス頻度が高まることで、処置の質が向上し、ヘアチームとのコラボレーションも強化できる。

技術者

ヘルスケアなどのIoT関連の産業で扱われるデータは大量にあり、クラウドベースで保存される。
メディカルデバイスの技術者にとって、データは非常に重要なものになる。なぜか?それはインターネット接続機器においては、技術者は問題個所がどこなのかを瞬時に判断したり通知を受けることで、ダウンタイムを削減できるからだ。また患者の通院スケジュールシステムと同期し、データ分析をすることでスケジュールの変更などを自動でできるようになる。

メディカルIoTの進化は、チャレンジの連続である。IoT管理者と医師は、今でも仕事をしながらIoTモバイルデバイスを安定して使うために調整を続けている。
確かにいくつかの問題は残るが、クリニックや外科センターなどで、入院患者や手術管理などにIoTの活用は確実に進んでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

IoTのおすすめ記事