IoTの現実と理想のギャップを埋めるデジタルソリューション

IoT

関連キーワード

モノのインターネット

IoT(モノのインターネット)を取り巻く環境には、今でもミステリーや困惑といった感情が根強い。
特にインダストリーにおいては、なぜIoTが必要なのかに始まり、どのように導入すべきかなど、多くの質問が未解決なまま放置されているケースもある。
だが現実には、複数のインダストリーでIoT化は進んでおり、既にIoTとは無縁な産業はないような状態だ。特に公共サービス、交通機関、自動車、小売業がIoTソリューション導入で先行している。そして、街、農業、グローバル運輸が後に続く。

インダストリー間で抱える問題は違い、使用ケースやプロセスフロー、テクノロジーの採用はそれぞれのアプローチが必要になる。
テクノロジーソリューションの水平展開が難しくなってきているのだ。そのため多くのテクノロジー企業やサービスプロバイダーは、IoTプラットフォームやソリューションに特定の産業の要求を満たすために改良や変更を加えるなど、苦労を重ねてきた。そして多くのITや運用会社は、あるインダストリーで機能したものが、他の産業では全く役に立たないことがあることに気づき始めている。これがテクノロジーと理想のギャップで、運用会社はそのような‘アナログ問題’というチャレンジに直面することになる。

アナログ問題が発生する分野は具体的には、生産性、製造業のスループット管理、メンテナンスコスト、クライアントの現場での最適化、街の駐車場管理とトライバーのパフォーマンスなど多岐にわたる。
さらにテクノロジーサービス会社によるITや運用会社へのデジタルソリューションの売り込みも問題となる。新しいプラットフォームやデータアナリティクスツール、センサーハブなど包括的に売り込むことになるが、既にデータ収集ツールに事足りる企業は多い。だが、ほんの数%しか実際に活用できていない状況が問題であることに、どちらも気づいていないのだ。

あなたの産業における「アナログ」の問題を理解することが、IoTソリューションを採用するためのファーストステップになる。問題を明確にすることで、テクノロジーを用いたどのようなソリューションが効果があるのかを判断できる。そして初めて、製造でのインベントリーの削減、街の交通フローの改善、小売り店舗における平方フットの売り上げ向上など、現実と理想のギャップを埋めるIoTを含めた具体的なデジタルテクノロジーソリューションの適用が可能になる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

IoTのおすすめ記事