ハイパーローカルマーケティングの台頭:トップをキープするために

SEO

関連キーワード

Googleターゲティング

モバイルの成長は続き、ハイパーローカルの意図で検索するコンシューマーが増えている。Googleも現在、そのトレンドに応じた検索結果をフィードバックしているという。ローカルビジネスにとって、ハイパーローカルに最適化することで、売り上げ向上のチャンスが高まっている。

ローカル検索についてのトピックは、特に目新しいものではない。約10年前から、マーケッターはロケーションにおけるカスタマーのターゲティングの重要性について議論してきた。そしてハイパーローカル検索の台頭と、モバイルデバイスの成長を理由に、インダストリーで最も有望な成長エンジンとして育ってきている。

Googleトレンドによる2015年半ば以降の、“Near me”クエリの大幅な増加がそれを証明している。ハイパーローカルターゲティングや、カスタマーのロケーションに基づいた、あなたのエリア内に絞ったマーケティングは、見込み顧客の緊急のニーズに応えることで成功する可能性が高まる。ブランドはローカルカスタマー向けのコンテンツを理解することで、新たなマーケットの開拓が期待できる。

またGoogleは、人々をハイパーローカルの方向へ向かわせるサインを見せている。2016年、Barny Schwartz氏がGoogleマップ検索でオファーするページ数の、大幅な削減を報告した。
より詳細なエリアを、検索結果に反映するためだという。Googleはユーザーの正確なロケーションに基づくパーソナル化した検索結果により、ユーザー体験を高めようとしている。ハイパーローカルのトレンドに対応できないブランドは、オンラインや実際の来客において、大幅なトラフィックの落ち込みを経験することになるだろう。小売業者によると、オンラインと実際の店舗の82%のカスタマーは、購買する前にオンラインリサーチを行うという。

オンラインプレゼンスの不足は、評判とビジビリティの低下につながり、ビジネスの成長の妨げになる。
近い将来、ハイパーローカルのマーケティングが、成功のための重要なカギを握ることになる。ハイパーローカルへのフォーカスの高まりは、モバイル検索の成長に起因する。2015年にモバイル検索はデスクトップ検索を抜き、さらに差を広げつつある。またマーケッターの、ユーザーの検索意図の理解が進んでいることも影響する。かつては一本道だったバイヤージャーニーが、様々な興味を示すタッチポイントに分散したのだ。そのタッチポイントを正確に捉え、そのキーワードやクエリでマイクロモーメントにフィットするコンテンツを届ける必要がある。

ハイパーローカル検索は、検索エンジンで “I-Want-to-Go”のローカル検索やマイクロモーメントポジションが高まったことからも、成長が伺える。ローカル戦略にこれらのファクターを取り入れることで、より高効率のローカルマーケティングが可能になるはずだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事