オーガニックランキング上昇に不可欠なブログ

SEO

ブログの役割は大きいが、SEOがあってこそ日々のブログの努力が報われる。コラムリストのStephanie LeVonne氏が、検索ビジビリティを改善するブログのケースについて説明する。

クライアントが求めるのは、より多くのキーワードにおける検索ランキングの上昇である。だが、リソースをフルに活用してブログを作成できる自信を持っていないケースがよくある。そのため予算が限られているときは、利益を確実にビジュアル化できる有料メディア広告キャンペーンに頼りたくなるものだ。一方でアーンドメディアの効果は見えにくい。しかしブログコンテンツの作成は長期的な投資になり、早い段階でブログに着手することで予算を節約できるというメリットがある。今日では、ブログの投資により、数年間の効果が持続することが分っている。

なぜブログを持つべきか

Eコマース、リードジェネレーション、セルフサービスなど、あなたのウェブサイトが何にフォーカスするのかに関わらず、気づかない間に“有限のキーワードセット”として制限されるケースも多い。
有限のキーワードセットにはまってしまうのは、あなたのウェブサイトが最も関連性の高いコンテンツをユーザーに届けようとするからだ。例えばファッション関連のEコマースサイトに、レモンリコッタクッキーのレシピをポストするケースは少ない。そのマインドセットは間違っていないが、思わぬ落とし穴になっている。

最もベーシックなレベルで、あなたのサイトにはエキスパートの知識を提供することが理想的だ。
そのことでGoogleのクオリティガイドラインに準じることになる。だが、検索ランキング結果ページ(SERP)で存在感を示し、ライバルに差をつけることを目的とするならば、コンテンツの幅を広げ、より大きなボックスを準備する必要がある。その役割を担うのがブログだ。ブログはSERPにおける不動産を確保することで、ユーザーがあなたのブランドを発掘できるタッチポイントを増やす。ブログで新しいコンテンツを作成・発信を継続することで、自然にキーワードセットを拡大することにつながる。

特にブログなどのコンテンツ作成は、ブランドの存在感を高めるために不可欠なファクターになる。
さらに新鮮なコンテンツの連続により、Googleが頻繁にサイトをクロール/インデックスするようになり、検索結果のランキングを決める要素にもなるというメリットがある。さらに美的な目的の達成のためページのコンテンツが不足する場合、ブログはコンテンツの増強に寄与し、ターゲットクエリに対するフィードバックとして機能する。
あくまで長期的な目標は、コンテンツ発信によるバックリンクの増強とドメインのオーソリティを高めることである。その手段としてのブログの役割はやはり無視すべきではない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

SEOのおすすめ記事