オーディエンスが離れていくコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを有効利用するためには、当然オーディエンスの存在が欠かせない。
残念ながら、コンテンツマーケティングプログラムの効果に気づいていないマーケッターは多い。
2017年B2Bリサーチによると、3分の1のコンテンツマーケティング戦略しか、十分な効果を発揮できていないという。
その理由のひとつが、単に多くのコンテンツマーケッターが、オーディエンスの興味のあるコンテンツを発信できていないためだ。

今回の記事では、オーディエンスの関係構築になぜ失敗するのか、そしてどのように問題に対処すべきかをみていこう。

失敗例1:オーディエンスのためでなく、あなたのためのコンテンツを作成する

コンテンツマーケティングの目的とは、関連性の高い価値のあるコンテンツを作成・発信し、オーディエンスと親密な関係性を築くことだ。
そのためコンテンツはオーディエンスを中心に据えたもので、オーディエンスにとって利便性の高いものでなければならない。
ブランド側としては自分たちに興味のあるトピックにフォーカスしたくなるのは理解できる。だが、それが本当にオーディエンスの求めているコンテンツである保証はない。
オーディエンスを中心にしたコンテンツから離れるほどコンテンツのインパクトは減少し、逆にオーディエンスの興味のあるトピックを扱うことでアピールできるオーディエンスは増え、より多くのエンゲージにつながる。

失敗例2:セールス色の強いコンテンツを発信する

苦労と時間をかけコンテンツをプロデュースする理由は、ブランドのプロモートとリードの獲得が主で、その結果として企業の売り上げに結びつく。
売り上げ向上だけを目的にしているわけではない。時間、エネルギー、お金を投資した結果として利益を期待するのは間違いではない。だが、情報の提供より販売に軸足を置いたとき、問題が顕在化する。

 オーディエンスはスマートだ。コンテンツに誠実さと真実味が欠けた瞬間、彼らはそれを感じ取る。
あなたのコンテンツが大きく販売に舵を切ったとき、オーディエンスは一気に離れていく。その後、売り上げ第一主義のブランドと評価されてしまうだろう。コンテンツマーケティングの第一の目的はオーディエンスに有益な情報を伝え教育することで、その副次効果として売り上げが続くことを忘れてはいけない。

コンテンツマーケティングには、どのようにオーディエンスを取り込みエンゲージを継続させるかを理解するというアートの側面を持つ。
失敗の要素は様々であり、オーディエンスとつながり何が彼らを動かすのかを知ることは、コンテンツマーケティングにおいて最も重要なファクターのひとつになる。
失敗の法則に当てはまる方法はできるだけ遠ざけ、オーディエンスをハッピーにさせる戦術にフォーカスすることで、コンテンツマーケティングの成功につなげてほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのおすすめ記事

コンテンツマーケティングのおすすめ記事